まだ間に合う?フォルクスワーゲンのリセールバリューを知るメリットとは

輸入車の中でも長年に渡り高い人気と販売台数を誇るフォルクスワーゲン。日本では輸入車の中でもゴルフをはじめとする身近なモデルの数々をラインナップするメーカーとして知られており、走行距離や年数を重ねても劣化が少なく丈夫であるという安心感が多くのユーザーを魅了してきました。そして同時に高いリセールバリューを持つ車種となっています。そこで、今回はフォルクスワーゲンが輸入車の中でもリセールバリューが高いという理由を解説します。

輸入車のリセールバリューが低いと言われる所以とは

フォルクスワーゲン イメージ画像1

車の購入方法に通常のクレジット払いの他に、「残価設定型クレジット」という支払方法があります。3~5年後の下取り額を、あらかじめ購入価格から差し引いた額を分割払いすることで、月々の支払いが楽になるという事で、最近急速に広まりを見せており、ほとんどのメーカーが「残価設定型クレジット」を設定しています。この支払方法は、その想定する下取り価格が高いほど月々の支払いが安くなります。つまり、同じ販売価格であっても下取り価格、ようするに「リセールバリュー」が高い車種ほど分割払いをする額が少なくなるので、リセールバリューの高い車が注目されています。

リセールバリューは3~5年後の将来的な中古市場での人気を見越した価格ですが、輸入車は人気があるからリセールバリューが高いかというと、そう簡単なものではないのです。逆に輸入車はリセールバリューが低いともいわれています。輸入車は車両価格が高いので下取り価格も高く見えますが、それは残存価格であり、リセールバリューが高いわけではないのです。

輸入車のリセールバリューが低い理由とは

輸入車の多くは国産車に比べて高価であり、その分リセールバリューが高いことを期待してしまうのは当然です。しかし、車両価格が高い分その下落幅は大きくなります。中古車市場では安さと機能性が最優先される傾向にあるので、価格の安い車種ほど人気があるので、軽自動車などはリセールバリューが非常に高いとされています。その点高価格な輸入車は需要が少なく、売るためにはなるべく安い価格にせざるを得ず、必然的にリセールバリューが低くなる事になります。
それでもフォルクスワーゲンのリセールバリューが高いと言われる理由はどこにあるのでしょうか。

輸入車の中でもフォルクスワーゲンはリセールバリューが高い

リセールバリューが高いという理由からフォルクスワーゲンを選ぶ人も多く、一度フォルクスワーゲンに乗ると次もフォルクスワーゲンへを選ぶ人が多いのも特徴となっています。そして、リセールバリューが高いので、他の車種に買い替えたり買取りされる時にも有利となっています。

フォルクスワーゲンは人気が常に安定していて、新車はもちろんのこと中古車でも人気が持続しリセールバリューも高くなっている車種の代表でもあります。新車時の価格と3年後の価格も、ゴルフやポロといったコンパクトモデルが主流であることから国産車とあまり変わらない数字となっていて、輸入車はリセールバリューが低いというセリフは、フォルクスワーゲンには当てはまりません。

フォルクスワーゲンはなぜ高いリセールバリューを保っているのか?

なぜフォルクスワーゲンは輸入車の中でもリセールバリューを高く保てるのでしょうか。それは、どの車にも真似できない流行に左右されないフォルクスワーゲンの魅力にあります。

フォルクスワーゲンが日本で愛される理由は、確かな品質と流行に左右されないエクステリアにあります。個性的なデザインが多い輸入車の中では地味なイメージなのですが、かえって目立ちすぎることを嫌う日本のユーザーには好意的に受け取られています。そして癖がなく乗り手を選ばない車ということも人気のある要因になります。

また、インテリアにも、ドイツ車ならではの機能性に優れたインフォテイメントが採用されており、これも日本人が大好きなシンプルでいてきっちりとした機能性が感じられます。充実した装備の国産車と異なり、無駄を排した気持ち良いぐらいの潔さで、内装の上質さの考え方が国産車と根本的に違うことが輸入車に乗ってるという高揚感さえ感じられます。そしてちょっと固めな足回りによる安定した走行性能は、走りの楽しさを堪能できます。

