ドイツニュース 更新 2017.10.24 公開 2017.10.24

ルノーが2022年までの中期経営計画発表、EV8車種投入へ

仏自動車大手のルノーは6日、2022年までに電気自動車(EV)を8車種投入することなどを柱とする中期経営計画を発表した。世界における年間販売台数を16年に比べ約1.4倍の500万台に増やし、売上高は同4割増の700億ユーロを目指す。

ルノーは先月、提携する日産自動車および三菱自動車とともに中期経営戦略の概要を発表。22年までにグループ全体で1,400万台の販売目標を掲げ、EVを12車種投入する計画を打ち出していた。今回、ルノーが3社の中で最初に新戦略をまとめた。

それによると、ルノーは今後6年間に180億ユーロを投資してEV8車種のほか、ハイブリッド車を12車種投入する。人が運転に関与しない完全自動運転車(レベル5)の実用化に向けた開発も加速させる。

一方、ルノーは22年までに中国やロシアを中心に、欧州以外の市場で販売台数を倍増させたい考えだ。日産および三菱との部品の共有化を進めるなどして42億ユーロのコスト削減を目指すほか、営業利益率を16年の6.4%から7%に引き上げる目標も打ち出した。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。