ドイツ現地レポ 更新 2016.01.21 公開 2016.01.21

雨模様のドイツの街並みに佇む1台のアメ車。イエローのシボレーSSR

アメリカのクルマを所有したことがなく、実はかねてから一度一緒に暮らしてみたい。そんな憧れは持っているのです。もちろんコルベットやキャディラックなど、ゴージャスな雰囲気を持ったものもいいですが、ピックアップトラックや、普通のセダン、ワゴンなんかも悪くないのでは。ボディ大きいですが、肩肘張らず乗れる、けっして高級車ではないキャラクター。最近の日本車の価値感からすると、一番対極にあるかのようなクルマ。むしろ、ヨーロッパ車よりもよほど個性的な存在なのではないか。そう思うことすらあるのです。

その点、シボレーSSRというクルマは隅に置けないのです。古き良きアメリカのクルマが持っていた勢い、アメリカの風土が育んだ独特のピックアップトラックというカテゴリー、といよりはスタイル。それをモダンにまとめあげているのですから。はじめは「いたずらが過ぎる」のではと思ったものですが、慣れてくるとなかなか粋だ、とすら思えるようになってきました。

10460255_827327480707747_8153571705911073598_n

そんなシボレーSSRの写真が届きました。ファイルを開けた瞬間思わずはっとしてしまいました。そのボディが目の覚めるような黄色。個人的にはスーパーカーやスポーツカー、最近のはやりでもある、マットペイントや華やかさを装う色もいいものですが、やはり原色系の鮮やかな色がよく似合うと思うのです。感覚としてはそれに近いもの。そして、それがドイツの写真です。どうでしょうか、ドイツでのアメリカ車という印象が個人的にはかなり新鮮、というか衝撃的なもののように感じられたのです。

そして忘れては行けないのがSSR、スーパースポーツロードスターの略だそうで、ルーフが開閉すること。ロードスターを関するクルマはなかなか荷物が積めない場合が多いのですが、このクルマならば大丈夫。現在荷物が積めるクルマが無く、ついつい他のものに気持ちが動いてしまう今の筆者の状況もあって、この選択肢はまさに「その手もあるな」と思わせてくれる一台。しかし、日本で乗るには少し大きいかもしれませんね。

11233775_827327504041078_4017515118142220396_n

シボレー・トレイルブレイザーEXTがベースとなっていて、4輪駆動はなく、後輪駆動のみのラインナップとなります。当初はV型8気筒5.3Lエンジンを、そして2005年モデルは6代目シボレー・コルベットや4代目ポンティアック・GTOにも搭載された、V型8気筒6.0Lエンジンを搭載していました。もう完全にスーパースポーツカーといってよいでしょう。

日本でも、そしてドイツでも絶対生まれなかったであろうアメリカンスタイル。かつてのエルカミーノではないですが、極めて乗用車的ではあるトラック。そんなSSRは2000年代の忘れるわけにはいかない名車と言っても良いかもしれません。

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み