中古車の豆知識 更新 2020.10.16 公開 2020.10.16

外車を洗車機で洗うと傷がつく?おすすめの洗い方は?

車は、きれいな状態を維持したい方が多いのではないでしょうか。洗車をしたくても、自宅にスペースがなかったり、洗車をする時間がなかったりして、洗車できないこともあるでしょう。そのようなときに思い付くのが「洗車機」を使って車を洗うことです。ここで気になるのが、外車を洗車機で洗うと車体が傷つくという噂があることではないでしょうか。そこで今回は、外車を洗車機に入れるメリットやデメリットのほか、車体が傷つく噂が真実かどうかを含め、詳しく解説していきます。



洗車機の種類


一言で「洗車機」といっても、いくつか種類があります。主に全自動洗車機とドライブスルー洗車機の2種類です。これらは、似ていますが少しだけ違いがあります。ここでは、それぞれの洗車機の特徴をお伝えします。

全自動洗車機

全自動洗車機の特徴は、洗車中に車外で待機することです。また、洗車コースを選択する操作パネルが洗車機本体についていることがほとんどです。

全自動洗車機を使うときは、車を所定の位置に停車させ、エンジンを切り、窓を閉めてドアミラーをたたみ、ドライバーは車の外に出ます。洗車機本体についている洗車の操作パネルで、洗車コースや洗車オプションを選択し、スタートボタンを押すと洗車が始まります。洗車終了後、再び車に乗り込み、拭き上げスペースに移動させ、拭き上げれば洗車は完了です。

ドライブスルー洗車機

ドライブスルー洗車機は、見た目が全自動洗車機とほぼ変わりません。全自動洗車機と大きく異なる点は、車に乗ったまま洗車することです。所定の位置に車を停車させる前に、洗車機の門型の手前にある操作パネルから洗車コースや洗車オプションなどを選択します。

ドライブスルー洗車機は、洗車機の門型に入る前に、車種の特徴に応じて、洗車コースを自ら選ぶ必要があります。そのため、愛車の特徴や装着されている装備を把握しておくことが大切です。

洗車コースや洗車オプションを選択した後に、洗車門型に移動し、所定の位置で車を停車させます。その後、しばらくすると自動で洗車が始まります。洗車中は、車から絶対に降りないようにしましょう。洗車が終了したら、車を動かし拭き上げスペースに移動させ、拭き上げたら洗車は完了です。

最新のドライブスルー洗車機の場合、車の停止から洗車スタートまでのわずかな時間にドライバーが車外へ出ると、センサーが感知して洗車機が停止することがあります。ドライブスルー洗車機を利用するときには、車内で待つ必要があることを覚えておきましょう。

外車を洗車機で洗うメリットとデメリット




短時間で自動洗浄してくれる洗車機は、とても便利です。しかし、洗車機に外車を入れて洗車をしても大丈夫なのでしょうか。ここからは、外車を洗車機で洗うメリットとデメリットを解説します。

メリット

外車を洗車機で洗うメリットは、短時間でおおよその洗車を完了できることです。また、外車に対応した洗車機、コーティングを施工してある車に応じたコース、ワックスがけやコーティングを施工できるコースなどがあり、リーズナブルな価格でさまざまなタイプの洗車ができます。それでは、外車を洗車機で洗うメリットについて、詳しくみていきましょう。

短時間で洗車できる

洗車機で外車を洗うメリットは、短時間で洗車できることです。洗車機で洗車をする場合、水でおおよその汚れを落として、シャンプーで洗浄して、すすぎをする行程まで約1~2分で完了することがほとんどです。手洗い洗車よりも、時間が短く、効率よく洗車してくれるのは、洗車機の大きなメリットでしょう。

綺麗な状態を保ちやすい

手洗いで洗車をすると、1時間以上かかってしまうことがあります。加えて、車内の清掃、ワックスやコーティングまですると、半日以上かかってしまうこともあるでしょう。そのため、洗車をすることが億劫になり、洗車の頻度が減少してしまいます。

しかし、洗車機であれば仕事終わりや、ガソリンを入れるついでに洗車することができます。気が向いたときに洗車ができるため、洗車頻度が上がりきれいな状態を維持しやすくなるでしょう。

コーティングまでできる洗車機もある

洗車機は日々進化しており、新しい機種であれば、コーティングができるものもあります。きれいな状態を維持するためのコーティングは、洗車頻度を減らすことにもつながるでしょう。

コーティングを人の手で施工すると、時間や手間がかかります。洗車機で洗車後に、ワックスがけやコーティングの施工ができれば、大幅に時間短縮することが可能です。忙しいけれど車をきれいにしておきたい人や、洗車時間や洗車頻度を減らしたい人に向いているでしょう。

