ドイツ現地レポ 更新 2016.03.22 公開 2016.03.21

映画「Taxi」のタクシーは実在する?パリの街中を激走するプジョー207SWタクシー

皆さんは映画「Taxi」シリーズをご覧になったことはありますか?

映画「ニキータ」や「レオン」の監督でもある、リュック・ベッソン氏が脚本を手掛けた、フランス映画です。日本でも地上波でオンエアされたことがありますね。

俳優のサミー・ナセリが演じる主人公・ダニエルの愛車は、プジョー406のタクシー仕様(Taxi4ではプジョー407)。西部警察張りに(引用が古い?)ボタンひとつで姿を変え、猛スピードで街中や高速道路を激走するシーンは、観ていて痛快そのもの。ダニエルの相棒でもある、フレデリック・ディーファンタル演じるエミリアンとのコンビネーションや、恋人のマリオン・コティヤール演じるリリーとの、クルマ好きには耳が痛すぎる会話も必見です。ダニエルのクルマ好き(もはやヘンタイぶり?)は、端から見ていても恋人のリリーが気の毒に思えてきます(笑)。

敵キャラの集団がメルセデスに乗っていたり、ランサーエボリューションIV(いわゆるランエボ6)が登場したりと、普段、映画を観る機会があまりないクルマ好きの方にもオススメな作品です。映画のご覧になったあと、ついつい飛ばしすぎないよう、ご注意ください。

ドイツのスタッフから、パリに行った際の現地画像が送られてきました。

映画「Taxi」のタクシーは実在する?パリの街中を激走するプジョー207SWタクシー

どうやら、プジョー207SWのタクシーのようです。プジョー207、最近はあまり見掛けなくなってきましたが、日本でも人気がありましたね。

このプジョー207SWタクシーでパリを移動したそうですが、とても運転の荒い、血の気の多いタクシーの運転手さんだったそうです。マニュアルミッションを駆使してホーンを鳴らしながらガンガン走らせるのだとか(笑)。まさに映画「Taxi」を彷彿とさせます。

10367689_667709930002837_4915199524434908381_n

運転手さんも映画に感化されてしまったのでしょうか。日本で同じことをやったら大変ですね。筆者はちょっと乗ってみたいと思ってしまったのですが…。

フランスでも未だマニュアルミッションが多いそうで、このプジョー207SWタクシーも例外ではありません。ちなみにディーゼル車だったとのことです。

映画「Taxi」で主人公・ダニエルが操るプジョー406タクシーの全開アタック(?)で目的地に到着すると、乗せられた人が大抵リバース(いわゆる嘔吐です)してしまうシーンはもはやお約束のシーン。果たして、現地スタッフは大丈夫だったのでしょうか…。

※当記事にて記載したモデル名に誤りがありました。プジョー206ではなく「プジョー207」となります。読者ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。