輸入車リセール事情 更新 2020.09.10 公開 2020.09.10

ポルシェのリセールバリューはいかに!なぜポルシェはリセールが高いのか

スポーツカーの代名詞、「ポルシェ」は代表的モデルの911を始め最高の走行性能を備えることで、輸入車オーナーの中でも最も満足度が高いブランドです。最近では「ボクスター」や「ケイマン」、SUVモデルの「カイエン」や「パナメーラ」など多彩なモデルがラインナップされており、いずれも高い人気を誇っています。そんなポルシェのリセールバリューはどうなっているのでしょうか。そして、処分するにはどんな方法があるのでしょうか。

リセールバリューが重要な残クレ(残価設定型クレジット)




「残クレ(残価設定型クレジット)」という購入方法が浸透し初めています。3~5年後の下取り額をあらかじめ購入価格から差し引く方法で、数百万円、あるいは一千万円も超えるポルシェを買うときに活用する人が多いのが「残価設定ローン」です。毎月の支払い額を抑えることができ、購入時に多額の頭金を用意する必要もないため、誰でも気軽に新車を購入することができる新しいカタチの購入プランが「残価設定ローン」です。

輸入車の個人オーナーの多くがこの残価設定ローンを利用しており、ディーラーでは残価設定ローンをすすめてワンランク上の車を購入することをすすめることもあります。残価設定ローンを組むと数年後に車を買い替えすること可能性がああるため、ディーラーにとっても残価設定ローンのメリットは非常に大きいのです。

多額の頭金を用意する必要もなく、毎月の支払額を減らせる残価設定ローンを利用するために最も重要なことは購入する車の残価率です。残価率はあらかじめメーカーが設定しているもので、これは中古車になったときの相場によって大きく変わります。3~5年後の中古車の相場を知ることはプロでも非常に困難であり、そのため3か月ごとに残価率を改訂しているメーカーもあります。

輸入車のリセールバリューは?


リセールバリューは“中古市場での人気度を表した指標ともいえ、リセールバリューが高い車種は価値が値落ちにくいということで、下取りや買取りでの売却額が高く非常に経済的ということになります。輸入車は人気があり、国産車よりも高価であることから、高く売却できるイメージを持つ方が多いかもしれません。しかし、実際には車種によっては国産車のほうがリセールバリューが高いということもあります。

関連記事:リセールバリューが高い外車メーカーTOP10ランキング

日本のユーザーの多くは輸入車にプレミアム感を求めていて、最新モデルの新車にはそのプレミアム感とステータスを感じる人が多いのですが、モデルが古くなる中古の場合はそれほど魅力を感じないのです。例外として特別な実用性が高いモデルや限定モデルを除けば、多くのモデルは3年程度で35~40%の価値になってしまい,国産車と大差とないリセールバリューになってしまいます。

一部の輸入車のリセールバリューが低い原因


外車のリセールバリューが低いと言われる理由についてもう少し深く調べると、次の要因が大きく影響していると思います。まずは「外車は故障しやすい」ということ。安全性や信頼性が重視される日本では、走行性能やデザイン性に重きを置く欧米メーカーの車に対して、壊れやいという評価になりやすい傾向があります。また買取店では、消耗品故障の多い外車はリセールバリューが低くなりやすい特徴を持っています。最近では国産車や外車でも同じエンジンが使われていたり、国産車そのものが海外で生産されるなどして、そのようなイメージもうすれつつありますが、中古車になるとまだ呼称しやすいという評価は払拭されていません。

また、故障したり消耗品を交換する場合、「部品代が高い」という ネガティブな特徴がリセールバリューの低い外車にはあります。これに対して、高いリセールバリューを維持するメーカーには、高い維持費を問題視しない富裕層向けのブランドもあります。ポルシェなどはその代表格で、メーカーや代理店の企業努力により、輸入車全般の消耗品の劣化や故障が減少傾向にあり、股間部品の供給やメンテナンス体制も国産車に引けを取らない水準となっています。

しかし、ユーザーにとっては、ディーラー網、特に高い水準のメンテナンスを行える整備工場を持つ店舗が国産車に比べて圧倒的に少なく、故障したら大変というイメージは常につきまろっています。

