アイキャッチ画像
輸入車の処分

更新2021.04.19

GMCの処分方法とは。4つの手段とメリットとデメリットを紹介

ライター画像

外車王SOKEN編集部


GMCは、アメリカの商用ピックアップトラックやSUVなどを製造しているメーカーです。GMCをの処分したいと考えた時、どのような方法があるのでしょうか。GMCは、日本で正規輸入されていないメーカーであるため、高額で売却処分できるかもしれません。この記事では、GMCの処分方法について紹介します。ご自身に合う方法でGMCの処分を検討してください。



GMCを処分する4つの方法


GMCは、北米・中東で販売されている商用ピックアップトラックやSUV製造のメーカーです。過去には、消防車や軍事用車両などの大型自動車も展開していましたが、現在では、フルサイズSUVやピックアップトラックをメインに販売しています。ここでは、GMCの処分をする方法を4つ紹介します。


売却する


1つ目は、GMCを売却する方法です。GMCは、日本で正規輸入していないため希少価値が高いメーカーです。希少価値が高いということは高額査定が期待できるということです。ここでは、GMCを売却処分するメリットとデメリットを紹介します。


メリット


売却するメリットは、希少価値が高いため高額査定が期待できることです。
GMCは、標準モデルと高級車モデル(デナリ)とグレードが分かれています。GMC車は、シボレー車の双子モデルがほとんどですが、シボレー車との差別化をするため、装備に標準装備とオプション装備の違いを設けました。日本で正規輸入されておらず、販売価格が高額なため、GMCは売却に出すと高額査定になる傾向があります。


GMCを売却する際は、価値をしっかりと見定めてくれる業者で買取査定をしてもらうことがおすすめです。GMCの希少価値を理解しているスタッフに査定に出すと納得のいく査定額に繋がります。


デメリット


GMCを売却するデメリットは、買取業者によってはGMCの価値を正しく判断できず、中古車市場の相場に合わせた査定を行う可能性がある点です。相場に合わせた査定になると、GMCの希少価値を理解している業者よりも安い価格での取引になる可能性が高くなります。


下取りに出す


GMCを下取りに出す処分方法もあります。下取りとは、新しい車を購入する際に、それまで乗っていた車を同じ販売店へ売って購入代金の一部に充てることです。GMCを下取りに出すと、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


メリット


GMCを下取りに出すメリットは、GMCを引き取ってもらったうと同時に新しい車に乗れるという点です。GMCを手放すことと、新しく乗る車を購入することが同時に行えるので、様々な手間を省くことができます。新しく乗る予定の車を購入する資金を抑えたい人にもおすすめの処分方法です。


デメリット


GMCを下取りに出すデメリットは、下取りでは新しく購入する予定の車の価格から下取り価格を値引くという形を取るため、買取金額が曖昧になることです。GMCが価値がある車であっても、オプションや良いグレードのモデルだったとしても、妥当性がわかりにくくなる場合があります。そのため、GMCの価値を見極めて査定をしてもらいたい場合は、違う処分方法を検討しましょう。


廃車に出す


GMCを廃車に出す処分方法もあります。廃車というと、スクラップ処理をするイメージがあるかもしれませんが、廃車=スクラップ処理ではなく、GMCの登録を抹消することを指します。登録抹消には、「一時抹消」と「永久抹消」があります。それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。


メリット


一時抹消のメリットは、長期出張などの一時的に自動車に乗らない場合に諸費用を抑えられることです。乗らない期間の維持費がかからないので、自動車の維持費を抑えられます。また、一時抹消時の税金は発生しない点や自賠責保険などの保険料も還付される点などもメリットです。


永久抹消のメリットは、車の維持費がかからないことです。この先もGMCに乗ることがないのであれば、永久抹消をしましょう。永久抹消をすることで、車にかかる諸費用が不要になります。また、廃車にした場合は車のボディに使われている素材を買い取ってくれることもあります。


デメリット


一時抹消のデメリットは、GMCを保管する場所が必要になることです。自宅に駐車場がある場合、お金はかかりませんが、月極駐車場を借りている場合は駐車場代が発生し続けます。また、一時抹消を取り消す手続きを行う時に必要な書類が多くあり、紛失しないよう大切に保管する必要があります。


永久抹消のデメリットは、二度とGMCに乗れないことです。永久抹消では「スクラップ」を前提とした登録抹消手続きなので、文字通り二度と乗れません。また、永久抹消の手続きのためにはGMCのスクラップ処理後に、廃車業者からもらえる「移動報告番号」「解体記録日」の情報が必要となるため、時間がかかります。


譲渡する


次はGMCを譲渡する処分方法について紹介します。譲渡とは、友人や知人、あるいは家族などにGMCを譲ることです。譲渡するメリットとデメリットを解説します。


メリット


GMCを譲渡するメリットは、自分の車が次に誰の手に渡るかを把握できることです。愛車を家族や友人など、知っている相手に譲ることで安心できます。個人売買では知らない相手とやり取りをする必要があります。また、中古車買取業者では、スタッフの方とやり取りが発生します。知らない人と関わることが苦手な人にとっては、知人や家族・友人に譲る方法が安心できるでしょう。


