アイキャッチ画像
輸入車の処分

更新2021.07.16

リンカーンを委託販売するべき?メリットとデメリット、業者の選び方も解説

ライター画像

外車王SOKEN編集部

リンカーンはアメリカで販売されている高級車です。アメリカの代表的な高級車メーカーですが、年式の幅が広く、壊れやすいイメージのため高額売却を諦めている方も多いのではないでしょうか。


委託販売を利用すれば高額売却ができる可能性があります。しかし、デメリットもあるのできちんと委託販売の仕組みを理解してから利用しましょう。


この記事では、リンカーンを高額売却したい方のために、委託販売のメリットデメリット、委託販売以外での売却方法を紹介します。


そもそも委託販売とは


委託販売とは、業者が買い手を探し、所有者の代わりに車を販売する方法です。


委託販売のメリットとデメリットを理解した上で、リンカーンの売却方法を選びましょう。


リンカーンを委託販売するメリット


委託販売を利用すれば買い手が現れるのを待つだけです。その他にも委託販売を利用するメリットが存在するので紹介します。


より長くリンカーンの魅力を楽しめる


委託販売業者と契約した直後から車を預ける場合と、売れるまでは手元に置いておける場合があります。リンカーンを預けることなく買い手を探してもらえる業者に委託すれば、より長くリンカーンに乗ることができます。
車がないと日常生活で不便な思いをする人でも、委託販売であれば気軽に車を売却できるのではないでしょうか。ただし、購入希望者がリンカーンの現物を見ることを求めた場合は、店舗に持ち込む必要があります。


より高く売れる可能性がある


委託販売業者は販売のプロなので、車をより高く売る接客術や展示方法を熟知しています。そのため、リンカーンを高額で売却できる可能性が高いでしょう。


また、依頼する委託販売先の展示場が人通りが多い立地や都内であれば、さらに高額売却が期待できます。


買取にかかる手数料がかからない


委託販売では、業者に委託販売手数料を支払います。委託販売手数料は、買取業者に支払う買取手数料と比べて安い傾向があります。


これは、買取よりも委託販売の方が業務遂行にかかるコストが低いためです。買取だと、顧客から買い取った車をオークションに売却する際に、陸送費用や会場使用料などがかかります。一方、委託販売では移動や会場使用などが不要なため、手数料を安く抑えられるのです。


売れるまでの間の点検・整備を一任できる


委託販売業者によっては、売れるまでの間の点検や整備を代行してくれます。そのため、納車後の車両トラブルによるクレームに発展しにくいでしょう。
また、納車後に車両のトラブルが発生しても、対応してくれる業者も存在します。点検や整備の可否や諸費用は業者によって異なります。


リンカーン の買取相場についてチェックする >

リンカーンを委託販売するデメリット



委託販売はメリットが大きい手法ですが、デメリットも存在します。デメリットも理解した上で、委託販売を利用するか判断しましょう。リンカーンを委託販売するデメリットは次のとおりです。


売れるまでに時間がかかり価値が落ちる恐れがある


委託販売は買い手が見つかるまで時間がかかる場合があります。時間がかかってしまうとリンカーンの価値も落ちる可能性があり、高額売却が期待できないでしょう。すぐに買い手が見つからないリスクも踏まえた上で、委託販売を利用するか判断してください。


業者によって接客のレベルが大きく異なる


委託販売業者によって接客レベルが大きく異なります。接客レベルが低いとリンカーンの魅力を正しく伝えられません。買い手がつくまでに時間がかかりすぎて、予想よりも安く売却する事態に陥る恐れもあります。リンカーンの販売実績がある業者を選べば、買い手に魅力を正しく伝えることができるでしょう。


売却価格を下げられる場合がある


委託販売を利用したからといって、必ずしも希望の価格で売却できるとは限りません。なぜなら、業者が早く車を売りたいために売却価格を下げられることもあるからです。


相場価格であっても、コロナ禍のような外部要因やリンカーンへの注目度など、様々な要因で売れ残ってしまいます。委託販売業者は他の車も扱っているため、車の保管場所を確保するためにも早期に売却しようと考えます。そのため、早く売れるように、値下げを提案される場合があるのです。


業者から頻繁に連絡がくる


委託販売を利用すると、業者から頻繁に値引き交渉や販売戦略の変更などの連絡がきます。委託販売を利用すれば、リンカーンを売ることに関して全て任せられるイメージですが、実際は異なります。


手間はかかりますが、納得のいく金額でリンカーンを売却するには、業者との連携が必要です。


リンカーンの委託販売で選ぶべき業者の特徴


委託販売は業者によって接客レベルや手数料が異なります。リンカーンの委託販売で選ぶべき業者の特徴を紹介します。


リンカーンの魅力を十分に把握している


リンカーンの魅力を十分に把握している業者を選びましょう。リンカーンらしい高級感やアメリカンSUVらしい力強いフォルムの良さを伝えられなければ、売れ残って保管料が加算され続けたり、正しい金額で売れなかったりと、損をしてしまう可能性が高くなります。


リンカーンを適切に評価できれば、高額売却に繋がる可能性があります。リンカーンの魅力を十分に把握していて、アメ車の知識が豊富な業者を選びましょう。


販売手数料に対して接客スキルが高い


販売手数料に対して接客スキルが高い業者に依頼しましょう。接客スキルが高ければ高いほど成約率が上がり、高額売却も期待できるからです。販売手数料を多く払っているのに、業者の接客レベルが低ければ売り手が損をしてしまいます。


売り手にも丁寧な対応をしてくれる業者は、顧客目線で営業している傾向があるので、接客レベルが高いと言えるでしょう。接客レベルが高いかどうかを見分けるのは難しいですが、事前にしっかりリサーチをしておく必要があります。


リンカーンの委託販売以外の売却方法



委託販売以外の売却方法でも高額売却ができる可能性があります。ご自身に合った売却方法を見つけてください。


外車専門の買取業者に売却する


委託販売と同様、外車専門の買取業者でもリンカーンを高額売却できる可能性がありますリンカーンは発売されてから20年以上経過しており、買取相場の幅が広いです。そのため、年式や車の状態によって買取金額が大きく異なります。


外車専門の買取業者に依頼をすれば、リンカーンを正しく評価することができるのです。リンカーンが正しく評価されることによって、査定額が高くなり高額売却になる可能性が高まります。


自分で購入者を探して売却する


自分で購入者を探して売却する方法も一つの手段です。買い手さえ納得してくれれば、高額でリンカーンが売れる可能性があります。インターネットオークションやフリマサイトを使用すると買い手が見つかりやすいでしょう。


しかし、全ての手続きを自分で行う必要があるので、手間がかかります。さらに、買い手との間でトラブルが発生する可能性があることにも注意が必要です。


リンカーンは信頼できる買取業者に売却しましょう


委託販売でもリンカーンを高額売却できますが、買い手がすぐに見つからない場合があります。さらに、委託販売で車を売却する方法は、まだ馴染みがないので業者選びが難しいでしょう。委託販売でリンカーンを手放すのが不安な方は、外車専門の買取業者に売却することも1つの手段になります。


外車専門の買取業者ならリンカーンの知識が豊富なため正しく評価してくれるでしょう。

リンカーンを高く買い取ってもらうには

リンカーン を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは リンカーン の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

リンカーン の買取専門ページはこちら >

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。