デメリット

外車を洗車機で洗うデメリットは、愛車に傷がついてしまったり、細かい部分の汚れが落ちにくかったりすることです。洗車傷と呼ばれる細かい線傷がついてしまうと、せっかくの愛車も台無しになってしまうこともあります。では、具体的に外車を洗車機で洗うとどのようなデメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

傷がつかないか不安になる

外車を洗車機で洗うときは、傷がつかないかどうか不安になるでしょう。洗車機の多くは、回転するブラシで汚れを落とします。ブラシの材質やブラッシングの圧力により、洗車傷がついてしまうのではないかと、不安を感じながら洗車機に入れなければなりません。

ランニングコストがかかる

洗車機での洗車に慣れると、手洗い洗車にかけていた時間や手間を大幅に削減できます。しかし、洗車機を頻繁に使うとランニングコストが高くなることを忘れてはなりません。1回あたり数百円であっても、1週間に1度洗車をすれば、1,000円以上のコストがかかります。洗車コースや使用頻度を調整して、予算内に抑えましょう。

細かい部分の汚れが落ちない場合がある

洗車機を使うと、短時間で車全体を洗車できます。しかし、外車に多いホイールに付着するブレーキダストを隅々まで落とすことができなかったり、グリルやスリットの隙間などの細かい部分の汚れを落としきれなかったりすることが多いです。洗車場によっては、「予備洗車グッズ」が置いてある所もあります。予備洗車グッズを使ってホイールやグリルなどの汚れをあらかじめ落としておくと良いでしょう。

外車を手洗いするメリットとデメリット




外車には、手洗いでなければ対応できない車種があります。もちろん、洗車機に対応している車種であっても、手洗い洗車にこだわるオーナーもいるでしょう。

ここからは、外車を手洗いで洗車するメリットとデメリットについて解説します。

メリット

外車を手洗い洗車するメリットは、車への愛着が増したり、傷の有無・車両状態の変化に気づいたりすることです。洗車機による傷の不安が少なく、コストを抑えられることもメリットでしょう。まずは、外車を手洗い洗車するメリットから詳しくご紹介します。

愛着がわきやすい

手洗い洗車だと、車への愛着がわきやすいのではないでしょうか。パッと見ただけではわからなかった機能や構造などの良い点に気がつくことができて、愛着がわくことがあるのです。車に関わらず、物事の新しい発見や気付きがあると、愛着や興味がわいてきます。ご自身の愛車を深く知るという意味でも、手洗い洗車をしてみてはいかがでしょうか。

傷の有無を確認しやすい

手洗いによる洗車は、傷の発見をしやすいというメリットがあります。手洗い洗車は、車の隅々までさまざまな角度から観察することができる良い機会です。。洗車による線傷、飛び石やいたずらによる傷を発見できるでしょう。

コストを抑えられる

手洗い洗車のメリットの1つに、コストが低いことがあげられます。洗車機の場合、1回の洗車で最低であっても数百円、コースやオプションによっては1回1,000円程度のコストがかかります。一方、手洗い洗車であれば、水道代、カーシャンプーなどによって、高くても数百円程度のコストしかかかりません。洗車機による洗車と比較をすれば、大幅にコストを削減できます。

傷がつくことに不安になる必要がない

愛車を手洗いすれば、機械に車を通すことがないため、傷がつくという不安が減少します。洗車機の場合、どこでどのような傷がついてしまうか予測ができず、傷がついてしまう恐怖と戦いながら洗車をしなければなりません。しかし、手洗い洗車であれば、予測不能の洗車傷の恐怖と戦うことなく、安心して洗車をすることができるのです。

デメリット

外車を手洗い洗車するデメリットは、洗車にかかる時間と手間が多いことです。洗車と一言でいっても、外側だけの洗車もあれば、車内まできれいにする洗車まで内容は多種多様。それでは、外車を手洗いするデメリットを詳しくみていきましょう。

時間がかかる

手洗い洗車のデメリットは、時間がかかってしまうことです。洗車で洗う箇所は、車のボディだけではありません。ホイールやエンジンルーム、インテリアなども含めて清掃することを「洗車」といいます。

手洗い洗車の場合、最も時間がかかるのは、ボディやホイールなどのエクステリアです。外的要因で付着する汚れは、落としやすいものもあれば、しつこい汚れまであります。また、ルーフやウィンドウに付着する汚れと、タイヤやホイール、ボディ下部に付着する汚れの種類は異なります。これらの汚れを徹底的に落とそうとすると、時間がかかってしまうのです。

インテリアの清掃では、主に掃除機でホコリを吸い取ります。また、泥や飲み物、食べ物による汚れは、専用のクリーナーで落とさなければなりません。エクステリアの洗車に加え、車内の清掃まで徹底的に行うと、ほぼ1日洗車に時間を費やす必要があります。

