コラム 更新 2020.08.19 公開 2016.09.13

ジウジアーロが手掛けた457台のイタリアとドイツの混血児、BMW M1

BMW M1が誕生したのは1978年。E26というコードネームを与えられ、BMWが世に放つスーパーカー(といってよいのではないかと思う)は、どのようにして創られていったのでしょうか?

ジウジアーロがスタイリングを手掛けたBMW M1




BMWといえば、スポーティなイメージは強いけれど、スーパーカーのイメージとはいい切れない点はいまも変わらないように思います。BMW i8もスタイリングこそスーパーカー然としていますが、ある種の凶暴さや狂気めいたような、毒気が感じられないようにも見えます。どちらかというと、スマートさや都会的な雰囲気漂うイメージです。

BMW M1 全長×全幅×全高:4360x1825x1140mm

BMWは、当初からランボルギーニとの共同プロジェクトでM1の開発を模索していました。しかし1970年代前半という時代は、折しもオイルショックとランボルギーニ社の経営不振が重なり、BMWとしても独自にM1を開発せざるを得ない状況。当時のランボルギーニ社は、あのカウンタックシリーズを世に送り出し、ウラコを発表していた時代。華やかな裏側で、苦しい現実と向き合っていた一面があったのです。

結果としてBMW M1のデザインを手掛けたのは、イタリアのカロッツェリアであるイタルデザイン社。そしてジョルジェット・ジウジアーロでした。M1のデザインおよび設計、フレームの組み立て、ボディパネルの製作および組み付けにいたるまでが、イタルデザイン社の範疇となったのです。

ドイツとイタリアの混血児、BMW M1


デザインを含めた外装はイタルデザイン社、つまりイタリアで仕立てることになり(ホイールもカンパニョーロ製)、内装の組み付けていました。

BMWにとってキモとなるBMW M社(モータースポーツ社)ストレート6エンジンなどの搭載はドイツのバウル社が担当しています。完成車のセッティングをBMW M社が担当…という、非常に手の込んだ工程を経て、ようやくBMW M1が完成するのです。

レーシングエンジンのストレート6を心臓部に持つ BMW M1


BMW M1の3.5L 直列6気筒DOHC24バルブエンジンは、レーシングカーの血統を受け継ぐものです。BMW3.0CLSのものをベースにリファインされたエンジンのパワーは277ps/6500rpm。グループ4仕様のエンジンは470ps、さらにグループ5仕様(ターボ)は800psオーバーというスペックを持ち合わせていました。

BMW M1のワンメイクレース車両として仕立てられたM1プロカーは、楚々とした佇まいのM1を獰猛なレーシングマシンへと仕立てた例といえるでしょう。

BMW M1は、発表からわずか3年で姿を消すことに


難産の末、1978年のパリサロンにおいてBMW M1はデビューを果たします。当時のグループ4カテゴリーに参加するためには、2年間のあいだに400台以上を生産することを課せられていました。結果としてその条件をクリアすることはできましたが、時代が味方しなかったのか、タイミングを逸したのか、ロードカーの販売面においてもレーシングバージョンの戦績においても目立った成績を残すことができず、発表からわずか3年後の1981年に457台という限られた生産台数を世に送り出し、ひっそりと表舞台から姿を消したのです。

しかし、BMW M1が後世に残した足跡は偉大なものであることは間違いありません。BMW M3やM5など、長きに渡りモデルチェンジを重ね、そのモデルごとに熱心なファンが存在しています。たとえBMW M1が誕生していなかったとしても、通常のモデルでは飽き足らないユーザーの心を満たすスポーツモデルが誕生していたことは間違いありません。しかし、Mモデルのどこかに、レースの気配が感じられるのはBMW M1というクルマがあったからこそ、なのです。

[ライター/江上 透]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。