ドイツニュース 更新 2019.03.08 公開 2019.03.08

独ポルシェ、次期「マカン」を電気自動車に

独フォルクスワーゲン(VW)・グループ傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェは2月26日、コンパクトSUV「マカン」の次世代モデルを純粋な電気自動車のみとすると発表した。ドイツのライプチヒ工場で2020年代の初めに生産を開始する予定。


※画像はイメージです


ポルシェは2019年末に、同社初の純粋な電気自動車となるセダン「タイカン」を市場投入する。その後、派生モデル「タイカン・クロス・ツーリスモ」も発売する予定。次世代「マカン」はポルシェにとって3番目の電気自動車となる。

独業界紙『オートモビルボッヘ』によると、次世代「マカン」の市場投入は2022年になるもよう。

ポルシェのオリバー・ブルーメ社長は今回の決定に際し、「我々は2022年までに60億ユーロ以上を電動車に投資する計画で、2025年までにポルシェの新車の2台に1台が電気駆動となりうる。今後10年は、ガソリンエンジン、プラグインハイブリッドモデル、純粋な電気自動車のスポーツカーのミックスとなる」とコメントした。

ポルシェは昨年7月初め、次世代「マカン」をドイツのライプチヒ工場で生産すると決定した。同工場では、既存の生産ライン上で純粋な電気自動車を生産できる体制を整える。ライプチヒ工場は2002年に量産を開始した工場で、現在は従業員4,000人超が勤務している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。