ドイツ現地レポ 更新 2018.04.21 公開 2018.04.21

レンジローバー「イヴォーク」ディーゼルモデルはスタイリッシュな上にパワフル

レンジローバーには特別な憧れがあります。シンプルで上品なデザイン、上質なレザーと上等なウッドパネルでしつらえられた“たたずまい”は、SUVやオフロードといったカテゴリーやクラスに関わらず、他のいかなるクルマでも代替のきかない孤高の存在、それがレンジローバーではないでしょうか。多くのドイツ車ではなく、ラテンのクルマでもない。しかし、ブリティッシュプレスティッジをそのまま採用するのは芸がない、とでもいうのでしょうか。ちょっとおしゃれな方が乗っている印象がありますね。ドイツから、そんなレンジローバーのもっともコンパクトな「イヴォーク」のレポートが届きました。

ディーゼルエンジンモデルのイヴォーク


レンジローバーの最もコンパクトな「イヴォーク」ディーゼルモデル

日本に正規輸入されるものはダウンサイジング、2000ccのターボエンジンを搭載されたものですが、ドイツなどヨーロッパでは例によってディーゼルエンジンモデルがあるのだそうです。ベージュのレザーにウッドパネル…そんな組み合わせに代表されるようなビクトリア調のよくいえばクラシックな、斜めに見れば旧弊な英国の世界観と強く結びつくレンジローバー。しかし、このクリーンディーゼル搭載車はスタイリッシュな上にパワフルで経済的。非常に「攻めのスタンス」を強く感じさせるのです。

SD4というこのディーゼルモデルのエンジンは2200ccのターボディーゼルエンジン。最高出力は190馬力。42.7kg-mの最大トルクをわずか1750回転で発生します。コンパクトとはいえ、絶対的には決して軽量ではないこのタイプのクルマには実にふさわしいパワープラントではないでしょうか。遠く開けたカントリーロードをゆったりと流す。そんなクルージングにもこのエンジンは実にマッチするのではないでしょうか。このディーゼルのモデルは日本には正規輸入されていません。とても残念です。

レンジローバーのアイデンティティ


レンジローバーの最もコンパクトな「イヴォーク」ディーゼルモデル

また、ボートやキャンピングトレーラーを引きましょうか…こうして写真を見ているだけで妄想が膨らみます。このクルマにはそういう「イメージを想起させる何か」があるのです。これがレンジローバーのレンジローバーたるアイデンティティだといえるのではないでしょうか。こんなクルマと一緒に暮らせる生活はさぞや幸せだろうな、いつもそんな風に思うのです。

レンジローバーの最もコンパクトな「イヴォーク」ディーゼルモデル

それよりもこの赤いボディがまぶしいですよね。保守的な印象のレンジローバーながら、鮮やかで躍動的な印象。実に若々しく何よりおしゃれ。親しみやすさすら感じさますね。こういう仕様のモデル、グレード、エンジンと内外装の組み合わせ、もっと幅広く日本でも選べるようになるといいのですが。ドイツで走る英国の名門を見て少し妬いてしまいました。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]

※当記事は過去公開した記事の再編集版です

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み