アイキャッチ画像
リセールバリュー

更新2021.05.04

リンカーンのリセールバリューの相場を解説。高く売るためのコツも紹介

ライター画像

外車王SOKEN編集部

リンカーンのリセールバリューは、幅広い価格帯で相場が推移している傾向です。車種やグレード、年式や走行距離、輸入ルート、車両のコンディション、カスタマイズ内容によって評価額に大きな違いが発生するため、幅広い買取価格となっています。ここからは、車種ごとのリセールバリューの解説です。また、リンカーンの相場は、こちらのページにも掲載しています。



リンカーンのリセールバリューの相場


リンカーンのリセールバリューは、幅広い価格帯で相場が推移している傾向です。車種やグレード、年式や走行距離、輸入ルート、車両のコンディション、カスタマイズ内容によって評価額に大きな違いが発生するため、幅広い買取価格となっています。ここからは、車種ごとのリセールバリューの解説です。また、リンカーンの相場は、こちらのページにも掲載しています。


ナビゲーター


ナビゲーターは、リンカーンを代表する大型SUVで、ゆとりある走りと室内空間、高級感を兼ね備えています。アメリカ車らしい堂々としたボディや存在感あるフロントフェイスなどにより、日本でも人気です。


リセールバリューは、年式が新しく、走行距離が短いほど高い価格で買取されています。また、年数が経過していても、メンテナンスが行き届き、車両のコンディションが良好であれば、高い価格で買取される傾向があります。おおよその買取価格は、10万円~500万円前後となっています。


MKX


MKXは、2006年から販売を開始したミディアムサイズのクロスオーバーSUVで、2008年から日本での販売を開始しました。全長約4.7m、全幅約1.9mと日本では大きめのサイズですが、上級SUVのナビゲーターよりもひとまわり小さいサイズです。


リセールバリューは、年式や走行距離により買取額に差が発生します。買取相場は、年式が新しく走行距離が短い車両であれば200万円前後となり、年式が古く走行距離が長い車両は100万円前後です。また、内装や外装の状態、メンテナンスの記録、カスタマイズの内容などにより、買取額が前後する可能性があります。


リンカーンリムジン


リンカーンのリムジンは、ラグジュアリーセダンの「タウンカー」やワゴンタイプのMPV「MKT」をベースに、全長を伸ばしたモデルが大多数を占めています。リムジンは室内空間の長さや座席数、快適装備がそれぞれ異なるため、相場に大きな開きがあります。


タウンカーをベースとしたリムジンの買取相場は、50万円前後~250万円前後で推移しています。MKTをベースとしたリムジンや年式が新しいモデル、走行距離が短い車両、国内未登録車の場合は500万円前後~が相場です。


リンカーンのリセールバリューはなぜ高い?


年数が経過していても、高い評価額を維持している車種があります。広い価格帯の中で、高い買取価格に位置している車種には、どのような特徴があるのでしょうか。ここからは、リンカーンのリセールバリューが高い理由を解説します。


高級車としてのブランドを確立しているため


リンカーンは、長い歴史と高級感ある車作りを長年にわたり続けてきたことから、高級車としてのブランドを確立しています。1917年に創業したリンカーンは、第一次世界大戦後から高級車の製造を開始しました。歴史に裏打ちされた高級車リンカーンは、日本のみならず世界的に高級車として認知されています。


また、近年のモデルは、メッキパーツを随所に使った大胆なフロントグリル、アメリカ車らしい大きいボディサイズ、ゆとりがある室内、レザーやウッドパネルなどを使った贅沢なインテリアが特徴です。リンカーンは、長い歴史を持つ高級車メーカーであるため、リセールバリューが高いと言えるでしょう。


優れた安全性が評価されているため


リンカーンは、アメリカのIIHS(道路安全保険協会)のテストで最高評価を獲得するほど高い安全性です。2016年のMKXでは、安全性の最高評価である「トップセーフティピック+」の認定を受けました。


IIHSの「トップセーフティピック+」は、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験で最高評価の「GOOD」を、前面衝突予防評価において最高評価の「スーペリア」または2番目に高い評価の「アドバンスド」を獲得しなければなりません。厳しい基準の安全テストにおいて高い評価を獲得しているのも、リセールバリューが高い理由と言えるでしょう。




リンカーン の買取相場についてチェックする >

リンカーンを高く売るには?


リンカーンは、日本でも一定の人気があるメーカーです。リンカーンを少しでも高く売るためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。ここからは、リンカーンを少しでも高く売却するためのコツをご紹介します。


リンカーンを実際に取り扱っている業者に売却する


リンカーンの評価を高くするためには、リンカーンを実際に取り扱っている業者に売却することです。リンカーンを取り扱う業者の中でも、査定件数が多く、買取実績があるところがおすすめです。


リンカーンの取り扱いをしている業者であれば、各車種のよい部分に注目して買取評価できます。また、リンカーンが持つ本来のポテンシャルを高く評価できることも特徴です。例えば、リンカーンの取り扱いや買取を得意としている外車王なら、リンカーンの歴史に裏打ちされた高級感や耐久性などを高く評価できます。


走行距離が5万km以下のうちに売却する


リンカーンの売却において、走行距離は重要な要素です。リンカーンは、走行距離が5万kmを超えないうちに売却すると高く買い取ってもらえます。


日本で出回っている中古のリンカーンの多くは、走行距離が5万km以上です。走行距離5万km以下の状態がよいリンカーンの流通台数は少ないため、希少価値が高くなっています。リンカーンを少しでも高く売りたい方は、走行距離が5kmを超えないように気を付けましょう。


また、並行輸入車の場合、メーター表示が「マイル(mile)」になっているでしょう。5万mileは、約8万kmです。マイルとキロメートルの違いを理解していない場合、すでに5万kmを超えていたという事態に陥りかねません。



【マイルとキロメートルの関係】
1mile=約1.6km
50,000mile=約80,000km
30,000mile=約48,000km




リンカーンを高く売りたいなら外車王がおすすめ


リンカーンを高く売りたいのであれば、リンカーンを得意としている外車王がおすすめです。外車王は、外車専門の買取をしており、アメリカ車はもちろん、リンカーンの評価も得意としています。また、多くのリンカーンを査定した経験と、買取実績があるため、安心して査定を依頼できるのです。


外車王は、日本全国どこでも無料で出張し査定をします。さらに、出張時の査定評価に納得できれば、その場で売却手続きを進めることも可能です。外車王は、二重査定(車両引き上げ後の減額)が一切ありません。加えて、買取業界の自主規制団体であるJPUCに加盟しているため、安心して取引できます。リンカーンを高く売りたいなら外車王にお問い合わせください。


リンカーンの買取が得意な業者に査定を依頼しましょう


アメリカの高級車メーカー「リンカーン」は、長い歴史を持つ老舗高級車ブランドです。アメリカ車ならではのゆとりやラグジュアリーな空間は、リンカーンでなければ実現できないと言えるでしょう。リンカーンらしい高級感や乗り心地などを正しく評価できるのは、リンカーンの買取を得意としていて、実際に査定した経験や買取した実績がなければ難しいです。リンカーンを売却するときには、リンカーンを扱った経験・実績のある業者に依頼しましょう。

リンカーンを高く買い取ってもらうには

リンカーン を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは リンカーン の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

リンカーン の買取専門ページはこちら >

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。