BMWの処分方法!「処分」してしまうよりも効率的な方法とは?

日本国内においてBMWの人気は高く、日本国内ではメルセデスベンツと双璧をなす輸入車のトップブランドとして多くのファンを魅了してきました。特に国産メーカーにとって常に4ドアセダンのベンチマークとなり、スポーツモデルはカーマニア憧れのモデルでもありました。新車販売においても順調で多くのモデルが街中を走っています。当然買い替えなどで手放す人も多く、したダリヤ買取りにも多くが流通しています。しかし、その一方で、BMWを処分するときに不満を感じる人も多いようです。

BMWを手放す人が増えているのか?

BMWは、実際に乗ってみると、もちろん良いところだけではなく、いろいろなデメリットに気が付きます。国産車に比べてディーラーが少ないことで購入後のアフターサービスに不安が残るということがあります。故障してしまったときには地元の修理工場でも国産車と変わらずに対応してもらえますが、古いモデルなどではやや難しいかもしれません。

また、BMWガソリン車の多くが無鉛プレミアム仕様(ハイオク)であり、ランニングコストの面で負担が大きく、次第にBMWを重荷に感じてしまうケースもあるようです。それらを含めてBMWの魅力と受け止められるマニアなら良いのですが、良質な乗用車として購入した人にはやっかいな車種となってしまいます。そこで、BMWを手放したいと考える人は、どのように処分するのが良い方法なのでしょうか。

ディーラーの下取りでは高値は期待出来ないという事実

では、実際にBMWを処分するには、どのような方法があるのでしょう。通常、新車に買い替える際には、新車ディーラーの下取りに出すことが多く、手間もかからず一番負担が少ないことからもっともオーソドックスな方法ですが、BMWのような輸入車の場合はそれなりのデメリットもあるのです。再びBMWに乗り換えるためにBMWのディーラーにしたどってもらうなら、その車種の良いところも悪いところも知り尽くしているので問題も少ないでしょう。しかし、BMWを取り扱わないディーラー、もしくは国産車ディーラーなどではモデルごとの仕様や特徴、そしてセールスポイントも理解できない場合もあり、できるだけ高い値段で売ろうと考えている場合に下取りは不向きだといえます。

また、ディーラーはあくまでも新車の販売が主などではので、下取った車を売ることで積極的に利益を出すシステムではないのです。したがって、下取り額は一般的な中古車業者の買取額に比べて、通常は低めとされています。せっかく高いお金を出して買ったBMWなのに、これではちょっと納得がいかないと思う人も多いはずです。

BMWは買取業者に買い取ってもらうのがおすすめ

今、多くの中古車買取業者が存在し、一昔前と違い、海外にも販路を築くことができていることを背景に中古車買取市場は活況になっています。買取では、下取りに比べて、より細かな点まで査定してもらえることと、中古車買取業者は、とにかく「売れる車」を探しています。そのため、BMWのような人気車種である場合は高く評価されます。また、新車での輸入車人気が高まってきていることもあり、国産車と比べて割高感があるBMWを中古で購入したいという人も多く、BMWを下取り以外で処分方法する方法としては、中古車買取業者に買い取ってもらうというのがベストと言えるでしょう。

しかし、買取業者にも得意不得意の車種があり、国産車中心に買い取っている業者には正しい価値が判断できないこともあります。外車を専門に扱う業者ではその価値が十分理解できるので、高価格で買い取っても売る自信があり、改造して付加価値を付けてから中古車として売り出すような専門店もあります。また、下取りなどでは敬遠される古い年式のBMWでも、ほしい人ならそれなりの金額で売れる可能性は十分にあると見ています。

BMWに適した業者を見つける

ただし、BMWは通常の中古車買取業者よりも専門性が問われる部分もあるため、常にBMWを得意としている業者を効率よく探せるかどうかが問題となります。そこで、一括査定サイトを使うことが効率がいいとされています。こうした一括査定サイトは専門性を判別するのに役に立つのです。ただし、一括査定サイトは、車の売却にあたって、複数の業者に査定を依頼することになるので、多くの業者から営業電話やメールが入り、それに対応しなければならないことも覚えておきましょう。また、見積もりは、多くの業者で出張であっても無料で行ってくれますが、無用なトラブルを避けるためにも事前にネットや電話で確認しておいた方がいいでしょう。

不要になったBMWを高額買取に繋げるポイントとは

人気の車種であれば、当然価値は上がるのはBMWでも国産車も同様です。しかし、いくらBMWでも不人気車種は存在します。そして、所有される人には自分の車の人気がどの程度なのかはわからないというのも事実です。したがって、処分を思いついたら買取業者で買取査定をして、自分の車の市場価値を知るのも高額買取のポイントとなります。

また、車を常にきれいに保つのは当然のことですが、車内も普段から清潔な状態を保つように心がることが、BMWのような高級車には重要となります。査定を依頼する前に洗車や室内の掃除などをするようにするのも必要です。

さらに、煙草やペットなどの異臭も大き減点要素になります。販売する際には喫煙車であることを明記するルールがあり、敬遠されるケースも多いことから売りずらく、そうなると販売価格を低くする必要があり、買取金額も低くなりがちです。また、ペットの匂いに関しても同様ですので、こまめな換気を心がけると売却時に大きな差が出ることがあります。

自分で廃車にするより業者に頼む方が得

古くなったり、動かなくなってしまって乗らなくなったBMWを、自分で解体業者に持ち込んで廃車にしてしまう方法もあります。しかし、廃車の手続きなどに手間がかかり面倒なだけでうまみはありません。例え廃車にする場合でも引き取り料金も手続きの費用もいらない業者もあり、どんな状況であっても数万円の買取金額を提示してくれる業者もいます。したがって自分で廃車にするメリットはないといえます。それどころか、自分ではもう価値がないと思っても、買取業者に引き取ってもらえば買取金額が発生する場合もあるので、たとえ古くなったり、動かなくなった車でも自分で価値を判断せず、買取業者に売却するほうがメリットがあると言えます。特にBMWなら古くても意外な価格が付くケースがあります。近場に買取業者がないというような場合でも、全国ネットで出張査定サービスを行っている業者も数多くあるので利用してみた方がいいでしょう。

まとめ

走行性能に優れているBMWは、年式が古くてもその年式なりの個性があり、根強いニーズがあります。たとえ10年たっていても10万キロ走行していても適切で納得のいく業者が必ずあるので、あきらめずに買取査定を積極的に利用した方が良いでしょう。そして、少しでも多く新しい車の購入にあてられるように高額買取を狙ってみましょう。

[ライター/外車王編集部 画像/写真AC]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア