「控え目なカスタムBMW」メーカーが造り上げたコンパクトな極上スポーツサルーン、アルピナB3 3.2

BMWの公認カスタムメーカーとして古くからともに歩んできたアルピナの、もっともコンパクトなモデル「アルピナB3 3.2」

BMWのコンパクトセダン、3シリーズがモデルチェンジして3代目(E36)になったのは1990年。バブルの頃に「六本木カローラ」と言われた歴史的な(?)2代目3シリーズ(E30)の後継モデルです。BMW伝統のキドニーグリルと丸目四灯の組み合わせは、E36ではクリアーなカバーが付いて、より洗練された顔になりました。5ナンバー枠のボディサイズに進化したマルチリンクリアサスペンション、とくにハンドリングに優れたモデルに仕上がっていました。

そんなE36タイプの328iを、老舗のBMWチューナー・アルピナがモディファイしたコンプリートモデルがアルピナB3 3.2です。

アルピナB3 3.2の魅力とは


▲300km/hまで目盛られたシンプルかつただものではないスピードメーター

ノーマルの328iは2793cc、水冷直列6気筒DOHCエンジンで193ps/5300rpm、28.6kg.m/3950rpm、1420kgのボディを240km/h(メーカー発表)まで引っ張るスポーツサルーンでした。1995年当時の新車価格は495万円。1988年に日産シーマが新車価格500万円超えで「おおっ、すげー」「255馬力!すげー」っていちいち驚いていた一般ピープルの筆者としては、いま改めてこの328iのスペックを見ていると、なんとなく感慨深いものがありますね。


▲3.2リッターまでスープアップされたストレートシックスエンジン

アルピナB3 3.2は、その名の通りエンジンを3.2リッターまでスケールアップし、265ps(カタログによっては271ps)までパワーアップしたカスタムカーです。カタログによると、当時の価格は788万円。大体NSXと同じくらいの値段ですね。って、まったくジャンルの違うクルマを比較しても仕方がないのですが、なんとなくバブル前後の金銭感覚というか、そういう物差しみたいな感じであえて並べると、です。


▲カバーされた丸目四灯がE36の特徴

アルピナという会社は、元はタイプライターなどの事務機器のメーカーでした。その創立者の息子ブルカルト・ボーフェンジーペンが、自分のクルマとして持っていたBMW1500のキャブレターをソレックスからウェーバーに換装してチューニングしたところ、これがとてもよい感じ(たぶん)に仕上がったんですね。それが評判になってBMWの耳に入って、その後BMWの公認チューナーになるという…。なんか、時代ですねぇ。1960年代前半のことですが。

以後、1970年代にかけてアルピナはBMWとともにレースシーンで華々しい活躍をして、1977年にはレース活動から撤退、BMWベースの市販コンプリートカーを作るカスタムメーカーになるんですね。


▲繊細な20本スポークの美しいアルミホイールがアルピナの特徴

たとえばベンツのチューナー、ケーニッヒなどは見た目にも「おおっ!」という押し出しの効いた迫力あるスタイリングですが、対してアルピナは控え目な外見が特徴です。これはメーカーの方針として「控え目(Understatement)を美徳とした車造りをしているからといわれています。

いまも主に手作業で製作されていて、年産およそ1400台くらい。日本にも正規に輸入されていて、BMWの保証を受けることが出来ます。

なお、アルピナはドイツ自動車登録局にも公認されたメーカーで、日本でも車検証上の車名は「BMWアルピナ」と記載されます。


▲テールのサイドにあしらわれるアルピナ伝統のラインが美しい

最後に、アルピナB3 3.2とは

控え目な外見に隠された純粋なモータースポーツのスピリット。なかでもコンパクトなB3はいわゆる大人の選択として非常に渋い、魅力的なモデルではないでしょうか。BMWブランドに保障された安心のカスタムカー、その実力と完成度はきっといまも一線級です。また、ドイツ車のしっかりとしたシャーシ、エンジン、部品供給体制は、この先も永く乗り続けられると思われます。

特別感のあるBMWのコンパクトスポーツサルーン、「アルピナB3 3.2」いかがでしょうか。

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア