フェラーリF40GTがウエットコースを掛け抜ける動画をご覧あれ!

1台のクルマである以上、いかなる運命を背負っていたとしても「走ってナンボ」です。しかし、それは建前。いまやコレクターズアイテムとなっているクルマたちを目の前にして、臆することなくとことん走り倒す。それはオーナーの甲斐性と度量が問われているのかもしれません。少なくとも、筆者には…できないかも。

The Ferrari 288 GTO – Group B Spec!!

さまざまなフェラーリのスペチアーレモデルのなかでも、希少価値が高いとされるフェラーリ 288GTO。これでもか!というほどアクセルを踏み込み、ホイールスピンさせ、狭い林道をハイスピードで掛け抜けていきます。最後は2本の花火(?)のあいだをドーナツターン。ここまでやっちゃいますか…。

Ferrari F40 GT Farmkhana

そしてこちらは、パイロンが立てられた特設コースをフェラーリF40GTでアタック。タイヤから猛然と白煙をあげたままスタート。テールスライドしてパイロンと接触し、ウエットな路面のコースを掛け抜けていきます。一歩操作を間違えればクラッシュも免れない状況。攻めてます、思い切り…。

Ferrari F50 Burnout!

こちらはフェラーリF50でバーンアウト。走り去った後には、路面にタイヤのブラックマークがくっきり残っています。そして最後はアクセルターン。もったいないと思ってしまうのは、筆者が庶民だからでしょうか。1度はやってみたいような気がするし…。意味もなく悩んでしまいます。

Ferrari Enzo in motion – Ferrari Enzo Drifting

そしてこちらは、エンツォ フェラーリでアクセルターン。スローモーションで回転していくエンツォ フェラーリが、停まっているときよりも美しく見えるのは気のせいではないように思えてきます。そしてこのエンツォでも、泥まみれの路面を掛け抜けていきます。何でまた、わざわざ・・・と思ってしまいますよね。

The Ferrari Enzo WRC

こちらの映像は、エンツォ フェラーリがテールスライドしながら農道を掛け抜けていきます。そしてやっぱり(?)、泥道へアタック。美しく磨き上げられたエンツォ フェラーリが、だんだんと泥まみれになっていきます。それでも、走っている姿はなんとも官能的です。

Bugatti EB110 SS Burnout

純白のブガッティEB110S、こちらも希少価値の高い1台。フェラーリのように甲高いサウンドではありませんが、クワッドターボが唸りをあげていきます。性能ではブガッティ ヴェイロンやシロンの方が圧倒的かもしれませんが、佇まいではEB110も負けてはいないと思うのです。

Tax The Rich Trailer

この動画を撮影したオーナーのトレーラー。“Tax The Rich”というアカウントからここ1年くらいは動画配信がなされていないようですが、次の映像はラ フェラーリか、ブガッティ シロンか。はたまたクラシックカーか…。続編を待ちたいところです。

クルマはコレクションか、はたまた走るための道具か?それを決めるのはオーナーです。本当のところは誰にも分からないけれど、人間が勝手に貴重品扱いしているだけで、クルマの方はというと、とことん乗り倒してもらいたい…。密かにそんな風に思っているのかもしれないですね。

[ライター/外車王編集部 画像/youtube]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 高く売りたいなら一括査定サイトより専門店
  • 高く売りたいならディーラー下取りより専門店
  • 二重査定一切なし(中間マージンがありません)。
大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 30秒で簡単査定依頼、外車王ならしつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速にお伺い!外車専門店だからこそできる査定金額を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることがあります。 まずはお気軽に無料査定を。
お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
カンタン30秒!
無料査定を依頼する