イベント 更新 2019.11.18 公開 2019.11.17

目移り必須の「堪能したいクルマ」たち!『さいたまイタフラミーティング2019』でBravo!な休日を

彩の国埼玉に、「これでもか!」というほどにラテンなクルマが集う“特別”な1日。

文化の日でもあった去る2019年11月3日(日)、埼玉スタジアム2002の駐車場にて、『さいたまイタフラミーティング2019』がおこなわれました。

イタリア車とフランス車…どちらも“ラテン車”とひとくくりにされがちですが、国が違えばその文化は似て非なるモノ。

ドイツ車の質実剛健さとはまた異なった、独特の魅せ方や性能が持ち味で、いわばちょっと個性派に分類されるであろう、イタリアとフランスのモノ創り。

ピニンファリーナやジウジアーロといった、垂涎オーラがそこかしこからただよってくるのも、さすがイタフライベント。

みなさまの「気になる1台」が見つかるかもしれません!

さいたまイタフラミーティング2019

アブない色香とラフさが魅惑のイタリア車


今回イタリアンラインナップの大半を占めたのは、アルファ ロメオとフィアット500(およびその派生のアバルト)。

とりわけ色ごとにズラっと並んだ500は、小さいながらも大迫力!

美しく官能的でもありながら、適度に親しみやすさを醸し出す、“人たらし”なイタリア車。

オーナーさんとクルマが互いに染まり合い、自由を謳歌しているかのように映りました。

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲500(チンクェチェント)ファミリーが一同大集合。ベースであるフィアット500やアバルト595などが、同一カラーでズラリ…!


さいたまイタフラミーティング2019
▲色違いが揃っているのも絵になります


さいたまイタフラミーティング2019
▲500と言えば彼らも忘れてはなりません。おっとこちらにもサソリの息がかかった個体が!真ん中の少し大きい個体は600(セイチェント)


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲レア車発見!イタリアのボートメーカーであるリーヴァ社とコラボした限定車両、695リヴァーレ。ハッチバックとカブリオレ合わせて日本に150台しかありません


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲こんなに官能的でどうしたらよいのでしょう…(笑)。筆者の会場到着時、真っ先に話しかけてくださったアルファ ロメオ 146のオーナーさんに、エンジンルームを見せていただきました!サムコの真っ赤なラジエーターホース、萌えポイント高し!


さいたまイタフラミーティング2019
▲こちらはフルノーマルの146。純正ヘッドカバーも色っぽいですね~!オイル注入口もオシャレ!


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲アルファ ロメオ 145は右ハンドルが正規輸入されたため、左仕様は貴重なのだそう


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲アルファ ロメオ ブレラとスパイダー。精悍なフェイスに対してこの流麗ボディ、鼻血が出そうです


さいたまイタフラミーティング2019
▲ブレラと同じく、大胆なジウジアーロデザインが美しいアルファ ロメオ 159ご一行様


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲DTMのイメージが強いアルファ ロメオ 155。モータースポーツを意識した、スポーティなモディファイを施した個体が多く見受けられました


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲エヴォバンパーがカッコいい、アルファ ロメオ 75


さいたまイタフラミーティング2019
▲ゴリゴリなサーキット仕様のアリタリアカラー!アルファ ロメオ 156


さいたまイタフラミーティング2019
▲ライトウェイトMRとして発売当時から世間をにぎわせた4C。こちらは開口部の大きいスパルタンな社外品バンパー装着車


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲もちろんクラシックアルファも来てますよ!GT1300ジュニア(黒)とジュリア・スーパー(灰・黄)


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲ラリー好きが唸るランチア デルタ軍団!!これはテンション上がります!4連ライトポッドのスタイルもシビれますね!


さいたまイタフラミーティング2019
▲ランチア現行車種として名を馳せるイプシロン。左が2代目、右が現行3代目


さいたまイタフラミーティング2019
▲今回ベストイタリアンカー賞を受賞したのはこちらのフィアット 600。外装を見たところ、ノーマル形状を保たれているようにお見受けしました。素敵なツートンカラーです


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲息の長い愛されグルマなだけあって、パンダも世代を越えての参加がありました


さいたまイタフラミーティング2019
▲こちらのパンダは世界で初めて“FF横置きエンジンベース”の四駆車として発売された4x4モデル


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲英国ジャーナリストから「世界で最も〇い」などと辛辣な評価をされてしまった経歴があるフィアット ムルティプラ。当時は前衛的すぎたのでしょうか?ほどよく癒し系キャラで、動物っぽい愛嬌があるように思えます


