ライフスタイル 更新 2019.08.19 公開 2019.08.19

ランボルギーニ・ウラカンを4年間維持した結果、合計344万円の費用がかかっている

早いものでボクがランボルギーニ・ウラカンの納車されてから4年が経過した。
ボクが記録している範囲だと、その4年における費用は約344万円となっているが、つまりは「年間86万円」ということになる。

ただ、ここで注意を要するのは、この金額にはガソリン代、洗車用品やケミカル類の購入にかかった費用、コーティングに関わる費用が含まれていないということだ。

ランボルギーニ・ウラカン

スーパーカーの維持には年間100万円くらいは覚悟する必要がある



まず、1年目から4年目までの維持費だが、おおよそ下記のとおりだ(繰り返しになるが、ガソリン代や、洗車/コーティングつまり美化に関わる部分は含まれていない)。

・1年目:964,621円
・2年目:822,500円
・3年目:703,136円
・4年目:952,260円

ここでざっと、それぞれの内容を見てみたいと思う。

1年目の維持費詳細はこうなっている



まず、1年目の維持費の内訳を記してみた。

・12ヶ月点検・メンテナンス・・・121,050円
・自動車税・・・88,000円
・任意保険・・・244,320円
・カスタム費用・・・511,251円

これらを合計すると964,621円ということになるが、ここでかかった費用の大半は「カスタム費用」だということもわかる。
納車一年目については、予定していたカスタムも多く、それらを実行したためにこの部分が大きく膨らんでいる。
内容としては「オーディオインストール」が大半だ。

2年目の維持費詳細はこうなっている



そして2年目の内訳だ。
メンテナンス費用が若干高くなっているが、これはランボルギーニが定めるチェック項目が1年目に比べて増えているためだ。

ランボルギーニは期間ごとの点検内容を細かく定めているが、当然ながら年を経るごとにその点検項目は多くなり、交換が推奨されるパーツも多くなる。

・12ヶ月点検・メンテナンス:167,000円
・自動車税:88,000円
・任意保険:182,850円
・カスタム費用:385,000円

相変わらずカスタムにも費用を投じているが、これはランボルギーニが毎年「純正オプションパーツ」を拡充してくるためで、ついついそれらを購入してしまうためだ(もちろん、これもランボルギーニの周到な戦略のひとつだ)。

話は逸れるが、純正オプションパーツのほか、そのクルマの発売直後はサードパーティー製のカスタムパーツが少ない。しかし時間が経てば、各チューナーやショップから相次いでパーツが発売されて充実してくる。さらに、スーパーカーミーティングに参加すれば、格好良くカスタムされた他のクルマに刺激され、なにかと自分のクルマもカスタムしたくなる。

よって、こういった「予定外の」出費は覚悟する必要があり、かつスーパーカー向けのカスタムパーツは非常に高額であることも腹をくくっておかねばならない。

ランボルギーニ・ウラカン

3年目の維持費詳細はこうなっている



3年目は「恐怖の」車検があったため、ここで相当なコストがかかっている。
ここで交換したパーツ類については、(パーツにもよるが)1~3年ほどは交換せずに済むものがあり、「先行投資的」な意味合いも含んでいる。
一方でカスタムが一段落したため、この部分のコストは安くあがった。

・車検・メンテナンス:418,000円
・自動車税:88,000円
・任意保険:182,850円
・カスタム費用:14,000円

4年目の維持費詳細はこうなっている



そして4年目だが、合計金額としてはもっともコストが高い。
その内訳を見ると、12ヶ月点検とメンテナンスが615,000円という額となり、これは車検よりも高額だ。

・12ヶ月点検・メンテナンス:615,000円
・自動車税:88,000円
・任意保険:151,760円
・カスタム費用:97,500円

この理由としては、「前後タイヤを交換した」ことが主なものだが、スーパーカーは前後タイヤに掛かる負担が大きく、たとえ「すり減っていなくとも」、フロントタイヤのサイドウォールに負担がかかってクラックが入っていたり、リアタイヤだとエンジンに近い「内側」が熱の影響を受けて劣化する、という独特の現象が発生する。

ランボルギーニ・ウラカン

以上が、ランボルギーニ・ウラカンを新車で購入し、4年間維持してみたコストだ。
スーパーカーは通常のクルマに比較すると「想定外の」様々な負荷がかかることになり、通常のクルマよりもパーツの劣化速度が早く、かつパーツも高価だ。

しかし、「まだ大丈夫だろう」と思って交換を先延ばしにしていると、思わぬトラブルや事故を起こすことになり、パーツ交換費用の何倍、何十倍といった出費を強いられることがある。

そのため、スーパーカーの維持においては、信頼できるショップ(ボクは正規ディーラーを強くオススメする)での点検、そして早めのパーツ交換がなにより重要だ。

[ライター・撮影/JUN MASUDA]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。