ドイツピックス 更新 2017.04.10 公開 2016.12.07

ドイツメーカー合同でEV車向けインフラ整備、超高性能充電ステーションを来年より設置へ

未だドイツ国内でも販売数が低迷しているEV車(電気自動車)ですが、その原因の一つが充電ステーションの不足などのインフラ問題。

この度、その問題を解決すべくBMWグループをはじめとするドイツ大手自動車メーカー(VWグループ、メルセデス・ベンツ、ダイムラーAG、フォード・モーター・カンパニー、)が高性能充電ステーション設置へ向けてのインフラ整備合同プロジェクト参加を表明しました。



現在、欧州内に設置されているスタンドは50kW~120kW出力の充電能力でしたが、新高性能充電ステーションでは、出力は350kWと大幅にパワーアップ。全てのCCS装備車両への対応が可能になります。初期目標として約400カ所の充電ポイントを早ければ来年より設置開始する予定で、将来的にはアウトバーン沿いおよび交通量の多い一般道にて数千カ所の設置を目指します。

今までは都市部にしか充電スポットが設置されていなかったために、長距離移動が困難であったEV車ですが、アウディ社長・シュタッドラー氏曰く「高性能充電ステーションを使えば、コーヒーブレイクしている間に長距離走行分は十分充電可能」なのだそう。このシステムの提供が、将来消費者がEV車を選択する大きなポイントになることでしょう。

出典・参照元:http://www.auto-news.de/

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。