アイキャッチ画像
輸入車の選び方

更新2021.01.14

公開2020.11.25

ハマーにかかる税金はどれぐらい?車種ごとの税額も解説

ライター画像

外車王SOKEN編集部

アメリカのSUV専門ブランドとして日本国内でも根強い人気を誇る「ハマー」。そんなハマーを所有するとき、どのような税金が、どのくらいかかるかご存じでしょうか。今回は、ハマーの税金について、細かく解説します。また、各車種ごとにかかる税額やハマーの税金を抑える方法についてもお伝えします。



ハマーにかかる税金の種類

ハマーを所有するときにに、どのような税金がかかるのでしょうか。ここでは、車に関わる税金について解説していきます。それぞれの税金がどのような税金なのか知っていきましょう。

環境性能割


環境性能割は、売買などにより車を取得した取得者に対して課税される税金のことです。税率は、環境負荷軽減に応じて、「非課税」、「1%」、「2%」、「3%」に区分されます。また、環境性能割の税率は新車と中古で違いはありませんが、取得価額を算出する方法は新車と中古車で異なります。そのため、自分の車が新車か中古かを確認のうえ、正しい方法で計算することが大切です。さらに、中古車は、新しい年式の場合と年数が経っている場合で、算出する率が異なります。

ハマーには、環境性能割に適合する車種がないため、どの車種も税率は「3%」です。

自動車重量税


自動車重量税は、車両重量に応じて課税される税金です。車検のタイミングで2年分まとめて支払います。自動車重量税は、「法定費用」と呼ばれ、どこで車検を通しても一律にかかります。課税額は0.5tごとに高くなるため、オプションや装備次第では、税額が上がる可能性があります。

また、エコカー減税制度が適用される場合は割引されますが、ハマーには同制度が適用できません。さらに、初度登録から13年以上経過した車両や18年以上経過した車両は、自動車重量税が高くなります。

車両重量に応じた税額は以下の通りです。

【自動車重量税の税額】
・0.5t以下:8,200円
・~1t:16,400円
・~1.5t:24,600円
・~2t:32,800円
・~2.5t:41,000円
・~3t:49,200円

【初度登録から13年以上経過した場合の自動車重量税】
・0.5t以下:11,400円
・~1t:22,800円
・~1.5t:34,200円
・~2t:45,600円
・~2.5t:57,000円
・~3t:68,400円

【初度登録から18年以上経過した場合の自動車重量税】
・0.5t以下:12,600円
・~1t:25,200円
・~1.5t:37,800円
・~2t:50,400円
・~2.5t:63,000円
・~3t:75,600円

自動車税


自動車税は、自動車の排気量に応じて課税される税金です。4月1日時点の車の所有者が1年間分の自動車税を納めます。車検証に記載された住所へ納付書が送付され、金融機関やコンビニなどで納めます。また、近年では電子決済での納税が可能になりました。

ハマーの自動車税は、排気量が大きいため、高額になる傾向があります。また、初度登録から13年以上経過すると、約15%の割増になります。排気量ごとの自動車税の金額は以下の通りです。

【自動車税】
・1.0L以下:25,000円
・1.0L超1.5L以下:30,500円
・1.5L超2.0L以下:36,000円
・2.0L超2.5L以下:43,500円
・2.5L超3.0L以下:50,000円
・3.0L超3.5L以下:57,000円
・3.5L超4.0L以下:65,500円
・4.0L超4.5L以下:75,500円
・4.5L超6.0L以下:87,000円
・6.0L超:110,000円

ガソリン税


ガソリン税は、燃料であるガソリンにかかる税金です。ガソリン1Lあたりに、「揮発油税」、「地方揮発油税」、「石油税」、「消費税」がかかります。このうち、「揮発油税」と「地方揮発油税」を合わせたものが「ガソリン税」と呼ばれる税金です。ガソリン税は、1Lあたり53.8円かかるため、ガソリン単価の約半分が税金ということになります。

消費税


消費税は、消費に課される税金です。1989年4月1日、物品税に代わり導入されました。導入当時は3%でしたが、1997年4月1日に5%、2014年4月1日に8%、2019年10月1日に10%へと段階を踏んで引き上げられています。ハマーを購入するときにも消費税がかかり、車両本体価格に課税されます。

固定資産税


固定資産税は、1月1日現在の土地、家屋および償却資産といった「固定資産」の所有者に課税される税金です。固定資産の価格をもとに算定される税額を、その固定資産が所在する市町村が課税します。課税対象は、分類記号が「0、00~09、000~099」、「9、90~99、900~999」の車両にあたる大型特殊車両です。

ハマーのモデルごとの税金額



ハマーにかかる税金で避けられないのは、排気量ごとに決まる自動車税や車両重量に対し課税される自動車重量税です。ここからは、ハマーの車種ごとにかかる税金を詳しく解説していきます。

H1


ハマー H1の自動車税は、エンジン排気量が6000ccを超えるため、最も高い区分になります。自動車重量税は、3tを超えるため高額となり、2年で53,200円です。1年あたりの税額は次のようになります。

【ハマー H1の1年あたりの税金】
・自動車税=110,000円
・自動車重量税=26,600円(2年で53,200円のため)

H2


ハマーH2の自動車税は、エンジン排気量が5967ccであるため、87,000円です。自動車重量税は、車両重量2903kgのため、2年で49,200円となります。1年あたりの税額は次の通りです。

【ハマーH2の1年あたりの税金】
・自動車税=87,000円
・自動車重量税=24,600円(2年で49,200円のため)

H3


ハマーH3の自動車税は、エンジン排気量が3460ccであるため、57,000円です。自動車重量税は、2654kgのため、2年で49,200円となります。1年あたりの税額は次の通りです。

【ハマーH3の1年あたりの税金】
・自動車税=57,000円
・自動車重量税=24,600円(2年で49,200円のため)

ハマーの税金を抑える方法はある?

ハマーの税金を抑える方法はありません。税金は、法律により決定していることであるため、安くすることができないのです。また、自動車税や自動車重量税は、初度登録から13年を超えると、税金が増額されるため、重課される前に売却する方がよいでしょう。

ハマーの維持が厳しい場合は外車王に査定を依頼するのがおすすめ

ハマーは、車種により異なりますが、税金が高額になりやすい車です。ハマーの維持が厳しくなってきたときには、ハマーの買取を得意としている外車王に査定を依頼すると良いでしょう。高く売却できることで新しく購入する車の初期費用に充てられます。

外車王は、ハマーの買取実績があり、ハマーの魅力を最大限に評価できます。また、正規輸入車のみならず、並行輸入車も大歓迎です。ハマーの売却をするなら外車王にお任せください。

ハマーにかかる税金を踏まえて購入を検討しましょう



迫力と存在感のあるハマーは、エンジンの排気量が大きく、車両重量も大きい車種がほとんどです。1年間にかかる税金だけでも高額になりやすいため、ハマーを購入するときは、自動車税や自動車重量税など、税金のことを考慮する必要があります。ここで解説してきた税金・税額を踏まえた上で慎重に購入を検討するようにしてください。

[ライター/外車王SOKEN編集部]