ポルシェは値落ちしやすいのか


ところが、ポルシェにはこれが当てはまりません。前述のとおり、一部のモデル以外は、輸入車はリセールバリューが下がりやすい傾向にあるのですがポルシェに限ってはニーズが常に安定しています。世界に名だたるスポーツカーメーカーであるポルシェは、これまで多くの名車を輩出してきており、中古車においても高い人気を誇っています。911シリーズを例にとると、最高水準の走行性能を持つ現行モデルはもとより、歴代のモデルにも多くのファンがおり、古ければ古いほど値が付くなど、通常の輸入車にはないカリスマ的なリセールバリューを誇っています。そして、他の「ボクスター」や「ケイマン」、SUVモデルの「カイエン」や「パナメーラ」といったモデルも非常にン気が高く、専門家の評価も高いために911に負けず劣らず高いリセールバリューを誇っています。

ポルシェのリセールバリューが高い理由


ポルシェは輸入車の中でも最も満足度が高いブランドです。「最良のポルシェは最新のポルシェ」という言葉があるように、純粋に進化を続けているのも魅力の一つですが、クラシックポルシェと呼ばれる60年代70年代のモデルでも価値が高く、今の時代の最新でなくても、それぞれの時代においての最新、最良であることもポルシェの価値を高めています。

そんな歴史に裏図けされたポルシェのブランド力のすごさは、SUVモデルの「カイエン」などにも表れており、他のSUVに対して高価格であっても「ポルシェ」であることで大ヒットしてしまう効果があります。これは中古車であっても同じで、買取業者も人気があれば当然高く買い取ることが可能になり、リセールバリューが上がることになります。極端な例では、もう動かなくなって外観も錆びだらけになった国産車は値が付かなくても、ポルシェならレストアすれば必ず売れることから高値で売却が可能だったりすることもあります。

参考:ポルシェのリセール価格についてはポルシェの買取専門ページをご覧ください!

ポルシェを高値で買い取ってもらうには


査定する側の身になれば、綺麗な状態の車の方が印象が良いのは当然です。車の外だけでなく、室内もきれいに掃除してあると、大事に使っていた車だという事が伝わり、なるべく高く買い取ってあげたいという気持ちになるはずです。また、それ以前に最低限の礼儀でもあります。

だからといって査定額が高くなるというわけではありませんが、オーナーの車に対する思い入れや、大切に乗られてきた車だと感じると、状態が良い車だという判断材料の1つになります。普段見えなくて掃除したこともないトランクルームやカーぺットの下、そしてエンジンルーム等も清掃することが大切で、シートのシミなども出来るだけ取っておくことがポイントとなります。

また、傷やへこみなどがあったら隠すよりも正直に伝える方が良いでしょう。隠したりすれば「谷も不具合があるのでは?」と疑われます。相手はプロですから隠すのは無駄です。また、査定に出すからと、傷やへこみをDIYで自分でペイントしたりするのも逆効果です。素人仕事ではかえって大きな減点につながります。

ポルシェはどこで売ればいいのか


リセールバリューの高いポルシェですが、国産車を専門に扱う買取業者にや、ポルシェ以外のディーラーに持ち込んでも良い結果にはなりません。ポルシェ独自の細かな仕様の違いや、年式による改良点などが正しく判断できないため、一般的なオークション価格にならざるを得ないからです。一番わかってくれるのが外車を多く取り扱う専門店です。メーカーオプションなどの純正パーツはもちろん、純正以外のパーツが取り付けられていても、その価値を正しく評価してくれるので、ポルシェを高価で売却するには最良の方法になります。近くにそのような業者が見つからない場合や、不動状態でも、無料見積もりサイトを利用することで、近くの最適な業者が見つかり、無料で出張査定をしてくれるところもあります。

ポルシェはリセールバリューが高いからこそ買える!


新車でも中古車でも購入しようとしている人にとって、ポルシェは安い買い物ではありません。しかしリセールバリューが高いことで、次に乗り換える際にはその買取額の高さで納得するはずです。また、リセールバリューが高いので「残クレ(残価設定型クレジット)」が他車よりも有利な条件になるのもポルシェの良いところです。貴方も高嶺の花・・とあきらめずに、憧れのポルシェのオーナーになりませんか?

[ライター/外車王編集部 画像/写真AC]

新着記事

オススメ記事

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 専門店1社が査定

    高く売りたいなら
    ディーラーより
    買取店

  • 買取実績5000件以上

    しつこい電話が
    イヤなら一括査定より
    専門店

  • 二重査定一切なし

    二重査定一切なしの
    丁寧対応!安心して
    ご売却が可能

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

買取・無料査定のお申し込み

⇒お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。