アイキャッチ画像
輸入車の処分

更新2021.09.10

GMCに委託販売は向いている?委託販売を成功させるためのポイント

ライター画像

外車王SOKEN編集部

GMCはアメリカの自動車メーカー、「GM」の中でピックアップトラックやSUVなどを専門的に販売している部門です。1901年に設立され、第二次世界大戦の際にはアメリカから依頼を受けアメリカ軍用トラックなども製造していました。そんなGMCですが、手放す際に委託販売での売却を検討している方もいるでしょう。そこで今回は、GMCの売却方法として委託販売は向いているのか、成功するためのポイントについても解説します。



委託販売の仕組み


委託販売は車の買い手探しを業者に委託し、買い手が見つれば商談が成立するという仕組みです。基本的な流れとしては、車を業者に持っていき査定を行ってもらい、そこで出た金額を元にいくらで販売するのかを決めます。金額が決定したら、あとは適宜業者との間で値下げの交渉など連絡を取り合い買い手が見つかるのを待つだけです。買い手が見つかれば、買い手に納車された後にお金が振り込まれます。


GMCを委託販売を選んだ方が良いケース


委託販売はあまり一般的な売却方法ではない分、どのような売却をしたいかによって向いている場合と向いていない場合があります。委託販売の特徴をきちんと把握した上で選ぶことが大切です。そこで、委託販売を選んだ方がよいケースと選ばない方が良いケースそれぞれについて紹介します。


少しでも長くGMCに乗りたい


少しでも長くGMCに乗りたいという方には、委託販売がおすすめです。委託販売は業者によりますが、車に乗りながら営業・販売をしてもらうことも可能です。そのため、売却するまでの間に少しでも長くGMCに乗りたいという方や車がないと生活できないという方には委託販売が向いています。ただし、車を預けなくてもいいかどうかは業者によって異なるため、事前に調べた上で委託先を選びましょう。


少しでも高く売れる可能性に賭けたい


少しでも高く売れる可能性に賭けたい方には、委託販売がおすすめです。委託販売では金額を売り手側が決められるため、希望の価格で売却できる可能性が高いです。ただし、交渉次第では相場よりも安く値段がつく場合もあるので注意が必要です。


手数料が気になる


買取手数料が気になる方には委託販売が向いています。業者へ委託販売を依頼したり買い取ってもらったりする際には、手数料がかかります。


買取にかかる手数料よりも委託販売の手数料の方が安い場合があります。もちろん、業者によって手数料は異なるので、買取と委託の両方の手数料を比較して、処分方法および業者を選ぶことが大切です。


GMC の買取相場についてチェックする >

GMCの委託販売を選ばない方が良いケース


続いて、GMCの売却に委託販売を選ばない方が良いケースについて紹介します。


すぐに現金を手に入れたい


すぐにでも現金を手に入れたい方は、委託販売を選ばない方が良いでしょう。委託販売では、現金が振り込まれるタイミングが納車以降となります。早く売れた場合でも、他の処分方法と比べて現金が振り込まれるのが遅くなるケースが多いので、なるべく早く現金を手に入れたいという方は委託販売以外の売却方法を検討しましょう。


売れ残ることに不安がある


売れ残ることに不安がある方には、委託販売はおすすめできません。あまりに高すぎる価格設定や人気のない車種の場合だと売れ残るリスクが高いです。その場合は、手数料が無駄になります。このようなリスクを避けたい方や不安な方は委託販売を選ばない方が良いでしょう。


輸入車の委託販売に特化した業者が周りにいない


輸入車の委託販売に特化した業者が周りにいない場合は、委託販売はおすすめできません。委託販売は業者選びが特に重要です。輸入車の委託販売に特化した業者に依頼できるかどうかは、売却価格や売却できるかどうかに大きく影響します。そのため、輸入車の委託販売に特化した業者が周りにいない場合には委託販売以外の売却方法を選ぶ方が賢明と言えます。


業者と頻繁に連絡を取ることが難しい


業者と頻繁に連絡を取ることが難しい場合には、委託販売を選ばない方が良いでしょう。委託販売は一見、業者に売却を任せるため連絡を取る必要がなさそうですが、実際は値下げを検討する際や販売戦略を練り直す際など、毎回業者との間で連絡を取らなければなりません。そのため、業者と頻繁に連絡を取ることが難しい方や連絡が面倒と感じる方は他の売却方法を検討する方がおすすめです。


GMCの委託販売に成功するためのポイント



GMCを委託販売を成功に導くために大切な業者選びのポイントについて解説します。


接客が丁寧が業者に依頼する


接客が丁寧な業者を選ぶことは、委託販売において大切なポイントです。委託販売では業者の営業スキルが重要です。営業スキルを判断するために、接客が丁寧がどうかを見ましょう。対応が丁寧な業者を選べば、高額での売却が期待できます。


委託販売の実績が豊富な業者に依頼する


委託販売の実績が豊富な業者に依頼することで、売却できる可能性が高まります。委託販売の実績は業者選びにおいて非常に重要です。委託販売のノウハウを持っている業者に委託して、売れ残る可能性を少しでも減らしましょう。


GMCを委託販売よりも買取に出した方がよいケース


GMCを委託販売するケースについてここまで解説してきましたが、委託販売よりも買取の方が適しているケースも多数存在します。ここからは委託販売よりも買取に出した方がよいケースについて紹介します。


すぐにでも現金を手に入れたい


すぐにでも現金を手に入れたい方は買取がおすすめです。委託販売では買い手に納車がされてからお金が振り込まれるのに対し、買取は買い取りが完了した2〜3日後にお金が振り込まれるので、できるだけ早く現金が欲しい方は中古車買取業者へ売却しましょう。


相場に見合った金額で売却したい


相場に見合った金額で売却したい方には買取が向いています。委託販売は相場より大幅に高くなる可能性もあれば低くなる可能性もあります。その一方、買取では相場を元に査定を出すので、基本的には相場どおりの額で売却できます。少しでも低い価格での売却を避け、相場価格で売却したい方は買取を選びましょう。


GMCは信頼できる買取業者に売却しましょう


GMCは日本での正規販売は行われていないため、売買をする際は基本的に中古車市場での取引となります。マイナーな車ではありますが中古車市場での需要があるため、きちんと信頼できる業者へ売却することで高値売却が期待できます。大切なGMCは信頼できる買取業者に売却しましょう。


 

GMCを高く買い取ってもらうには

GMC を高値で売却したい場合は外車王がおすすめです。輸入車に精通した専門スタッフは GMC の特徴及びセールスポイントを把握しているため、一般買取店では評価が難しい車種でも正確かつ高額査定を実現します。一般買取店で思った金額が出なかった方、ディーラー下取りに不安のある方、一括査定にうんざりの方など、愛車の価値を少しでも理解してほしいとお考えでしたら、ぜひ外車王にお任せください。

GMC の買取専門ページはこちら >

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。