イベント 更新 2020.08.09 公開 2020.08.09

コロナ禍におけるささやかな喜び!オートモビル カウンシル2020現地レポート!

イベントレスになりかけていたみなさま、お待たせいたしました!!

去る7/31(金)~8/2(日)、幕張メッセでは『オートモビル カウンシル2020』が満を持して開催されました。

実はこのイベント、本来ならば4月の上旬におこなわれる予定だったのですが、緊急事態宣言の影響によりやむなく延期…。

ですが主催者さまの並みならぬ努力により、自動車ファンのみなさまへ眼福の好機が与えられたのです!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

厳重な感染拡大対策をもっての開催



連日のニュースでも騒がれるように、まだまだ終息とは程遠いと思しきコロナ禍。
開催には賛否両論あったことかとお察ししますが、会場ではしっかりと感染拡大対策がとられておりました。

主な内容としては
・人数制限
・体温測定
・来場者情報の登録(千葉市コロナ追跡サービス)
・マスク着用および消毒の徹底
・ソーシャルディスタンスの指示
・来られなかった人へ向けたオンライン展示会の配信

当日はなにひとつ抜かりなく、告知されていたガイドライン通りの対策!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

入場・再入場のたび、非接触型と顔認証式2つの検温をパスしなければなりません。

場内各所に消毒液が設置され、入場者数制限の効果もあり、ゆったりと見学することができました。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

心配していた“密”な状況はほぼ皆無。

色褪せない旧車の数々と、今をときめく最新車両たち



さて、この『オートモビル カウンシル』、単なる展示だけではなく、実際に販売されている車両を見て、その場で商談することができる催しです。
国内メーカーやインポーターをはじめ、その他たくさんのヘリテージカー販売店が、この日のために選りすぐりのクルマたちを並べて来場者をお出迎え!
それらの中から気になるラインナップをご紹介いたします!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

まずはこちら!“60年代ルマンカーの凄みと美しさ”と銘打たれた主催者テーマ展示。1963年式アルピーヌ M63(青)と1966年式イソ・グリフォ A3/C。こんなクルマが国内にあるというだけでも驚きですね!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

マクラーレンからは最新のGT(奥)と、ジャパンプレミアとなった620R。本邦初公開ではありますが、すでに国内分はSOLD OUTなのだとか…。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

SUVもハイテク化が止まりません。ジャガー I-PACE HSEとランドローバー レンジローバースポーツPHEV。ともに充電中スタイル。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ひところよりは落ち着いたプライス…??ナロー、964ターボ、996カレラ4Sなどなど。ちなみに912(黄)は1千万円ぴったりでした!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

やっぱりステキ…ダラーラ ストラダーレさま。買えないけれど、コスパ的には優秀だと思います。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

アストンマーチン ヴァンテージV550。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

シトロエン車種のレア度もさることながら、この並んだカラーリングがなんともフレンチテイストで可愛らしいと思いませんか?DS顔のID(左)と2台のCX、オレンジ色はGS。すべてブレークスタイル。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

勇ましいランチア フルビア。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ノイエクラッセ顔が愛嬌たっぷり!BMW 2002と3200CS。ちなみに会場では“オートモビル カウンシル カーオブザイヤー”のアンケート投票がおこなわれていたのですが、なんとこちらの3200CSがみごと受賞!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

スバッロ BMW328。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

この日かなりマイノリティだったアメ車。1956年式シボレー コルベット。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

エボバンパーがド迫力(笑)。メルセデスベンツ 190E EVO1(奥)とEVOルック(手前)。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

フェルディナント・ポルシェ博士が基本設計をおこなった1936年式メルセデスベンツ 170H。中央のライトが鼻のようでおちゃめ!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

300SEラング。吉田元首相が愛用されたのだとか。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

190SLがなにゆえカプセルに?!どうやら現在ヤナセクラシックカーセンターにてレストア中の子なようです。早く元気になってくれるといいですね!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

