キング of ピッコロフェラーリ!フェラーリ F355スパイダーの魅力に迫る!

こんにちは。外車王スタッフです。思う存分(?)フェラーリに触れられる…この仕事ならではの役得です。今回はV8フェラーリの名車、「F355 スパイダー」をご紹介させていただければと思います^^

F355 スパイダー。色あせない名車の魅力はどこにあるのか?ズームイン!

黄色の車が2台♪太陽のように輝きをはなっています♪今回は、右側の355スパイダーのご紹介です!
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

フェラーリのというと「赤」すなわち”ロッソ”のイメージが強いです。実は赤色はモータースポーツのイメージカラーで、フェラーリのコーポレートカラーは「黄色」すなわち”モデナ”なんです。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

別名”カナリアイエロー”とよばれる正式名称”ジアッロ・モデナ”、見慣れない鳥がうつっているのは偶然でしょうか?
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

イエローのボディカラーが美しい、フェラーリF355スパイダーです。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

純正ホイールの素材はなんとマグネシウム!見掛けによらず非常に軽量なつくりで走行性能の向上に一役かっています。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

定番チューンの1つである”チャレンジグリル”に換装されています。見た目がレーシーになるだけでなく、エンジンルーム内の熱気を積極的に逃がしてくれるので、機能面もばっちりのおすすめカスタムです!
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

マフラーは通称”イトレー”のご存知イトーレーシング製に交換されています。快音過ぎてトンネル内ではにやにやがとまらない1品です。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

エンジンフードのルーバーが非常に美しいです!反面、エンジンの熱量がいかにすごいかおわかりいただけますね。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

エンジンはO/H済みでぴかぴかの状態でのお預かりとなりました!
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

定番の内装の”ベトツキ”もなく、室内はご覧の通り綺麗です!ブラックレザーの状態も良好です。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

そして極めつけは人気の6MT車。センターコンソールもベトツキなしで綺麗です。
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

シンプルなアナログメーターがとてもおしゃれです♪
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

イエローのボディーカラーが美しい跳ね馬さんは、あっという間に次のお客様のところへと旅立って生きました…
こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

中古のF355 スパイダーは雨漏りするって本当?やっぱり故障しやすいの?

まず、雨漏りに関してですが、GTS(タルガトップ)とスパイダーに限ってはやはり起こしやすいでしょう。一般的に後期といわれるXRシャーシのお車でも約20年前のお車ですから、車両の状態にはこだわりたいですね。機関系だけでなく、ゴム系のパーツを変えたり、幌を張り替えたりすることも大いに有効かと思います。

こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

しかしながら、そこまでしていただいていたとしても、雨漏りすることはどうしてもあるんです…解決策としては、雨の日にはなるべくのらないこと!正直なところこれにつきます。一般的にF355以降は劇的に故障が少なくなったといわれますが、これはきちんと予防整備をしたりもともとの状態にも左右されるので、一概にいえないところではあります。

メジャーな故障箇所としては
・ソフトトップの油圧シリンダ、パワーウインドウレギュレータ、オルタネータ、ウォーターポンプ、エグゾーストセンサなど、油圧系統、電気系統が弱いです。
・タイミングベルト切れ→理想では車検毎に交換がベスト!ただしF355はエンジンを下ろさないと交換できないので、エンジンの脱着だけでも約30万円前後かかるので、ほか整備も合わせておこなうのが理想です。
・クラッチO/H→特にF1はMTよりもクラッチの減りが早いので、状態次第で10000km前後の交換が理想です。
・ラジエターなど水周りに注意!→F355はやはりエンジンの熱がすごいので、チャレンジグリルにしたり、渋滞になるべくはまらないようにするなど、水温が高温になる状況をさけるのがベターです◎
・エキゾーストマニホールド、マフラーなど排気系のクラック→だからといって全開走行ばかりもNGです。笑

こんなクルマを買い取らせていただきました!(フェラーリF355スパイダー編)

大きいトラブルはこのあたりかと思いますが、やはり小さいトラブルを含めるとまだまだたくさんあります。この時点で所有するのが大変…と思われるかたは、なるべく整備の行き届いた固体を購入されることをおすすめします(その分お値段は高くなりますが、確実にトラブルのリスクは減ります)。結局のところ、このトラブルとどう向き合っていけるかが、F355 スパイダーに限らず車を維持していくのに大事だと思います。また、フェラーリは輸入車専門の整備工場でも入庫拒否されることがしばしばありますので、安心できるように主治医をみつけておくことが、一番心強い解決方法かもしれません。

フェラーリ F355 スパイダーについて最後に

高価格帯のハイパフォーマンスカー、古いお車、流通量の少ない特殊なモデルなど、外車買取専門店の精通した知識がないと、その価値は分かってもらえません。大切にしてくれる次のオーナーへの橋渡し役としてご提案させていただきます。

ご売却をお考えのオーナー様は、ぜひ外車王までお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
・外車王フリーダイヤル:0120-1960-35
・査定依頼フォーム:https://www.gaisha-oh.com/general/

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア