ドイツニュース 更新 2018.03.27 公開 2018.03.27

ドイツにおける乗用車保有台数(2018年1月1日時点)

ドイツ連邦陸運局(KBA)によると、同国における2018年1月1日時点の乗用車保有台数は4,647万4,594台となり、前年に比べ1.5%増加した。

ドイツの電気駆動車購入補助金、申請増加も予算に余り

ブランド別では、フォルクスワーゲン(VW)、オペル、メルセデスベンツ、フォード、アウディ、BMWが上位を占めている。最も多いのはVWで全体の21.5%を占めている。2位のオペルは9.8%、3位のメルセデスは9.4%の市場シェアだった。

ドイツにおける乗用車保有台数(2018年1月1日時点)

国外ブランドでは、シュコダ(市場シェア:4.4%)、ルノー(3.9%)、トヨタ(2.8%)が上位を占めている。
燃料別では、ガソリン車が全体の65.5%(1.6%増)、ディーゼル車は32.8%(0.9%増)を占める。
代替燃料車では、電気自動車が5万3,861台(58.3%増)、ハイブリッド車は23万6,710台(43.1%増)、プラグインハイブリッド車は4万4,419台(111.8%増)とそれぞれ大幅に増加した。

欧州で現在、最も厳しい排ガス規制である「ユーロ6」に対応した乗用車は51.8%増の931万7,863台となり、全体に占める割合は20.0%となった。ただ、「ユーロ5」(28.2%、2.7%減)と「ユーロ4」(30.8%、5.9%減)の市場シェアが依然として高い。

ドイツにおける乗用車保有台数(2018年1月1日時点)

2018年1月1日時点の登録乗用車の平均車齢(使用年数)は9.4年(前年:9.3年)。使用年数が30年を超える車両は67万4,978台(1.5%、12.2%増)だった。

セグメント別では、全体に占める割合が最も多かったのは、コンパクトクラス(25.9%、0.5%増)で、2番目は小型車(19.2%、0.2%増)、3番目は中型車(14.5%、2.9%減)だった。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み