こちらのフォルクスワーゲン TYPE1は、国内取り扱いを検討するにあたり、サンプル輸入された4台のうちの1台!その希少性ゆえか、販売車両ではなく“参考出品”でした。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ホワイトとメタリックブルーのツートンで洗練された雰囲気のミニ。イギリスのコーチビルダー、デビッド・ブラウン・オートモーティブ製。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ヒストリックボルボといえば、やはりP1800やアマゾン。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

バリエーション豊かなフォルクスワーゲン ゴルフI。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ずらっとブリット!左からロータス エキシージ、エランSr3、MG TA、モーガン 4/4。トヨタ(ヤマハ)製2ZZエンジンを積んだロータスは10年落ちでもなかなか値崩れする気配がありません。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

1977年式フェラーリ 308GTB。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ブリストル製エンジン搭載のAC グレイハウンド。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ベック社が手がけたポルシェ 904のレプリカ、ベック GTS。エンジンを覗く人続出!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ポルシェ 911T 3.3RSRターボG50。布張りになったレカロとおそろいのトランクが乗せてありました。個人的に驚いたのは、ボンネットのロック部分もゴールドになっていたこと!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

プジョー 406クーペが2台。ちょっと欲しいと思ってしまった…。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

1991年式ランドローバー 初代レンジローバー with クマちゃん。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

3代目と2代目のレンジローバーたち。世代を追うごとに角が取れた感はありますが、それでもガラッと雰囲気を変えてきた現行モデルと比べると、いわゆる四角いレンジだなと思えます。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

こちらも3代目ですが、丸目なノスタルジックスタイル。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ジャガー E-TYPEとランチア ストラトス。こちらは販売車両ではありませんが、撮影用などのレンタル事業に使用されているのだそう。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

1927年式ランチア ラムダ!!実物を見たのは初めて!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

狭いブースにしれっとフェラーリ F40がいてあせりました…。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

1968年式マセラティ メキシコ4.2。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

9/26(土)から名古屋市の“アウトガレリアルーチェ”で開催される企画展の紹介コーナー。脇田ボディ製オースチン7。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

会場一大きなブースを構えたマツダでは、絶好調の現行型ロードスターとともに往年の名車がズラリ。コスモスポーツ、サバンナRX-7、ファミリア、R360など。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

ホンダ S800。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

WRCの優勝車、トヨタ セリカGT-FOUR ST165。

取材後記 ~コロナ禍におけるささやかな喜び!~



ダイジェスト的に気になるクルマをご紹介してまいりましたが、いかがでしょう?
幸い(?)実印の出番が来なくて済んだことには安堵しました(笑)。もしもお値打ち価格でプジョー205GTIが出展されていようものなら危なかった…!

こんなご時世なので、クルマイベントとしてはちょっと寂しく閑散たるものとなりましたけど、さすがは紳士的と名高い『オートモビル カウンシル』なだけあって、来場者さんたちのマナーも素晴らしく、ソーシャルディスタンスを保ちながら安心して見学することができました。

ポジティブに捉えれば、空いていたからこそじっくり名車を愛でることができたのですね!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

各所に配置されたアルコール消毒液は、ヤナセさんが提供してくださったそうです。

ちょっと心残りなのは、マスクがあるとは言え、積極的に出展者さんたちへインタビューすることに躊躇してしまった点。

今年は秋以降の催しも中止のお知らせが相次ぎますが、今回この『オートモビル カウンシル2020』の感染拡大対策が功を奏せば、いずれ新しい生活様式の中でイベントを楽しめるようになる日がやってくるかもしれません。

主催者さまおよび現地スタッフのみなさま、ささやかな楽しみを提供してくださり感謝です!!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

場内マルシェブースにもMG T-typeなど車両展示が潜んでいました。アパレル、ケミカル類、カタログなど、お宝さがしに励むのもまた一興。

[ライター・カメラ/細谷 明日葉]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。