アイキャッチ画像
ライフスタイル

更新2021.04.17

フェラーリ テスタロッサ スパイダー?日本で売られていたかなりレアなオープンモデルたち

ライター画像

松村 透

外車王バナー

いつの時代も「人とは違う」クルマを求めるユーザーは必ず存在します。こだわり?自己顕示欲?それともあまのじゃく?理由はさまざまですが、その結果、レアなモデル、ワンオフモデルがこの世に生まれることになります。


※画像はイメージです


もし、メーカーがカタログモデルとして販売していなければ、特注でオーダーするしかありません。オープンモデルであればなおさらです。そこで、実際にかつて日本で売られていた、ちょっとレアなオープンモデルを、独断と偏見を交えつつご紹介いたします。


CARO


CAROというメーカーをはじめとする、いくつかのカブリオレが存在していました。先日、Sクラスカブリオレが発表されました。44年振りの復活ということで、C126時代には設定がなかったことになります。それでも、元々のデザインがオープンにしやすい形状なのか、違和感を感じさせない佇まいでした 日本で売られていた959のオープンモデルはレプリカです。それでもベース車両は911ですから、贅沢なオープンモデルであることには変わりはありません。海外では、修復を機にワンオフモデルのオープンモデルとして新たな人生を歩み始めた959も存在します


MONSTER


MONSTERという、ケーニッヒ張りのワイドボディのポルシェ928の屋根をカットし、布製の幌を架装したモデルが実際に日本で発売されていました。筆者の記憶では「ASK」でしたが、果たしていくらのプライスタグを掲げていたのでしょうか。いまでも大事に保管されていたら、相当に貴重な個体です フラットノーズ自体が当時から(もちろんいまも)レアな存在でしたが、ポルシェ社のラインナップのなかにタルガやカブリオレモデルが用意されていました。日本にもわずかながらフラットノーズカブリオレが持ち込まれ、現存している個体あります。いまとなっては知る人ぞ知る、通好みな選択です


ポルシェ 911 の買取相場についてチェックする >

E30型M3


E30型M3にコンバーチブルモデルが存在していたことはあまり知られていません。日本に正規輸入されていたM3にはクーペモデルしか設定がありませんでした。しかし、メーカーのラインアップにはコンバーチブルモデルが存在していました。E30のオープン?懐かしいと思いきや、実はM3(!!)という良い意味での「外し」が魅力です こちらも日本で売られていたのはレプリカベースのオープンモデル。しかし海外には、本物のテスタロッサをベースに屋根を取り払った個体が存在します。筆者も一度だけ日本で見掛けたことがあります。しかし、一瞬、後ろ姿を観ただけでした。あれは幻だったのか…いまでも謎のままです


まとめ


人と違うクルマを所有したい…。可能であれば、一度叶えてみたい夢のひとつです。しかし、そう簡単に実現できるものではありません。そんなレアなクルマが、程度極上の中古車として手に入るとしたら…。それはそれで、幸運な巡り合わせなのかもしれません。


[ライター/江上透]

ポルシェ 911を高く買い取ってもらうには

ポルシェ 911 を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは ポルシェ 911 の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

ポルシェ 911 の買取専門ページはこちら >