アイキャッチ画像
ドイツニュース

更新2022.06.07

BMW、中国で電池リサイクル確立

ライター画像

外車王SOKEN編集部

独高級乗用車大手のBMWは5月25日、中国子会社BMWブリリアンス・オートモーティブ(BBA)が廃電池のリサイクルを確立したと発表した。中国は世界最大の電動車市場で、今後は大量の廃車から使用済み電池が回収される見通し。BMWはこれを有効活用することで、バージン資源の節約、二酸化炭素(CO2)の排出削減、コスト削減を図る意向だ。



廃電池からニッケル、リチウム、コバルトを取り出し、新たな電池に投入。これを自社モデルに搭載する。リサイクル原料を使うとバージン原料に比べCO2排出量を70%減らすことができる。BMWの中国事業統括責任者は「有限資源の不足の加速と原料価格の上昇を踏まえると、リサイクル経済を促進し、再生材料の比率を高め、(バージン)原料への依存を引き下げることは特に重要だ」と述べた。


中国では電動車市場の急速な拡大が2015年から続いている。使用済み車載電池の量は25年までに78万トンに達する見通しだ。


[画像/BMW 提供元/FBC Business Consulting GmbH]

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています

外車王SOKENは輸入車買取No.1の外車王が運営しています
輸入車に特化して20年以上のノウハウがあり、輸入車の年間査定申込数20,000件以上と実績も豊富で、多くの輸入車オーナーに選ばれています!最短当日、無料で専門スタッフが出張査定にお伺いします。ご契約後の買取額の減額や不当なキャンセル料を請求する二重査定は一切ありません。