デメリット


GMCを譲渡するデメリットは、様々な手続きを自分たちで行う必要がありり手間になることです。
GMCを譲渡すると、所有者が変わるので移転登録の手続きを行います。その際は両者の印鑑と、印鑑証明が必要です。また、譲渡する側は、その他に申請書、譲渡証明書、自動車検査証(車検証)、車庫証明書を用意します。
手続きの際、譲る側もしくは譲られる側のどちらかがいない時は、委任状も必要となります。たくさんの書類を用意した上で手続きをしなくてはいけません。また、上記の移転登録の他、自動車保険(自賠責保険、任意保険)や名義変更の手続きも必要になります。


GMCの2つの売却方法



GMCを売却する処分方法について紹介します。売却する方法は、「個人売買」か「買取業者へ売却する」の2種類が挙げられます。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。


個人間での売買


フリマアプリやオークションサイトなどで、GMCを売却する方法です。業者を介入させずに売るため、中間マージンが発生しないため高額売却が期待できます。値下げの希望によって売却額が下がる可能性はありますが、基本的には、自分の希望額での売却が可能です。


ただし、個人間での売却となると、専門知識を持つ業者が介入しないため、トラブルが発生しやすくなります。トラブルには、金銭的なものから名義変更などの手続きに関するもの、売却後の故障など様々な例が挙げられます。


フリマアプリやオークションサイトによっては、個人間のトラブルを仲介するサービスがあるので、利用しても良いでしょう。また、トラブルを回避するために契約書で合意を取るなど備えておきましょう。


買取業者へ売却する


GMCを中古車買取業者で売却する方法もあります。中古車買取業者への売却は、相場や業者によって価格差が生じることはありますが、日本で珍しいGMCは高額査定が期待できます。


個人売買では、希望売却額での取引が可能であるものの、買取業者に売却すると希望金額で取引ができないデメリットがあります。それでもプロとの取引になるので安心して任せることができます。また、GMCの価値がわかる業者に依頼すれば、査定結果にも納得できるでしょう。


GMC の買取相場についてチェックする >

故障しているGMCも売却できる?


故障したGMCでも、売却先によっては引き取ってくれます。売却先によって、故障度合いの判断が異なりるため買取額も異なります。水没車・フロントガラスに大きいヒビや割れ・フレームの歪みなど大きな故障を抱えたGMCの場合は、売却できないと自己判断している方もいるかもしれません。
しかし「故障車だから」といった理由で査定に出さないのは勿体ないです。外車王では、GMCが故障車や水没車でも買取実績があるので、一度査定に出してみても良いでしょう。
外車王での故障車の買取についてはこちらをご覧ください。


GMCを高く売るなら専門知識のある業者を選択すべき


GMCを高く売却したいのであれば、専門知識のある買取業者に出すことがおすすめです。外車王では、GMCの知識をもっているスタッフがいるので、しっかり査定してくれます。GMCを高額売却したい方は、外車王で売却を検討されてみてはいかがでしょうか。


外車王でGMCを売るならこちらをご覧ください。


GMC売却の特徴


GMCは、モデルによる価格差が起きにくいものの、年式に応じて売却価格が変わる傾向がみられます。日本では正規輸入されておらず、一般的に入手困難なためです。車両価格が高いため相対的に買取価格が安くなりにくいので、GMCの処分には売却がおすすめです。


GMCをお得に処分するなら外車王で査定依頼を


不要になったGMCをお得に処分したいとお考えであれば、外車王への査定依頼もおすすめです。ここでは、外車王の特徴を4点紹介します。


GMCの高額買取実績がある


外車王では、GMCを高額買取している実績があります。GMCの専門知識を持っているスタッフがいるので、安心して査定を任せられ、満足のいく査定結果になるでしょう。不明なことがあっても、気兼ねなく相談できるため納得できる査定結果に繋がります。


二重査定一切なし


外車王では、二重査定は一切ありません。二重査定とは、査定後に価格を安く変更されることです。さらに査定後に、査定価格が変動した結果、お客様からのキャンセルを受けた場合、それに伴うキャンセル料を請求するなど不当なやり取りをする業者もあります。外車王では、二重査定を行わないため安心して任せられます。


JPUCに加盟


外車王は、買取業者の自主規制団体「JPUC」に加盟しています。JPUCは、買取業者のクリーン化を実現するための組織で、お客様が安心して自動車を売却できるよう日々努めています。外車王でも、安心で安全な買い取りを実現しています。


遠方でも無料で出張査定対応


外車王では、遠方でも無料で出張査定をしています。「遠い地域に住んでいるから」という理由で、査定に出せないのは勿体ないです。外車王の出張サービスを活用して、不要になったGMCの買取査定を依頼しましょう。


高額売却が可能なGMCは売却処分がおすすめ


GMCの処分は、高額で売れる可能性が高いため売却処分がおすすめです。GMCは、日本では中々入手が難しいメーカーなので、高額査定が期待できます。専門知識を持つスタッフがいる外車王でGMCを買取査定に出すことで、より確実な高額査定に繋がります。ぜひ、一度、査定をご検討ください。

GMCを高く買い取ってもらうには

GMC を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは GMC の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

GMC の買取専門ページはこちら >

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。