輸入車の選び方 更新 2020.11.19 公開 2020.11.19

クライスラーの税金はいくらかかる?各車種ごとに税金を解説

アメリカを代表する自動車メーカーのクライスラー。日本で維持するためには、自動車税、自動車重量税、消費税といった税金が多くかかります。今回は、クライスラーにかかる税金がいくらなのか、おおよその目安がどのくらいなのか詳しく解説。今、クライスラーを所有している方も、これからクライスラーの所有を考えている方も参考にしてみてください。


クライスラーにかかる税金の種類




クライスラーにかかる税金には、いくつか種類があるのをご存じでしょうか。エンジンの排気量によって決まる自動車税、自動車の重量によって決まる自動車重量税など、ここでは日本で自動車に課税される税金について説明します。

自動車税


自動車税は、1年に1回課税される税金です。エンジンの排気量によって税額が変動します。税額は、以下の一覧をご覧ください。

・1.0L以下:25,000円
・1.0L超1.5L以下:30,500円
・1.5L超2.0L以下:36,000円
・2.0L超2.5L以下:43,500円
・2.5L超3.0L以下:50,000円
・3.0L超3.5L以下:57,000円
・3.5L超4.0L以下:65,500円
・4.0L超4.5L以下:75,500円
・4.5L超6.0L以下:87,000円
・6.0L超:110,000円

クライスラーの自動車税は、車種により異なります。小さい排気量の車種は、1.0L以下の区分にあたるイプシロンです。大きい排気量の車種には、6.0L超の区分にあたるインペリアルがあります。日本でも多く流通している300Cは、3.5Lエンジンや5.7Lエンジンを搭載し、自動車税の区分では65,500円~87,000円になります。

自動車重量税


自動車重量税は、自動車の車両重量に応じて税額が変動します。自動車重量税の重量と税額は次の一覧をご覧ください。

・~500kg以下:8,200円
・~1,000kg以下:16,400円
・~1,500kg以下:24,600円
・~2,000kg以下:32,800円
・~2,500kg以下:41,000円
・~3,000kg以下:49,200円

クライスラーのコンパクトカーであるイプシロンは、車両重量が1,090kgであるため、重量税が24,600円です。日本でも出回っている300C HEMIエンジンを搭載したモデルの車両重量は、1,890kgのため32,800円の重量税がかかります。また、同じ車種であっても、グレードや装備により重量が変わり、重量税の区分が変わることもあるため、車選びの時には、車両重量にも注意が必要です。

環境性能割


環境性能割は、2019年10月1日から導入された減税制度です。消費税8%から10%への増税と同時に「自動車取得税」が廃止され、代わりに「環境性能割」が導入されました。これまでの「自動車取得税」は、普通車登録の車の場合、取得価格に対し一律3%の税額が課せられていました。

一方、「環境性能割」は環境性能が良い車の税率が軽減されます。電気自動車やハイブリッドカーは、環境性能が高いため税率が0%です。その他は、燃費基準の達成度に応じて、取得価格に対し1%~3%の税率で課税されます。

クライスラーは、かつてエコカー減税対象モデルもラインナップしていました。しかし、多くのモデルに大排気量エンジンを搭載していることから、環境性能割が適応されにくいメーカーと言えます。

消費税


消費税は、消費に課される税金で、1989年4月1日に初めて導入されました。導入当時は3%でしたが、1997年4月1日に5%へ引き上げられ、2014年4月1日に8%となり、2019年10月1日に10%へ段階的に税率が引き上げられています。クライスラーの車両本体価格は、高額な車種が多いため、1%の増税であっても数万円の価格上昇を避けられません。また、中古車であっても税率が変わらないため、クライスラーを購入するときは、消費税の計算も忘れないようにしましょう。

クライスラーの種類ごとにかかる税金




ここからは、クライスラーの車種ごとに税金がどのくらいかかるのかを解説します。掲載している「自動車税」と「自動車重量税」は、各車種における最も小さい排気量のエンジンおよび車両重量のデータを元にした金額です。グレードやオプション装備によって、エンジン排気量や車両重量が変わるため、税率が高くなります。

詳しいエンジン排気量や車両重量は、各モデルの詳細スペックをご覧ください。また、クライスラーは、先述した環境性能割に当てはまる車種がありません。そのため、新車でも中古車でも取得価格に対し3%の税率で課税されます。

アクレイム


クライスラー アクレイムは、1989年から1994年に欠けて製造・販売された4ドアセダンです。日本では「クライスラー」ブランドとして販売されていましたが、アメリカ本国では「プリムス」ブランドとして発売されています。エンジンは、2.5L~となっており、車両重量が1,262kgです。

自動車税:43,500円以上
自動車重量税:24,600円以上

イプシロン


クライスラー イプシロンは、5ドアハッチバックのコンパクトカーです。フィアットグループの傘下になった後にリリースされたモデルであるため、ダウンサイジングターボエンジンを搭載しています。エンジンは、0.9L~となっており、車両重量が1,090kgです。

