真っ赤に加熱したブレーキローター、その生産風景を観てみる

普段、クルマを運転する以上は必ずお世話になっているブレーキ。

その生産風景や、極限の状態で使われている様子を知る方は少ないかもしれません。そこで今回は「真っ赤に加熱したブレーキローター、その生産風景を観てみる」と題してまとめてみました。

glowing brakes on race cars compilation (1000 subs. special)

こちらの映像のように、ブレーキローターが熱で赤くなっている光景を観たことがあるのではないでしょうか?

Brembo brake disc – How is it made?

こちらはブレンボF1用カーボンブレーキローターの製造風景。手作業の工程が多いです。

LUMAG,BRECK

こちらはブレーキパッドの製造風景。たった1つのブレーキパッドができあがるまで、これほどの工程があるとは意外と知られていないのではないでしょうか。

AMG Carbon Ceramic brake how to change ?

こちらは、AMGカーボンセラミックブレーキの取付けの様子。オーナーでもなかなかこの画を観る機会がないでしょうか。まさに機能美。

Dennis Lind Mantorp Brakes cam

加熱したブレーキローターを内側から撮影した珍しい映像。ブレーキングしたときに一気に加熱、そのまま冷却されていきます。まるで生き物のようです。

見えないところで頑張っているブレーキパッド&ローター。せめて、ブレーキダストで汚れたホイールはこまめにキレイにしてあげましょう!

[ライター/外車王編集部 画像/youtube]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア