アイキャッチ画像
リセールバリュー

更新2021.02.22

公開2021.02.22

ロータスのリセールバリューの相場とは。1円でも高く売却する方法も解説

ライター画像

外車王SOKEN編集部

ロータスは、長く愛され続けるモデルが多く、価値が下がる傾向が低いので高額買取が期待できるメーカーです。しかし、車種や売却するタイミングなどによっても相場が変動するため、タイミングによっては安くなる恐れがあります。ロータスを相場よりも高く売却する方法はあるのでしょうか。今回は、ロータスのリセールバリューの相場や高く売る方法についてご紹介いたします。



ロータスのリセールバリューの相場

ロータスのリセールバリューは、趣味性が高く、値落ちが少ない傾向のあるメーカーです。車種別に、どのような相場で取引されるのかご紹介いたします。
ロータスの相場については、こちらのページも参考にしてみてください。

ロータスの買取・査定相場

エリーゼ

エリーゼは、ロードスター型のライトウェイトスポーツカーです。初期モデルの車重は690kgと非常に軽量で、快適装備や安全装備などが搭載されていませんでした。現行モデルでは、安全装備や快適装備が搭載されているにも関わらず、約900kgという車重に収まっています。このことから、ロータスは軽量化に非常に優れた技術を持っていると言えます。
アルミシャシーをアルミ合金製の接着剤で接着することにより、軽量化してもある程度の剛性を保っています。例えば、エリーゼ スプリント220は、「原点回帰」をテーマに設計を見直し、スプリント専用の軽量化策を採用しました。

「カーボン」、「鍛造アルミ」への変更により、総重量が900kg以内に収まっています。また、エリーゼ スプリント220は、単体で成立するランニングシャシーを搭載し、運動性能が向上しました。

エリーゼは、価値が落ちにくいモデルのため高額査定が期待できます。固定ファンが多く、購入後に手放す人が少ないことから需要が高いモデルと言えます。

外車王では、「エリーゼ S」を他社で430万円の買取価格だったところ、450万円の価格で買い取っています。

<エリーゼ スプリント 220>
・エンジンの種類:直列4気筒
・排気量:1,798cc
・トランスミッション:6速MT
・駆動方式:MR
・全長:3,800mm
・車重:878kg

エキシージ

エキシージは、スポーツ エリーゼをベースに制作されたクーペモデルのスポーツカーです。「レースカーの販売はしない」と断言していたものの、ファンからの期待に応えるため市販化する流れになり、エキシージが誕生しました。
ほぼ、スポーツ エリーゼと同じスタイルで設計されています。外観は、エアロパーツを小型化したり、後部座席の視界を得るためのデザインに変更したりするなど、スポーツ エリーゼとの差別化を図りました。

エキシージは、サーキット走行を目的とした「カップ」シリーズと、ストリート走行(公道での走行)を目的とした「スポーツ」シリーズの2種類を展開しています。カップシリーズは、限定生産されていることが多く販売台数が少ない点が特徴的です。

エキシージ スポーツ 410は、速さと切れ味が楽しめる魅力溢れるモデルで、公道でレーシングカーを走らせている気分を体感できます。快適性能が排除され、ストイックな設計になっている点もファンにとって魅力的なポイントです。

また、近年のモデルでトヨタ製のエンジンを搭載しています。軽量化されたボディにハイパワーなエンジンが搭載されているので、スポーティーな走りを楽しみたい人に人気です。外車王では、他店で530万円と査定されたエキシージ Sを550万円で買い取っています。

<エキシージ スポーツ 410 クーペ>
・エンジンの種類:直列6気筒
・排気量:3,456cc
・トランスミッション:6速MT
・駆動方式:MR
・全長:4,080mm
・車重:1,110kg

エヴォーラ

エヴォーラは、4人乗りのスポーツカーで「エリーゼ」以来の新設計で制作されたモデルです。2ドアのミッドシップ・スポーツカーで、エリーゼよりも一回り大きくなりました。上級志向のスポーツカーとして検討されたため、乗り心地、乗降性を重視した設計となり、ドアを少し大きく、座面位置も少し高めになっています。また、内外装の高級感を向上させた為、より高級感あるモデルになりました。