自動車税:25,000円以上
自動車重量税:24,600円以上

インペリアル


クライスラー インペリアルは、1955年から1983年まで製造していたラグジュアリーカーです。年式やグレードによって搭載エンジンや車両重量が大きく異なります。クライスラーの高級モデルであるインペリアルのエンジンは、3.3L~となっており、車両重量が1,580kgです。

自動車税:57,000円以上
自動車重量税:32,800円以上

クロスファイア


クライスラー クロスファイアは、2003年から2008年まで製造・販売していたコンパクトスポーツカー。メルセデス・ベンツ SLKをベースに作られています。エンジンは3.2Lとなっており、車両重量が1,400kgです。

自動車税:57,000円以上
自動車重量税:24,600円以上

グランドボイジャー


クライスラー グランドボイジャーは、1996年から製造・販売を開始したミニバンです。日本にも正規導入されました。エンジンは、3.3L~となっており、車両重量が1,870kgです。

自動車税:57,000円以上
自動車重量税:32,800円以上

ストラトス


クライスラー ストラトスは、1995年から製造・販売を開始した4ドアセダンです。日本では「クライスラー」ブランドで発売していましたが、アメリカ本国では「ダッジ」ブランドで販売していました。エンジンは、2.5L~となっており、車両重量が1,420kgです。

自動車税:43,500円以上
自動車重量税:24,600円以上

ネオン


クライスラー ネオンは、1994年から製造・販売を開始したコンパクトサイズのセダンです。日本の道路でも扱いやすいサイズが特徴で、日本にも正規輸入されました。エンジンは2.0Lで、車両重量が1,190kgです。

自動車税:36,000円以上
自動車重量税:24,600円以上

バイパー


クライスラー バイパーは、1991年から製造・販売を開始したアメリカンマッスルスポーツカーです。初代のみ日本に正規輸入されました。エンジンは8.0Lで、車両重量が1,590kgというモンスターマシンです。

自動車税:110,000円以上
自動車重量税:32,800円以上

300


クライスラー 300は、2004年から製造・販売している4ドアセダンです。日本でも馴染み深いモデルで、クライスラーの代名詞ともいえる存在。エンジンは、3.6L~となっており、車両重量が1,880kgです。

自動車税:65,500円以上
自動車重量税:32,800円以上

300C


クライスラー 300Cは、クライスラー 300の上級モデルです。本来の300Cは、5700ccのHEMI(ヘミ)エンジンを搭載しているモデルのことを指します。ただし、日本では3604ccエンジン搭載のモデルも300Cを名乗っています。エンジンは5.7Lで、車両重量が1,890kgです。

自動車税:87,000円以上
自動車重量税:32,800円以上

300M


クライスラー 300Mは、1999年から2004年まで製造・販売された4ドアセダンです。流麗なフォルムであるため、4ドアクーペとも呼べます。エンジンは3.5Lで、車両重量が1,670kgです。

自動車税:65,500円以上
自動車重量税:32,800円以上

PTクルーザー


クライスラー PTクルーザーは、2000年から2010年まで製造・販売していたコンパクトサイズのハッチバックです。長めのボンネットを持つ独特なスタイルで、日本でも多くのファンを獲得しました。エンジンは2.0L~となっており、車両重量が1,450kgです。

自動車税:36,000円以上
自動車重量税:24,600円以上

クライスラーの税金を抑える方法




クライスラーの税金を抑えたい方は、月初に購入しましょう。自動車税を納めるタイミングは車の登録時です。また、税額は月割り計算のため、登録日が月末でも1ヶ月分の税金を請求されます。

クライスラーの税金が高くなったら売却も検討しよう


クライスラーの税金は、年数が経過すると自動車税と自動車重量税が高くなります。初度登録から13年以上経過した車種に関しては、自動車税が約15%、自動車重量税が約50%も重課となってしまうのです。エンジンの排気量が大きく、車両重量が重たいクライスラーは、新車登録から13年以上経過した途端に、税金が急激に高くなります。税金が高額になり、維持していくのが難しいときは、売却も検討しましょう。

クライスラーを高く売るなら外車王


クライスラーを高く売りたいなら、外車王がおすすめです。外車王は、外車に特化しており、クライスラーの買取を得意としています。年数が経過したモデルや、並行輸入車でも、クライスラーの価値を高く評価できるのは、外車専門の買取をしている外車王ならではです。

税金を踏まえて購入・売却を検討しましょう


クライスラーの税金は高額です。エンジンの排気量が大きく、車両重量が重いため、日本の税区分に当てはめると、税金が高額になるのは避けられません。クライスラーを購入するときは、税金を含めた維持費の計算を忘れないようにしましょう。また、初度登録から13年以上経過しているクライスラーの購入を検討している場合、税金が重課されることも忘れてはなりません。

[ライター/外車王SOKEN編集部]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。