なぜベンツは高く売れるのか?愛車を納得いく値段、形で売却できたらベスト

メルセデス・ベンツは買う時高いものの売る時は安くなるという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。新車価格で1,000万円だった車種が3年後の査定で500万円前後というのも珍しい話ではありません。メルセデス・ベンツだけに限る話ではありませんが、国産車や輸入車の車種についても新車購入後、3年後には半分以下の価値を失ってしまう現状があるものの、何故か「ベンツは安く売れる」という話がよく耳にします。

ここでは、ポイントを掴むことで買取価格を高値で取引してもらえるコツなどについてご紹介いたします。

一般的にベンツの買取価格は安いのか

輸入車自体、中古で買う人が少ない現状もあり、よほどの人気車でない限りは引き取り価格が値下がりする可能性は高まります。維持費がかかる輸入車を購入できる人は、中古車では買わずに新車で購入を検討できるので、中古車としての需要が期待できないという背景もあります。エコカーブームの影響により、燃費の悪さや車種によっては整備が大変であることなど、輸入車への風評被害もあります。

メルセデス・ベンツの車づくりでは、「最善か無か」というスローガンを掲げ、過剰品質で他社との差別化、特別化をはかっています。そのスローガンは現在も続いてる伝統ではあるものの、最近の車づくりでは法外な高コストでの生産がなくなっている為、丁寧な車づくりが高評価を得ています。日本での高級車志向は、上級グレードをフルオプション車でラインナップする特徴などもあるので、ごく普通の市場と比べれば1.5倍もの差が生じています。

その中で、メルセデス・ベンツが一部で安く買い取られる理由としては、大きく2つの理由が考えられます。

1:新車価格が高いので、値下がり幅(金額)が大きくなる

新車登録後の値下がり額が一番大きいのは、新車価格が高い為に残価率が他車と比べて同じだったとしても、購入額が高いと減額する額は大きくなってしまいます。

その為、状態がよくても新車登録後、3~5年後のモデルを売ると走行距離があまり多くなくとも安すぎるくらいの買取価格になるケースが多いです。

2:中古車の取引相場が不安定である

メルセデス・ベンツは、人気のある輸入車です。ですが、中古車の取引台数は少なく買取業者は赤字リスクを見込んだ上で、査定が難しいメーカーとも言えるメルセデス・ベンツを査定します。赤字リスクを見込んだ上での査定となれば、相場よりも安めの買取価格を提示してくるケースが多くなります。

メルセデス・ベンツは、取引台数が少ない分、相場の予想をつけるのが難しく、また、オプションやグレード、走行距離などで買取相場が異なることもあります。

実は高いベンツの買取価格

メルセデス・ベンツを売ると、買取価格が安いと感じる人もいれば、高かったと感じる人もいる事実があります。何故、買取価格に差が生じるのでしょうか。

メルセデス・ベンツは、輸入車の中では中古車の需要があると考えられています。ブランドの知名度だけではなく性能の信頼度があるので、中古車であっても乗りたいと考える人が多くいます。それぞれ、クラスによって買取価格が異なってきます。

現状、SUVブームで人気となっている「ベンツGクラス」の中古車市場は値下がりしていません。また、最高クラスになれば安全性能が高くプレミアムセダンの「Eクラス」や人気の高い「Cクラス」などは高級感溢れる内装や運動性能の高さ、ESPによる横滑り防止措置などあらゆる点、安全面の定評が高いです。

メルセデス・ベンツの品質、安全性能の高さはトップクラスであるという点から国内外問わず人気の高級車として需要が高い現状があり、日本から逆にメルセデス・ベンツの中古車を輸出することもあります。その際には高値での取引がされています。大切な愛車ですから、できれば高値で引き取って頂いた上で新しいメルセデス・ベンツを始めとしたお車を購入したいですよね。

それは、売却のタイミングが異なるということです。メルセデス・ベンツの買取相場は、日々値下がっているわけではなく「モデルチェンジ」というタイミングで大きく下がる特徴があります。

中でも、新型モデルが登場したことによる旧型モデルが値下がる影響を一番受けます。モデルチェンジ前後のタイミングによって、同車種であったとしてもお100万円以上の差が生じることもあります。

ベンツが高く売れるタイミングはあるのか

モデルチェンジ前に売れば高く買い取ってもらえる可能性が高まるということになります。新車登録後、5年経過すれば買取相場の値下がり額が大きい差を生じていないので、モデルチェンジの影響を受けにくくなっている現状もあります。

つまり、5年落ちのメルセデス・ベンツを中古車購入した際には、値下がり額が落ちすぎることなく、高価買取をしてくれる可能性が高まります。新車であるか、中古車であるかという点においても買取価格の金額さを感じやすい人がいるのも事実です。

実質モデルチェンジ前に売る方が高値での取引をしてもらえる可能性が高まっていますが、「Cクラス」のラグジュアリーパック、オプション装備など専門店で査定してもらえれば、価値がわかる装備品は高値で買取をしてくれる可能性が高まる1つの方法です。幅広いラインナップがある中で、メルセデス・ベンツの人気は衰えていないので、中古車でもほしいと思う人がいるので需要が無いわけではないからです。

日本仕様になっていると「右ハンドル」設定のメルセデス・ベンツを持っている人もいるかもしれませんが、やはり中には「左ハンドル」の方が高値で引き取るという業者もあるようです。レザーシートの色、サンルーフ、安全装備などのオプションも何がついているのかという点から買取価格が異なってくる要因になることがあります。

また、買取査定をする業者によっても高価買取が期待できるか、否かの判断が変わってきます。メルセデス・ベンツを専門的に買取る業者では、経験を活かした独自の査定があるので安心してお任せできること、メルセデス・ベンツをよく知っているからこそ評価がしっかりとできるので、その点が高価買取をしてくれる可能性が高まる要因と考えられます。

まとめ

メルセデス・ベンツを高値で買い取ってもらうタイミングは、どのように知ればいいのでしょうか。一括査定サイトで調べたり、買い取り専門店などで調べたり、買取相場の比較をするこも一つの方法です。一般的には、一括査定サイトよりは、メルセデス・ベンツ専門の買取業者で査定をしてもらう方が高値で引き取ってくれる可能性が高まります。

一括査定サイトでは、あくまでも他社との比較がメインとなってくる見方となりますが、専門点では、メルセデス・ベンツそのものを見て、車種に応じた買取査定をしてくれるので、大切な愛車を安値で引き取ることはあまりありません。状態がよく、大切に乗られていれば買取価格に変化が生まれるかもしれないので、一度お試しください。

車種ごと、メルセデス・ベンツをしっかりと査定してくれて、愛車を納得いく値段、形で売却できたらこの上ない幸せですよね。そのお金で新しい車を迎え入れるのも、またちょっとした楽しみです。

[ライター/外車王編集部 画像/写真AC]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア