アイキャッチ画像
ドイツ現地レポ

更新2015.10.21

公開2015.10.21

特別な存在なのに妙に尊い。ドイツの街に佇むオペル アスコナ

ライター画像

中込 健太郎

ビンテージカーやクラシックカー、既に生産を終了してしまったクルマに対する、懐かしく、愛おしい気持ちというのは、必ずしもクルマ好きだけのものではないのかもしれません。

そんな中でもオペルというのは、最近は日本での販売網もなく、いささかなじみの薄いブランドになってしまった感もありますが、歴史もあり、こよなく愛するひとも少なくないブランドですね。客観的に誰が見ても明らか、そんなプレスティッジなどで、興味本位な部分も含めて暴騰することも多い最近の旧車を取り巻く環境の中でも、比較的安定しているのもオールドオペルの好感の持てる部分だったりします。

特別な存在なのに妙に尊い。ドイツの街に佇むオペル アスコナ

ドイツからは今はもうすでに廃版になってしまった名前ですが、クルマが広く普及した時代、3世代ほどに渡って好評を博したアスコナのレポートが届きました。実はこのモデル、日本ではアスコナという名前ではそれほど知られていませんでしたが、当時のゼネラルモータースの世界戦略車という位置づけだったために「いすゞアスカ」として兄弟車が販売されていましたので、覚えておられる方も少なくないことでしょう。

昔はどのクルマでも、各メーカーとも各クラスの基軸になるようなモデルでは、複数のボディ形状をラインナップ。この最後のアスコナにも基本となるセダンの他にいろいろなボディ形状がある中、こんなカブリオレも存在していたのですね。日本人からすると何とも言えない異国情緒を掻き立てるものがありますね。おそらく全長は4500ミリ程度のボディのはずですが、それでも伸びやかで優雅。そして何より後席に至るまでしっかりとした居住空間が確保されているのがわかりますね。にもかかわらず独立したトランクも、多少開閉する際の幌の格納するための箇所を考慮に入れても、しっかり確保されている様子がしっかりと見て取れます。

特別な存在なのに妙に尊い。ドイツの街に佇むオペル アスコナ

「屋根が開くということ」その楽しさ、その悦びがあれば、あとはないが必要だろうか。そんなメッセージは、高級車やスーパーカーではなく、こうした普通のラインナップの一つとして選べることで、むしろ顕著に感じ取れるから不思議ですね。

日本から撤退した後、また魅力的なニューモデルも続々リリースしているオペル。そして相変わらずイギリスのボクスホール、オーストラリアのホールデンなど、連動したモデルもたくさん存在します。こうしたモデルも、再び日本で気軽に選べるようになると楽しいのかもしれませんね。

無い物ねだりにもなりますが、特別な存在なのに妙に尊い。そんなオペル観を再認識させられるドイツで健在なアスコナでした。

[ライター/CL編集部・中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]