洗車の頻度が少なくなる可能性がある

手洗い洗車では、徹底的に細かい部分まで洗うことができますが、時間と労力を費やさなければなりません。そのため、洗車をすることが面倒になり、洗車の頻度が少なくなってしまう可能性があります。また、仕事や学業が忙しく、洗車に時間を費やすことができないと、洗車の回数がさらに少なくなるでしょう。

外車を洗車機で洗うことで傷がつく原因




洗車機で車を洗うと傷がつくという話はよく耳にするでしょう。なぜ、洗車機で洗車をすると傷がつくのでしょうか。ここからは、洗車機で洗車をすると傷がつく原因を解説していきます。

硬い素材のブラシを使っている

洗車機で車を洗うと傷がついてしまう原因はブラシです。最新の洗車機であれば、ボディ塗装よりも柔らかい素材のブラシを採用しています。しかし、洗車機自体の機種が古かったり、洗車機ブラシがメンテナンスされていなかったりすると、洗車機のブラシは劣化しています。劣化したブラシは硬化ているため、車のボディを摩擦して傷がついてしまうのです。

洗車機のメンテナンスができていない

洗車機は、給水ホース、噴射ノズル、ブラシ、洗浄液などのメンテナンスが必須です。洗車機自体のメンテナンスがされていない場合、正しい洗車ができないため、車に思わぬ傷がついてしまうことがあるのです。

外車を洗う洗車機の選び方


洗車機は多くの種類があります。主に気を付けなければならないポイントはブラシの材質です。また、ブラシレスの洗車機もあります。ここからは、外車を洗う洗車機の選び方をお伝えします。

傷がつかないように配慮している

外車を洗う洗車機を選ぶときに、傷がつかない配慮がされているかどうかを見極めることが大切です。どんなに高性能な洗車機であってもブラシの材質や状態が悪いと車に傷がつきます。どんな洗車機でも、近づけば洗車機のブラシを目視できます。ブラシの材質や状態は、洗車機に入れる前にしっかりとチェックしましょう。

メンテナンスができている

洗車機は、車を洗うための大きな機械です。洗車機のメンテナンス不良は、洗車傷を発生させる原因につながります。ブラシの定期的な交換や洗浄液の補充、噴射ノズルや給水ホースの交換など、洗車機自体のメンテナンスが行き届いているか確認しましょう。

外車ボタンがある

洗車機には、さまざまなコースがあります。水洗い、シャンプー、ワックス、コーティング、高圧洗浄など、コースの数とオプションの組み合わせは多岐にわたります。コースやオプションの中に「外車」ボタンがあるかどうかは、外車を洗車機に入れる上で重要なポイントです。

外車は、ミラーを折り畳めず、ミラーカバーを取り外せる場合があります。洗車機の「外車」ボタンは、ミラーに圧力やブラシを当てないよう制御するボタンです。外車を洗車機に入れるときは、「外車」ボタンを押し、ミラーが外れないようにしましょう。

外車のサイズに対応している

外車は、日本車よりも幅が広かったり高さがあったりする傾向があります。洗車機は、全てのサイズに対応できるわけではありません。車種やサイズによって、対応できないサイズもあるため、所有している外車が洗車機のサイズに対応しているか確認しましょう。

外車を洗える洗車機がある施設





外車を洗える洗車機がある施設は限られています。その理由は、施設の規模によって、洗車機を設置するためのスペースが制限されてしまうからです。ここから、外車を洗える洗車機がある施設をお伝えしていきます。

ガソリンスタンド

ほとんどのガソリンスタンドは、敷地面積が広いため、外車を洗える洗車機を設置している場合が多いです。ガソリンスタンドの規模によっては、外車に対応していない洗車機しか設置していないケースもあるため、各ガソリンスタンドに確認をしましょう。

駐車場などに併設された洗車場

駐車場に設置してある洗車機は、外車に対応していることがほとんどです。駐車場は広いスペースを必要とするため、外車に対応した洗車機を設置できます。また、拭き上げスペースや掃除機、予備洗車スペースがある洗車場などに設置されている洗車機は、外車にも対応しているだけでなく、最新の洗車機が設置されていることが多いといえるでしょう。

自分にとってベストな方法で洗車しましょう


今回は、外車と洗車機について解説してきました。車の進化と同じように、洗車機も日々進化しているのです。最新の洗車機では、洗車のみならず、ボディコーティングや外車に対応したコースが設定されています。外車が日本の道路を多く走るようになった現代では、洗車機を正しく見極めることができれば、外車を洗車機に入れても問題ないといえるでしょう。

[ライター/外車王SOKEN編集部]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。