アイキャッチ画像
車悦

更新2017.05.30

春にオススメ!素敵なドライブがしたくなる「ドライブの必需品」

ライター画像

中込 健太郎

だいぶ冷えますね。もうすぐ3月(※)です。少しは暖かくなってくるでしょうか?これから春先にかけては、三寒四温などと申しまして、暖かくなってくるものの、春一番の後で雪、なんてこともございますので、どうか皆様ご自愛くださいませ。そしてお車でおでかけの際はくれぐれもご注意くださいね。

( ※編集部追記:当記事は昨年2月にメルマガ配信した記事です)



さて、そうはいってもこの寒さは一歩一歩春が近づいてきている証拠です。春になれば自然とお出かけがしたくなるかもしれません。そんなときの準備について今回はご紹介しようと思います。

まず車載用のトランスはぜひ1台用意しておきたいもの。シガーソケットから電源を取る機械です。スマホやデジカメなど、日常的に使う電子機器も増えてきました。目的地に着いたらバッテリー切れ、というのではせっかく思い出を納めることもできないかも。クルマが走っているときにもともと発電はしているのですから、ここで充電すれば無駄もありませんね。

シガーソケットから取ればいいよ、というかたもいらっしゃるでしょう。しかし、モノに寄ってはバッテリーの寿命を縮めたり、容量不足で使えない、なんていうことも。ぜひチェックしておきましょう。ただシガーソケットは注意しなくてはいけません。特に古めの輸入車の中にはエンジンを切ってからさしっぱなしにしておくと、発電機からではなく、クルマのバッテリーから電気を取り続けてしまうものもあります。これを長時間すると次に始動するときに「バッテリーあがり」などということも考えられます。エンジンを切ったら抜いておく。そういう習慣を付けておくことをお勧めします。

シガーソケット経由ではいろいろな商品が出ています。携帯などの充電もでき、バッテリーがあがった際のチャージアップもできるバッテリーパックなども市販されています。これを普段はクルマで常に充電しておきながら、いざ、バッテリーが上がった際の強い見方です。春先など季節の変わり目ではバッテリーあがりもよくあること。出先での救援も簡単にできたり。一台あると大変重宝です。

最近では、車中泊のブームなどもあってか、シガーソケットから給電する方式の湯沸かしポット、電気釜などもあります。おいしい海の幸、山の幸を求めてドライブ、淹れたてのコーヒーが飲めたり、着いた先で炊きたてご飯があったりしたら最高ですよね。そんなに高いものではないので、あると楽しいかもしれませんね。



それ以外では、クーラーボックス、とブランケットはぜひ用意しておきたいものです。エアコンがあるにしても寒暖の差もありますし、ちょっと一枚膝掛けがあると女性や年配の方などには特に喜ばれるものです。私もクルマにはIKEAで購入したブランケットを一枚積んでいます。クーラーボックスは、これも冒頭の「思い出をのがさない」に通じるかもしれませんが、けっこう道すがら美味しいものを売っていたりしますよね。そういうものを安心して買って帰れるようにクルマにはクーラーボックスか、保冷バックの類いは積んでおくことをお勧めします。

この春も素敵なドライブでいろんな出会いがあるといいですね。