ドイツピックス 更新 2017.04.12 公開 2016.10.26

これってアリ?警察車両そっくりのクルマがドイツで話題に

「このクルマを見かけると周りの走行車たちが急に速度を下げだしたり、かざしていたスマホをさっとおろすんだよ。僕は取締りできないんだけどね。」とオーナーは語ります。

ドイツ東部リエザにて、とある修理会社のスプリンターが警察車両に「似すぎている」と話題になりました。



こちらが実際のよく見る警察車両なのですが、いかがでしょうか。白地(ベンツ製だとシルバーが多い)に濃青のライン、白の点線、そしてブルーランプの代わりにオレンジランプ。

警察(Polizei)の文字と紋章がないだけで、デザインはほぼ同じ。これならパッと見で勘違いする人もいるのでは。

ドイツのHナンバーに分類されるクルマには、過去の消防車両や警察車両が乗用車として使われている場合もあります。この写真がきっかけで「これってアリなの?」というデザインの線引きが話題になったのですが、ドイツ警察の見解によると、「ブルーランプが付いていなければ基本はOK。」なのだそう。(警察車両に似たデザインのクルマの場合)

2014年にはパトカーに似せてデザインしたクルマに乗っていたドライバーは、ブルーランプまでも再現していましたが、実際機能させた場合、業務妨害になるために罰金刑が科せられました。

ちなみにこのクルマが話題となったことで、オーナーは会社の十分な宣伝になったと満足しているようです。

出典・参照元:http://www.sz-online.de/

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。