ドイツニュース 更新 2018.08.31 公開 2018.08.31

独ドライブ・バイ、ブランド名を「マイルズ」に変更へ=独紙

ベルリンでカーシェアリングサービスを提供する新興企業のドライブ・バイ・モビリティは、ブランド名を現在の「ドライブ・バイ」から「マイルズ(Miles)」に変更する方針だ。

3人の創業者の一人であるティモ・ニューリッヒ最高経営責任者(CEO)が独日刊紙『フランクフルターアルゲマイネ』に明らかにした。走行距離で課金するシステムを分かりやすく伝え、分単位で課金する競合企業との違いを明確にする狙いがある。
ドライブ・バイは、2016年9月にベルリンで創業したカーシェアリングサービスの新興企業。特定の地域内に配置された車両を自由に利用できるフリー・フローティング型のカーシェアリングサービスを提供している。



料金は、分単位ではなく、1キロメートルあたりの走行距離で課金するシステムを採用している。走行距離で課金するシステムでは、渋滞に巻き込まれても料金が増えない安心感があり、時間を気にしてドライバーの注意が散漫になり、事故が発生するリスクも回避することができる。また、乗用車だけでなく、引っ越しなどの用途にも対応できるようにバンも配置している。

年内にハンブルクに進出も


同社は、年内にもハンブルクでサービスを開始する方向で同市と協議している。2019年にはミュンヘンにも進出する計画。将来は、欧州の大都市への進出を視野に入れている。事業拡大に向けて現在、投資家と百万ユーロ単位の資金調達について協議している。
ベルリンでは現在、乗用車125台とバン15台を配置している。乗用車は主に、アウディの小型車「A1」とコンパクトカー「A3」を投入しているが、今後さらに車種も増やしていく方針。

従業員数は現在、15人。2017年の売上高は7ケタ台(百万ユーロ台)だった。2020年のブレークイーブンを目指している。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。