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲フィアット プントスポルティングアバルト(黄)と、グランデ プント(赤)。ぬいぐるみが乗っているとつい撮影してしまうクセが…


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲さてフィアット 124スパイダーと言えば、みなさまはどちらを連想しますか?同じ124の名を冠したスパイダーも、今昔対決を見ることができました


さいたまイタフラミーティング2019
▲マツダ ロードスター(ND型)をベースとしたMADE IN HIROSHIMAの124(今のところ国内流通はアバルトver.のみ)


さいたまイタフラミーティング2019
▲フィアット繋がりでこちらもご紹介。500をベースとした、アウトビアンキ ビアンキーナ


さいたまイタフラミーティング2019
▲アウトビアンキと聞いてみなさまが一番パッと思い浮かべるのは、やはりA112でしょうか


さいたまイタフラミーティング2019
▲見渡した限りでは、マセラティは1台しか見なかったのですが、その1台がこちら!クアトロポルテ エヴォルツィオーネ !ブランド全体を見ても、角ばったデザインはこの世代あたりまでですね。筆者のこどもの頃は、マセラティと言えばこのスタイリングでした


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲スーパーカーのお膝元、イタリア。とは言え今回はなじみ深い大衆モデルが多かったのでありますが、そのなかでもやはり異質なオーラを放つフェラーリ。こちらは512TR


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲348TS。先の512とはサイズ感は異なりますが、同世代なだけあって、意匠に似かよった部分が多いです。TS(タルガ)は幌とエアロの色がマッチングされているところがポイント


シンプルゆえに最高の贅沢を味わえるフランス車


全体の4割ほどを占めたフランス車は、とりわけコンパクトカーの参加が多い傾向にありました。

なかでもプジョーとルノーは、ラリーモデルやR.S.といったスポーツグレードが支持されていた印象。一見ミニマリストでありつつも、使い勝手と走行性能どちらも欠かさない…そんな姿勢さえ感じられるフランス車は、日々の楽しみをモットーとしているかのように映りました。

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲古き良き軽自動車のデザインを彷彿とさせるルノー トゥインゴ。今でこそかなり小さく感じますが、これでも結構頼もしい子だったりします


さいたまイタフラミーティング2019
▲ルノー ルーテシア(クリオ)R.S.が一列ジャック!


さいたまイタフラミーティング2019
▲2代目ルーテシア(クリオ)R.S.


さいたまイタフラミーティング2019
▲ルノー カングーもズラリ。こちらも仲間同士でしょうか?


さいたまイタフラミーティング2019
▲スパルタンに仕上がったルノー メガーヌR.S.。イエローがいいアクセントになっていますね


さいたまイタフラミーティング2019
▲近年(とまだ言える?)のルノーの中でイチオシの1台!ルノー スポール スピダー!


さいたまイタフラミーティング2019
▲個人的にはこの秀逸なデザインと、こう見えてもスポーティで気分よく走れるキャラクターが好きなのですが、残念ながら短命に終わってしまったルノー ウィンド。生まれた時代が合わなかったのでしょうか…


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲ルノー トラフィック。自家用車として所有しているオーナーさんは少ないので、ちょっと珍しい部類に入るかもしれませんね


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲ルノーはセダンを作らせてもたくましい…!21(ヴァンテアン)ターボ


さいたまイタフラミーティング2019
▲ハッチバック車として大成功を収め、ロングセラーで愛されたルノー 4(キャトル)。このモディファイが素敵すぎます!


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲とにかく来場客が群がるルノー 5ターボ!通常の5(サンク)をMRレイアウトにした、ぶっ飛びマシンです。筆者も非常に気になる1台…みなさまとにかく撮影しまくりで始終大人気!考えることはみな同じなのだと実感しました(笑)


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲ベースの5も、根強い人気のボーイズレーサー


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲そして5と並んでフランスの名車とされるのがこちら、プジョー205GTI。球数が少なくなってきた影響もあるのでしょう、まったく値崩れする気配がありません…


さいたまイタフラミーティング2019
▲205と同世代のプジョーとしては309も必見です。ベストフレンチカーを受賞!以前はサーキット走行も楽しまれていたそうで、なんとワンオーナーカーなところがスゴイ!走りの闘気に満ち溢れています


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲プジョー 106。白い個体は特別仕様の106ラリー。シンプルながらもオシャレでスポーティなホットハッチが作れるのは“おフランス”ならではですね


