日本で長年人気のロータス ヨーロッパ。気になる海外での走行姿を動画で見てみた!

スーパーカーブームに端を発し、日本では長年に渡り人気があるロータス ヨーロッパ。では、海外ではどうなのでしょうか?

LOUD Lotus Europa Special – startup and acceleration

こちらのロータス ヨーロッパの撮影場所は、ヘルシンキ(フィンランド)のようです。それにしても、現代のクルマと比較しても、サイズが小振りです。

1969 Lotus Europa

こちらは1969年式ロータス ヨーロッパ。右側通行なのですが、到着した先の家には日本車のナンバーが…?海外流出車でしょうか。

’72 Lotus Europa

こちらは1972年式のロータス ヨーロッパ。ステアリングはナルディ、ホイールはワタナベに交換されています。日本の路上でも見掛けそうな仕様ですね。まさかと思いますが、海外へ流れた個体…?

Lotus Europa 1973 JPS

こちらは1973年式のロータス ヨーロッパ JPS。いわゆるジョン プレイヤー スペシャルですね。

STEFANO DE SANTI | LOTUS EUROPA | PIEVE S.STEFANO – PASSO DELLO SPINO 2016 | ONBOARD GARA 1

こちらはヒルクライムステージでのロータス ヨーロッパの走り。全開アタックというペースではなさそうですが、それでもひらひらとコーナーを掛け抜けていきますね。

1972 Lotus Europa

こちらは1972年式のロータス ヨーロッパのオンボード映像。対向車の位置に注目!ロータス ヨーロッパの目線が低いことに改めて気づかされます。

日本に負けず劣らず、海外でも大切に乗られているようです。…ということは、大切に扱われてきた個体が多い日本のロータス ヨーロッパは、海外勢に狙われてしまうかもしれません。何とか日本に留めておきたいですね。

[ライター/外車王編集部 画像/youtube]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア