アイキャッチ画像
ドイツ現地レポ

更新2015.11.25

公開2015.11.25

ドイツ商用車探訪で出逢った、ダチア・ロガンのコマーシャルカー

ライター画像

中込 健太郎

スーパーカーを東京ほどよく見る街も少ないかもしれません。都内ではフェラーリもそこそこよく見かけます。ベントレーもロールス・ロイスも比較的少数ではありますが、外に出ると見ない日は無いほどです。クルマ好きとしては楽しい限りですね。

一方で、多くを占める商用車、これもなかなか興味深いのです。特別色、特別仕様のボディ形状。何を積んでいるのか?単にクルマに対する興味以上に、生活していると普通に湧いてくる趣向性、興味と絶妙に関連性を帯びてついつい意識して目で追ってしまったりするもの。

さらに、気に入ったお店や、商品を扱う会社のクルマだったりすると「お、こんなところにも。頑張れ。」街中でエールを送ることもしばしばです。お子さんに人気なミニカーは働くクルマシリーズだと言いますから、そう考えると、私自身も全然成長していないのかもしれませんが(笑)。

ドイツ商用車探訪で出逢った、ダチア・ロガンのコマーシャルカー

今回ドイツから、あちらでの街中でのダチア・ロガンのコマーシャルカーのリポートが届きました。ダチアはルノー日産系の廉価版に位置づけられるブランドです。日本では正規取り扱いがなく、やはりヨーロッパらしいクルマといえるでしょう。ロガンはそのなかの主力車種の一つで、乗用タイプ、ワゴン、この写真のようなバンの他小さなピックアップトラックなど豊富なボディタイプから選べるラインナップで、ヨーロッパでは割とポピュラーな存在です。

さらに一言でバンといっても、様々なボディサイズや窓の仕様など、幅広く設定されています。写真のクルマはロングボディで荷室に窓の無いパネルバンタイプ。かなり仕事に徹した仕様ですね。一体何を運ぶのでしょうか?赤いボディカラーである点も日本ではあまり見ませんが、かわいらしく、目を引きますから、「○○の〜さんのロガンだ」とか、街中では有名だったりするのでしょうか。日常に溶け込む商用車は、その荷室に様々なストーリーも積んでいる、といってよいでしょう。多くの人の日常にリンクした存在ですからそれも自然なことかもしれません。それだけに色々な想像が脳裏を巡る。「商用車探訪」もこれだからやめられません。

ドイツ商用車探訪で出逢った、ダチア・ロガンのコマーシャルカー

そしてヒッチメンバーもついていますね。とはいえエンジンのキャパシティもガソリンなら1500cc前後、ディーゼルでも2000cc前後の小型なもの、そんなに大きなものは引けないでしょう。何を引っ張るのかしら。

日本にも昔はサニートラックなど、かなり長い期間販売されておりました。あれも今振り返ると変わりのないクルマです。ダチア・ロガンのコマーシャルカーは、強いていえば、ルノー日産グループでもありますし、「サニトラの後継」と言ってもいいのかもしれません。

なかなか日本でクルマが売れないと嘆く自動車業界ですが、こういう割り切ったシンプルなクルマ、逆に今こそ選択肢としてありなのではないか、そんな風に思うのですがいかがでしょうか。ヨーロッパの日常がそこにある。ダチア・ロガンもまた、ヨーロッパへ誘う魅力を持ったコマーシャルカーなのであります。