さいたまイタフラミーティング2019
▲ライオンちゃん(ビクトルくん?)がハコ乗りしていた、プジョー308cc


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲やっぱりホレボレするスタイリング…シトロエン DSは誰もがふり返る特別な存在


さいたまイタフラミーティング2019
▲シトロエン エグザンティア。一見何の飾り気もないようでありつつも、独特な風格を放っているところにシトロエンらしさを感じます


さいたまイタフラミーティング2019
▲いつまでも眺めていたい気持ちになるシトロエン アミ8。こちらはブレークタイプでした


さいたまイタフラミーティング2019
▲これはスゴイ…!WRCのマシンを見事に再現したシトロエン C4!これはギャラリーも集まるわけです…


さいたまイタフラミーティング2019
▲似て非なるイタリア車とフランス車…。とは言え共にラテンの文化圏なので、時にはこんな兄弟車がいることも。(右)フィアット フィオリーノ、(左)シトロエン ネモ


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲兄弟ネタとしてもうひとつ。シトロエン サクソは、先にご紹介したプジョー 106が元になっています


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲数々のレア車を見たうえで、さらに度肝を抜かれたのはこちら、アルピーヌ A610。しかもこのタダ者ではない雰囲気をまとった個体が来たとなれば、みなビックリするものです!そしてこのサイレンサーにエロスを感じてしまうのは、筆者がおかしいのでしょうか…


番外編~多国籍軍も要チェック~


一通りイタフラ車をご堪能いただいたところで、場内には別の国々のクルマたちも来ておりましたので、気になる数台をピックアップしてご紹介いたします。

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲名前からしてもうエレガントなヴァンデンプラ プリンセス。そんなお姫サマなクルマを駆るのがこれまたカワイイ女の子!車体・車名・オーナーさん、すべてがベストマッチング!!


さいたまイタフラミーティング2019

さいたまイタフラミーティング2019
▲ポルシェ 911。見たところ(上)はカレラRS風の仕立てに。(下)はエンブレムが912となっておりました。4気筒モデルの方ですね


さいたまイタフラミーティング2019
▲丸い4連ヘッドライトと、時代を感じさせる四角いボディが精悍なE30型のBMW 3シリーズクーペ。最近は見掛ける機会も少なくなりました…


さいたまイタフラミーティング2019
▲今となってはあまり見かけなくなってしまった、フォルクスワーゲン ルポのGTI


さいたまイタフラミーティング2019
▲やっぱり大人気!どこに登場してもDMC デロリアンは人だかり必須ですね!


さいたまイタフラミーティング2019
▲初代S30型の日産 フェアレディZby2。しかも2オーバーフェンダー付き


さいたまイタフラミーティング2019
▲物販エリアにはシボレー アストロの姿もありました


おわりに…


『さいたまイタフラミーティング2019』、ご覧のとおりブラボーな個体が満載なイベントと相成りました!

カテゴリとしては“大衆車”が多いのですが、その分ラリーベースとなる車種も多く、日常でスポーティさも味わえて、かつイタリア・フランスそれぞれのテイストを堪能することもできる…そんな贅沢が味わえちゃうオイシイとこ取りなクルマたち。

「おっ!コレいいな!」と思える1台が見つかりましたでしょうか?

広い会場内には物販コーナーやケータリングも充実しており、お得な価格でパーツをゲットし喜んでいたオーナーさんもお見掛けしました(笑)。

すでにイタフラ車に乗っている方も、興味があるけど一歩踏み出せないでいる方も、来年はぜひ『さいたまイタフラミーティング2020』へお出かけされてみてはいかがでしょう。

たくさんのワクワクが出迎えてくれますよ!!

さいたまイタフラミーティング2019
▲「イタフラー!大好きー!」のかけ声とともに集合写真。みなさまいい笑顔!


さいたまイタフラミーティング2019
▲今年のベストイタリアン及びフレンチカー受賞車はフィアット 600とプジョー 309。おめでとうございます!!


さいたまイタフラミーティング2019
▲協賛ショップさんの出展やフリマコーナーもボリューミーです。先日赤坂でおこなわれた『シトロエン・センテナリー・ギャザリング』にいたタイプHと再会


さいたまイタフラミーティング2019
▲ベスパ、ドゥカティ、モトグッチなど、二輪もイタリアン!


さいたまイタフラミーティング2019
▲展示車両の出入りが比較的自由なので、朝イチでは見られなかったクルマが午後になっていきなり登場!なんてサプライズもありました


[ライター・カメラ/細谷 明日葉]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み