アイキャッチ画像
ドイツ現地レポ

更新2017.04.14

公開2017.04.14

ノーブルな雰囲気がある。レンジローバー・スポーツは女性が乗ってもやっぱり素敵

ライター画像

中込 健太郎

「ロイヤルワラント」は何にも勝る、といったら言い過ぎでしょうか。しかし相当に無敵ではないでしょうか。やはりこういうクルマ、乗ると乗らないとでは全然違いますね。普通にステアリングに両手を乗せただけでちょっと違います感覚が。

レンジローバー・スポーツ

現行型は4代目。かなり大型になりましたが派生モデルも最近では増えてきました。レンジローバー・スポーツもそんな一台と言っていいでしょう。ドイツから、そんな初代のレンジローバー・スポーツに乗った女性の写真が届きました。

クルマが全体的に肥大化する中、このレンジローバー・スポーツは初代のレンジローバーに近いサイズ感なのもいいですね。エレガントでスポーティー。アクティブな人にこそ似あう一台ですよね。実際に街の中でも、比較的取り回しがよく、日本でもこのクルマを愛する女性は少なくありませんね。

「そしてノーブルな雰囲気がある。」これはほかのいかなるオフロードモデルにもまねのできない芸当ではないでしょうか。このマダムのにこやかさだが、豪快に笑うのでもない感じもなかなかこのクルマに似合っているとは思いませんか?明るくても豪快に笑われたりされますと、どこか「肝っ玉」感が強くなります。それはこのクルマにはちょっと似合いませんよね。それもすべてこのクルマ独特のノーブルさ。それによるところが大きいでしょう。

レンジローバー

ドイツにも名だたるオフロードモデルがありますが、人気はどんな感じなのでしょうか?しかしながら、キャラクター的にはかなりドイツ車とは違うでしょうから。あとはユーザーからの受け止められ方ですね。このクルマもしっかり左ハンドル。

輸入して乗られているのでしょうから、英国車独特の頑なで、柔らかな感じ。確かにいいクルマは国産車(ドイツ車)でもたくさんある中で、わざわざ輸入車に乗るのであれば恰好選択肢なのかもしれませんね。おそらく日本車とドイツ車、日本車と英国車の違いよりも大きいのではないか。感覚的にはそんな雰囲気も感じますので。

女性にはカッコいいクルマを颯爽と乗りこなしてほしい。常々申し上げていますが、このドイツのご婦人も、レンジローバー・スポーツと。なかなかカッコいい。素敵ですよね。日本にもこんな女性がもっと増えたらいいと思うのですが、そんなことを思わせるドイツからのお便りでありました。

[ライター/中込健太郎 カメラ/ドイツ駐在員]