エヴォーラ GT410には、エヴォーラ用に設計されたヨコハマタイヤが採用されています。また、空気抵抗を考えた丸み帯びたデザインなども魅力的で、人気のあるモデルです。高い運動性能だけでなく、リクライニング対応のスポーツシートなどをはじめとした快適性能も充実しています。

外車王では、エヴォーラ(ファーストリミテッドエディション)を他社査定で305万円のところ、330万円で買い取っています。中古車市場でも人気があるため、高額査定が期待できます。

<エヴォーラ GT 410>
・エンジンの種類:直列6気筒
・排気量:3,456cc
・トランスミッション:6速MT/6速AT
・駆動方式:MR
・全長:4,390mm
・車重:1,375kg

エスプリ




エスプリは、ライトウェイトスポーツカーからスーパーカーへ路線を広げたモデルです。スーパーカーらしいデザインに仕上がりました。エスプリのデザインは、ジウジアーロが担当し、ジウジアーロの真骨頂とも言える平面ガラスを用いたスタイリングが特徴的です。
「ヨーロッパ」の後継機モデルとして登場したエスプリは、2004年に最終モデル「V8 アニバサリー」が登場し生産終了まで1万台以上が生産されました。

スーパーカーの路線で販売された点も含め、現在のロータスには見られないボディデザインも人気のポイントです。長年愛され続けていく中で、重ねられている改良はボディの素材を変えたり、インテリアを豪華にしたりと、ファンからの要望を叶えてきました。動力性能に限らず、細部にまでこだわり抜いた結果、販売終了した現在でも人気のあるモデルです。

外車王では、他社で300万円と査定されたエスプリ(GT3)を410万円で買い取っています。

<エスプリ S1>
・エンジンの種類:直列4気筒
・排気量:1,971cc
・トランスミッション:5速MT
・駆動方式:MR
・全長:4,190mm
・車重:900kg

ロータスのリセールバリューは安くなりやすい?

ロータスのリセールバリューは安くなりやすい傾向があります。また、人気があるモデルのため、価値が下がりにくいとも考えられます。リセールバリューが安くなりやすい理由は、長く愛用する人が多く、中々手放さないためでしょう。しっかりと適切なメンテナンスを施していてもフレームなどがダメージを受けていると、査定額が低くなります。売却する時は、しっかりとロータスの価値を見出してくれる業者に査定を依頼しましょう。

ロータスを高く売却する方法

ロータスを高く売却する方法について2点ご紹介します。

ロータスの価値を見出せる買取専門店に売却する

ロータスは、「ライトウェイトスポーツカーの名門」と呼ばれるくらい軽量化したモデルを作る技術に特化しています。レースで結果を残せる車作りを無名のドライバーが果たしたことから始まった歴史ある会社です。

外車王では、専門知識を含め様々なポイントからロータスの価値を見出し、納得性が高い査定ができます。


10年落ちになる前に売却する

ロータスは、レーシングカーを自ら手掛けたことから発足した会社のため、軽量化・スポーツカーとしての設計が素晴らしく、価格も安価なことから人気があります。適切なメンテナンスを施していれば走行距離が16万kmを越えても問題がありません。

しかし、ロータスの高い評価を得ている評価される「シャシー」の性能が落ちてしまう可能性があります。長く乗り続けることも大切ですが、シャシーの価値が下がる前に売却することを検討しましょう。

ロータスを高く売りたいなら外車王がおすすめ

ロータスは、「エリーゼ」、「エキシージ」、「エヴォーラ」の生産を終了すると発表しました。まだ在庫が残る現行モデルもありますが、日本からの新規オーダー受付は終了しています。今後、相場が変動する可能性があるかもしれませんが、早めに売却することをオススメします。外車王での査定は、相場を含めロータスの価値を見出してくれるため、他店よりも高額買取が期待できます。

[ライター/外車王SOKEN編集部]