【2019年版】運転そのものを楽しみたい人へ!外車・輸入車のマニュアル車5選

電動化が進む自動車業界。でも運転そのものを楽しみたい、せっかく乗るならマニュアル車が良い、外車でオススメのマニュアル車はないのかとお悩みの方へ。今回は今乗れる外車マニュアル車を厳選してオススメ順にランキング形式で発表いたします。

厳選、外車マニュアル車ベスト5!

第5位 MINI 3door

厳選外車マニュアル車第5位はMINI 3doorです。MINIならではのキュートな一面とは裏腹にマニュアルトランスミッションによる小気味良いシフトチェンジを楽しむことができるモデルです。MINI特有のゴーカートフィーリングを存分に体感できるMINI 3doorモデルは今しか手に入れることができないといっても過言ではないでしょう。ベーシックグレードのONEであれば車両本体価格2,380,000~と手に入れやすい価格帯であることも魅力のひとつ。扱いやすいサイズで運転がしやすく、日常の使い勝手を両立しているかわいらしいマニュアルトランスミッション搭載ハッチバックがMINI 3doorです。

第4位 ABARTH 595

厳選外車マニュアル車第4位はABARTH 595です。Fiat 500をベースにABARTHがチューニングを施したコンパクトマニュアル車がABARTH 595。エンブレムのサソリのごとくチクッと刺さる刺激的な走りが味わえるホットハッチです。コンパクトな車体には十分すぎるほどのパワーを発揮するエンジンを搭載しマニュアルトランスミッションで操ることで自分自身の手足のごとく操作することができます。小回り性能、スポーツ性能、運転の楽しさなどキュートな面とピリッと刺激的な面を持っているコンパクトカーがABARTH 595です。

第3位 Porsche 718 Cayman

厳選外車マニュアル車第3位はPorsche 718 Caymanです。スポーツカーの王道ポルシェからのラインナップは扱いやすい2シーターミッドシップ718ケイマンです。今回オススメするのはベースグレードになるケイマン。あえてベーシックな2.0Lエンジンを搭載しているケイマンを選択することでポルシェの素性の良さ、ミッドシップならではの回頭性、ピュアドライビングを楽しむことができます。マニュアルトランスミッションで操ることによってエンジンの盛り上がりを背中から感じられるのはミッドシップにエンジンを搭載しているケイマンだからこそ感じられる部分。オープンモデルのボクスターよりも剛性が確保されているケイマンはドライバーを中心に車が塊となって動く感覚を味わうことができます。比較的手に入れやすい価格帯のポルシェであることもポイントのひとつです。

第2位 BMW M2 Competition

厳選外車マニュアル車第2位はBMW M2 Competitionです。BMW伝統の直列6気筒ツインターボが絞り出す強烈なパワーとスムースなフィーリングは一級品。ドイツのエンジン屋と呼ばれるだけある出来栄えです。エンジンパフォーマンスも素晴らしいですが2シリーズクーペのコンパクトなボディと組み合わせられることでかつてのM3のような扱いきれるちょうど良いサイズ感もM2 Competitionの魅力。BMW Mの特徴や魅力をぎゅっと凝縮した1台であるとともにマニュアルトランスミッションを通じて操ることでまさに「駆け抜ける歓び」を具現化したモデルです。

第1位 ABARTH 124 Spider

厳選外車マニュアル車第1位はABARTH 124 Spiderです。まさかのABARTH2代目のランクインですが実は日本ととても深い関係があるのがABARTH 124 Spider。ご存知の方も多いかと思いますがこのABARTH 124 Spiderはマツダのロードスターがベースとなっているのです。日本車の信頼性とABARTHの刺激をミックスさせたコンパクトオープンスポーツカーなのです。ABARTHがチューニングした1.4L直列4気筒ターボエンジン、1500kg未満の車両重量、手足のごとく操ることができるボディサイズにマニュアルトランスミッションを組み合わせることで刺激的なドライバーズライトウェイトオープンスポーツカーへと変貌を遂げています。ベースはマツダのロードスターであってもエクステリアやインテリアデザインはABARTHオリジナルのデザインとなっており差別化が図られているのもうれしいポイント。日本製のスパイシーなイタリア車がABARTH 124 Spiderなのです。

外車マニュアル車ランキングまとめ

今買うことができる外車マニュアル車を厳選して5台紹介してきました。第1位がPorscheではないことが意外だったかもしれません。そして、今回紹介してきたモデルはどのモデルも比較的コンパクトなモデルばかりということがお分かりいただけたかと思います。それもそのはずで、運転する楽しさを存分に味わうことができるマニュアルトランスミッションとの組み合わせは比較的コンパクトな車体の方がドライバーズカーとしての快感、操る喜びをダイレクトに感じることができるのです。今や絶滅危惧種となりつつあるマニュアル車。今を逃すともう二度と手に入れることができなくなるかもしれないほどラインナップ数が減少してきています。外車のマニュアル車を検討しているなら今がラストチャンスといえるんかもしれません。

[ライター/外車王編集部 画像/フォトAC]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア