アイキャッチ画像
ドイツニュース

更新2022.05.10

BMWとメルセデス、カーシェアリング事業をステランティスに売却

ライター画像

外車王SOKEN編集部

独自動車大手のBMWグループとメルセデスベンツは3日、モビリティ分野の合弁事業のうち、カーシェアリングサービス「シェア・ナウ(SHARENOW)」を欧州自動車大手のステランティスに売却すると発表した。今後は、様々な移動手段を連携するマルチモーダルサービスを提供する「フリー・ナウ(FREE NOW)」と、充電サービスの「チャージ・ナウ(CHARGE NOW)」の2事業に注力していく。ステランティスは、「シェア・ナウ」の買収によりカーシェアリングサービスの事業規模を拡大する。


「シェア・ナウ」は、ダイムラー(当時)が「Car2go」、BMWは「ドライブ・ナウ(Drive Now)」のブランドで事業を展開してきたカーシェアリングサービスを2019年に統合して設立された。本社はベルリンに置く。現在は、欧州の16都市で約1万台の車両を保有しており、約340万人の顧客を抱えている。



一方、ステランティスは、「フリー2ムーブ(Free2move)」のブランドでモビリティ事業を展開している。現在は、米国(ワシントン、ポートランド、デンバーなど)と欧州(パリ、マドリード)でカーシェアリングサービスを提供しており、約200万人の顧客を持つ。「シェア・ナウ」の買収により、顧客規模を拡大し、欧州事業を強化することができる。


ステランティスは、「フリー2ムーブ」の顧客数を2030年までに世界で1,500万人に拡大する目標を掲げている。また、モビリティサービス事業の売上高を2025年までに7億ユーロ、2030年までに28億ユーロに拡大する目標を持つ。


[画像/Adobe Stock 提供元/FBC Business Consulting GmbH]
 

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。