ドイツニュース 更新 2017.11.21 公開 2017.11.21

ドイツ乗用車新車登録、10月は3.9%増加

ドイツ連邦陸運局(KBA)は2日、2017年10月の国内乗用車新車登録が27万2,855台となり、前年同月に比べ3.9%増加したと発表した。うち、個人顧客の割合は、全体の37.4%(前年同月比9.8%増)を占める。1~10月の累計は、前年同期比2.3%増の288万4,676台となった。

ドイツ乗用車新車登録、10月は3.9%増加

10月の燃料別の登録台数は、ガソリン車が前年同月比18.8%増(市場シェア:60.9%)と大幅に増えた一方、ディーゼル車は17.9%減(市場シェア:34.9%)となり、市場シェアは35%を割り込んだ。液化石油ガス(LPG)車は前年同月比24.6%増の304台、天然ガス車も同34.8%増の411台と好調だった。電気自動車は86.8%増の2,180台と大幅な2ケタ増。

ハイブリッド車も67.8%増の8,410台となり、うちプラグインハイブリッド車は99.1%増の2,885台を占めた。

ドイツ乗用車新車登録、10月は3.9%増加

ブランド別では、最大手のフォルクスワーゲン(VW)が前年同月比1.8%増の5万311台(市場シェア:18.4%)となり、2位のメルセデスベンツが6.9%増の2万6,625台(同:9.8%)で続いた。ドイツ勢は、MINI(15.8%増)、フォード(12.8%増)が2ケタの増加となった一方、BMW(9.1%減)、アウディ(7.0%減)、スマート(7.0%減)、オペル(1.2%減)は前年同月に比べ減少した。

国外ブランドでは、シュコダが前年同月比11.6%増の1万5,817台(市場シェア:5.8%)で最も多く、以下、ルノー(市場シェア:3.7%、2.0%増)、現代自動車(市場シェア:3.5%、6.5%増)となっている。また、テスラ(前年同月比78.9%増)、ダチア(同:40.2%増)、プジョー(同:37.8%増)は大幅な2ケタ増だった。

日本勢は、スズキ(34.9%増)、マツダ(14.7%増)が2ケタ増となったほか、トヨタ(9.0%増)、三菱自(3.6%増)も前年同月を上回った。これに対し、レクサス(35.6%減)、ホンダ(33.0%減)が大幅な2ケタ減。日産(5.4%減)、スバル(2.0%減)も販売を落とした。

生産・輸出台数、11%減も10~11月合わせた比較が必要


ドイツ乗用車新車登録、10月は3.9%増加

VDAによると、国内受注は10月が7%強の増加となり、1~10月の累計は1%超の増加だった。

国外からの受注は10月が9%増、1~10月の累計は3%強の増加だった。

ドイツ乗用車新車登録、10月は3.9%増加

独自動車工業会(VDA)によると、10月の輸出は前年同月比11%減の31万5,000台、生産も11%減の41万4,100台と低迷した。1~10月の累計では、輸出が前年同期比2%減の361万6,200台、生産は3%減の469万300台だった。
なお、VDAによると、生産と輸出に関しては、在庫車調査の日数が前年同月に比べ多く、いくつかの工場では生産・輸出台数の統計が完全に出ておらず、11月に算入されるため、10月と11月の合計を比較する必要がある。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。