アイキャッチ画像
ドイツニュース

更新2022.05.03

BMW、独ソフトウエア会社に資本参加

ライター画像

外車王SOKEN編集部

独自動車大手のBMWグループは26日、ミュンヘンに本社を置くソフトウエア会社Kinexonに少数株主として資本参加すると発表した。両社は長期に渡り協力関係にあり、自動車生産工程のデジタル化に寄与するソフトウエアプラットフォーム「IPS-i」を共同開発した。BMWグループは、ベンチャーキャピタル子会社のBMWアイベンチャーズ(BMWi Ventures)を通して出資する。出資額などの詳細は公表していない。



「IPS-i」は、さまざまな測位技術(RFID、UWB、RTLS、GPS)によりリアルタイムの位置情報を収集し、生産工程のデジタルツインを作成することができる。このデジタルツインを活用して、多数の部品を取り扱う複雑な生産や物流のプロセスを高度な精度で制御(監視、自動化など)することができる。BMWグループは2017年から「IPS-i」を導入しており、これまでに世界の10工場で当該プラットフォームを採用している。


Kinexonのシステムは、サッカーやバスケットボールなどスポーツ界にも採用されており、アスリートの動作データの分析などに活用されている。


[画像/BMW 提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。