これらの魅力がすべてフォルクスワーゲンの人気につながり、ひいてはリセールバリューを高めることに繋がっているのです。

豊富なモデルラインナップ

フォルクスワーゲンで思い浮かべるのは、ビートルやゴルフ、そしてポロといったコンパクトカーですが、現在非常に多くのモデルがラインナップされています。まず、フォルクスワーゲンのアイコンとも言えるビートルは生産を終了しましたが、中古車市場でも高い人気を誇っています。そして

「up!」
ポロよりもさらに小型の「up!」は、親しみやすくシンプルなデザインながらフォルクスワーゲンらしさを持ち合わせた新しいコンパクトカー。そして最大のポイントは165万円台~という、国産車並みの車両価格です。バリエーションには、フォルクスワーゲン最小のスポーツハッチ「up!GTI」もあります。

「パサート」と「アルテオン」
ゴルフのプレミアムセダンである「パサート」は、 高い機能性を備えたシートやこだわり抜いたインテリアによる居住性能、先進のドライビングサポート技術、そしてパワフルなディーゼルエンジンを新たに追加したパワーユニットが特徴となります。
そして、フォルクスワーゲンの魅力を凝縮させたフラッグシップセダンの「アルテオン」は、広々とした室内と大容量のラゲージスペース。そして高出力エンジンとフルタイム4WDシステムの組み合わせに、最高水準の安全装備が備わります。

「トゥーラン」「シャラン」
フォルクスワーゲンには、高いルーフとイージーエントリー機能で乗り降りも簡で使い勝手が広がる「トゥーラン」、そして多彩なシートアレンジにより、自在に使える広大なラゲージスペースを実現し、大きな開口幅の両側スライドドアが魅力の「シャラン」、というMPVがラインナップされています。

「ゴルフ」
一口にゴルフと言っても、お馴染みの5ドアハッチバック以外にも多くのボディタイプがあります。「ゴルフヴァリアント」は、ゴルフの基本性能はそのままに、広くて使いやすい荷室と室内空間を備えるステーションワゴン。「ゴルフオールアタック」は、4WDシステムの“4MOTION”と高い最低地上高や、「オフロード」モードを備えたドライビングプロファイル機能を採用するオールラウンドワゴンです。この「ヴァリアント」と「オールアタック」は上級モデルの「パサート」にも採用されます。
そして、「e-ゴルフ」は、ゴルフそのままのスタイルと実用性を備えた電気自動車です。いつものゴルフそのままに、電気だけで301kmも走行が可能で、PHEVは電気だけで約45㎞の走行が可能です。

「ティグアン」
本国ドイツでコンパクトSUV販売台数を誇るフォルクスワーゲンのSUVが「ティグアン」です。運転しやすいサイズで、4MOTION×クリーンディーゼルで軽快かつパワフルに駆け抜けることができます。

フォルクスワーゲンの中でも高いリセールバリューを誇るのは?

国産車との価格差が少なく、知名度が抜群のゴルフはやはり人気があり、スポーツグレードのGTIなどは中古車でも若い人を中心に注目されています。また、最近はゴルフにかわり人気があるのがポロです。ゴルフが徐々に大型化されてきたことで、かつてのゴルフの担っていたコンパクトクラスにぴったりフィットして、リセールバリューも国産コンパクトカー同様の高さとなっています。また、3列シートの「トゥーラン」「シャラン」のリセールバリューも高くなっています。半面、セダンタイプの「パサート」と「アルテオン」や、低価格ではあっても使い勝手の点で懸念が残る「up! 」はやや苦戦といったところです。EVの「e-ゴルフ」に関しては注目されていますが、その性能は日進月歩であり、古いEVモデルに関しては疑心暗鬼な年もありますが、広く普及させるためにメーカーが特別に価格を維持しているので、実質的にはリセールバリューが高いモデルとなっています。

参考:フォルクスワーゲンの売却をご検討の方は フォルクスワーゲンの買取専門ページ へ!

品質の高さがリセールバリューを支えるフォルクスワーゲン

我々ユーザーがフォルクスワーゲンに持っているイメージは、時代に流されないデザインと高い品質による安心感ではないでしょうか。ドイツの機械製品が優秀で壊れにくいという概念を作り上げたのもフォルクスワーゲン各車によることが大きいと思います。日本人はそんなフォルクスワーゲンが大好きだからこそ、リセールバリューも高くなっているのです。

[ライター/外車王編集部 画像/写真AC]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア