BMWはリセールバリューNo.1?オーナー必見!知らないと損するリセール事情とは

車好きなら誰もが憧れる車種がBMWです。その人気は衰えを知らず輸入車の中でもメルセデスベンツやポルシェと並ぶトップブランドとして高い知名度を誇っています。新車ならずとも中古車であっても人気はかわりません。そんなBMWの人気のひとつにリセールバリューの高さがあります。では、具体的にBMWのリセールバリューはどうなっているのか、詳しく解説してみましょう。

国産車より輸入車の方がリセールバリューが低い

BMW イメージ画像1

リセールバリューとは、一度購入した物品を再び販売する際の価値を表している言葉で、一般ユーザーのあいだでは「A車は下取りが安い」「B車は下取りが良い」という話題に出てくる下取りに出した場合の価値・価格のことと同じ意味です。したがって、リセールバリューが高いということは、次のクルマを購入する際に必要な費用が安くて済むということにつながるので、BMWを購入したいと思っているユーザーにとっては、BMWのリセールバリューは非常に気になるはずです。
しかし、将来のクルマの価値をどうやったら知ることが出来るのでしょうか。

そこで、3~5年後の下取り額をあらかじめ購入価格から差し引く、「残クレ(残価設定型クレジット)」を利用していることから、下取り価格、つまり「リセールバリュー」が高いか安いかがわかるのです。リセールバリューが高い車種は価値が下がりにくいと判断され、売却額が高いと考えることが出来ます。

したがって、リセールバリューは中古市場での人気をそのまま表したとも考えることができます。ならば、人気がある輸入車は国産車よりも高価であるし、高いリセールバリューがあると思われがちですが、実際には車種によって国産車のほうがリセールバリューが高いということもあり、一般的に輸入車は国産車よりリセールバリューは低いとされているのです。

なぜかというと、日本人の多くは輸入車にプレミアム感を求めているということがあります。最新モデルには確かに国産車にない高級感があり、装備も充実している車種が多く、輸入車人気の要因となっています。ところが、中古の場合は魅力は大きく損なわれてしまいます。3~5年経過したモデルはほとんどの場合一世代前の仕様とデザインになっており、国産のコンパクトカーのように経済的ならデザインも気にしないし装備も最低限でいいという人が多く、中古車でもよく売れています。

しかし高級車は「生モノ」と表現されることもあるくらい進化が早く、輸入車はもとの販売価格が高いため、中古車でもそれなりの価格である輸入車となると、国産の新車並みの価格で性能も装備も古いという現象が起きてしまいます。そうすると、わざわざ中古の輸入車を購入する層は限られてしまいます。プレミアム感は最新型だからこそあるのであって中古車では望めず、その車種に思い入れのあるマニア以外には売りにくいという車であるため、リセールバリューは低くなりがちなのです。

特別な車種となるスポーツカーを除くと、全体的に多くの輸入車のリセールバリューは3年程度で35~40%の価値になり、国産車の大衆モデルと同じ程度かそれ以下という事になります。

BMWはなぜ高いリセールバリューを保っているのか?

しかし、そんな中でもBMWはなぜリセールバリューが高いと言われているのでしょうか?メーカーのホームページを見ると、高品質、耐久性、安全性を追及するからこそ高いリセールバリューを実現させているとされています。付け加えると、BMWというブランドによるものが大きいと思われます。つまり人気があるということであり、ブランド好きの日本人にとっては一頃より買いやすくなったBMWは、ちょっと頑張れば手が届くところにあり、逆に価格が割高になった国産車よりも魅力的に映ります。どんなクルマに乗っているかを聞かれた時に、「トヨタに乗っている」「日産に乗っているという人はいませんが、「BMWに乗っている」という人はいるはずです。それがステータスであり、細かなスペックよりも自分がどうゆう人間かを示す材料となるのです。ネームバリューそのものが高いことで、リセールバリューも高いと言えるのではないでしょうか。

参考:BMWの買取は BMWの買取専門ページ をご覧ください!

全てのモデルが鮮明なデザインと走行性能。それはBMWであるが故

次にBMWの多彩なラインナップをご紹介しますが、セダン、ハッチバック、そしてSUVにかかわらず、全てのモデルが特徴であるフロントグリルを始め、BMW共通のデザインをまとっており、だれが見てもBMWだとわかるはずです。それは年式をさかのぼった歴代モデルも同じで、今も昔もBMWらしさが表れています。このスタイルを保っているからこそブランドが確立し、流行に左右されない人気を維持しているのです。そして、すべてのモデルを通じてスポーツマインドあふれる走行性能を持っており、おとなしいはずのセダンであってもBMWにかかればスポーツセダンと言われる所以です。

多彩なモデルラインナップ

一口にBMWといってもそのモデルラインナップは多岐に渡っています。BMWの名を広めた3シリーズや5シリーズセダン、高級セダンの7シリーズ、存在感を増すコンパクトハッチの1シリーズ、時代をけん引するSUVのXシリーズ、そしてBMWならではの走行性能を凝縮したスポーツモデルのZ4や各Mシリーズ、さらにカブリオレやステーションワゴンのツーリングそしてクーペといった多くのボディタイプなど、目移りするほどのラインナップが用意されています。さらに、近年の流れをいち早く具現化したEVのBMW iというサブブランドもあります。

このような選択肢が多いのもBMWの人気の理由であり、ひいてはリセールバリューが高い要因にもなっています。

BMWの中でも高いリセールバリューを誇るのは?

多くのラインナップの中でももっとも高いリセールバリューを誇るのはどのモデルでしょうか。まず、BMWの主力ともいえるセダンですが、こと日本市場においてはセダン離れが続いており、BMWであっても厳しい状況です。そんな中でもお馴染みの3シリーズは常に高い人気を誇っており、中古車市場でも売りやすい車種であることからリセールバリューは非常に高いと言えるでしょう。そしてZ4や過去のZ3、そして各モデルにラインナップされる「M」シリーズは特に高いリセールバリューがあります。そして、最近の流れとしては各メーカーのSUVが注目されており、日本においてもX1やX2といったコンパクトサイズのSUVはリセールバリューが高いとされています。しかし、大型となるX5、X7などは中古車市場でも日本では需要が少なく、やや不利と言えます。

また、EVの「BMW i」についてはまだ未知数といった感があるものの、今後は主流となるモデルだけに、リセールバリューが上昇する可能性があります。

リセールバリューの高さは品質の高さ

手放した愛車を次に購入する人が高い金額でも納得して中古車としてもう一度乗ってくれるかどうかがリセールバリューと言えます。つまり、なるべく多くの人が欲しがる車種であるかどうかがポイントとなるので、聞いたことのない車種では低く、かといってみんなが乗っている普通の車種でも価値は低いでしょう。その点、BMWなら誰もが知っているけど誰もが乗っているわけではない、ちょっと特別な車種という絶妙な位置のブランドであり、手放す時にはそのリセールバリューの高さが新しい車を購入する手助けとなるはずです。

[ライター/外車王編集部 画像/写真AC]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア