走行距離で車の査定額がどのように変わるのか。ターニングポイントと高額査定のコツとは

車を下取りや買取の査定に出す際に気になることの一つに、走行距離と車の査定額の関係性ということがあると思います。査定額は基本的に車種、走行距離で決まります。新しいと高く、古いと低く、短いと高く、長いと安くなります。ちゃんとそれなりの査定額を出してもらえたらいいですが、自分の車が走りすぎていて、または古すぎて査定額があまりに低かったり、もしや出してもらえないんじゃないかと不安になる人もいるかと思われます。そんな査定額と走行距離の関係についてわかりやすくひも解いていきます。

車の走行距離と査定額はどれくらい関係がある?

走行距離は査定額の評価ポイントの比重としては大きいと言えます。走行距離は車の寿命を把握できるところにあります。走れば走るほど各種部品が消耗していき寿命が縮みます。その走行距離の比較として普通車は一年に1万km、軽自動車は8,000kmか否かというのがポイントになりますが、この一年1万kmというのは一般財団法人の日本自動車査定協会という団体が定めている基準で、それが一般的にも参考となる数値となっています。

大体この基準値程度だったら少なくともマイナスにされることはありません。それ以下だと走行距離が少ないとして査定額を上げてもらえることがありますが、あまりにも少なすぎると逆にマイナスにされるのでそこのバランスが重要となってきます。

走行距離が査定額に与える影響

極端に10年で4万kmしか走ってなければ高額買取が見込めるかというと一概に言えるものではありません。車はある程度動かすこともコンディションの維持には必要なのです。ずっと放置しているだけだと、ゴムが切れたり錆びたりします。このサビというのが厄介で一度錆びさせてしまうと落とすのは難しく、交換などが必要となってくることもあります。なので全然走ってなければいいというものでもないのです。

中古車の査定額が5万km目安で変わってくる理由

5万kmを越えてると多走行車、10万kmだと超走行車と呼ばれます。この多走行車の5万kmは業者も目安にしているところで、値段も5万km以上か以下かでかなり変わってくると言われています。新しい車を買うことや今の車を売ることを検討している人は、走行距離を見てみて、5万kmかどうかを確認してみましょう。もしも4万7千kmみたいな絶妙な数値だったら売却を本気で検討してなるべく早めに売ることをおすすめします。昔は過走行車は故障が多く、中古車として購入する人も少なかったので買い取り価格がかなり低いことが多かったのです。しかし近年車の技術、性能が上がり10万km程度では壊れることもなく、30万kmほど走らせても問題ないことも多いのも事実です。

この超走行車を売ることを考えるのであればそれまでのメンテナンスが重要となってきます。買取の前にタイミングベルトなどの消耗品のメンテナンスを済ませておく必要があります。特にこのタイミングベルトは100,000km走ると非常に劣化するのでチェックして交換しておきましょう。このタイミングベルトは査定の評価でも一つのポイントなってきます。できることならば長く車に乗った上で売ることを想定した上で、普段からこまめにメンテナンスを欠かさないようにしましょう。直前で整備に出したとしてもその整備費用分を上回るほどの査定額アップに繋がることは稀なので、直前に査定額アップのためだけに整備に車を出すことはあまり良いとは言えません。アップしてもほんのわずかだと思っておきましょう。

100,000km超えでも高額で買い取ってもらえる車のポイント

10万km超えでも、10年落ちでも高額で買い取ってもらえる車のポイントとしては人気の車種、走行距離、フルモデルチェンジ前、車両の状態によって変わってきます。10年経つと走行距離もかなり長く、タイミングベルトなどの交換時期になってきます。しかしたとえタイミングベルトを交換してもそこまで査定額のアップは望めないので、売る直前に交換する必要はありません。買い取っても業者で、またその後中古車として買った人はメンテナンスが必要となるので敬遠されてしまうことは否めません。

今日本車は東南アジアやロシアで需要があります。古いので買い取られないだろうと思っていても、それなりの金額で買い取ってくれることもあります。海外では走行距離50万kmでも普通に走らせています。そのような業者の特徴の一つに海外への販路をもっているということがあります。日本の車は古くても世界的に見れば状態が良く性能が良いので海外での人気が高いのです。

その中でも東南アジアやロシアなどでは古い年式の車でも、使えるのでちゃんと取引されると言われています。(豆知識ですが近年海外輸出で人気なのはミャンマーだと言われているそうです)業者の中では海外への販路があることを売りにしているところもあるくらいです。中でも日本海側の港町ではそのような業者が多いと言われています。複数社から査定見積もりを出す時はそういう点についても注目しても良いかもしれません。

また具体的な車種を挙げると、トヨタのカローラ、ランドクルーザー、クラウン、ハイエース、日産のスカイラインGT-R、フェアレディZ、ホンダのNSX、などが海外でも中古車として人気があります。中でもやはりトヨタは丈夫なこともあり人気のようです。たとえ走行距離が長くても年式が高くても、高値で取引されることがあります。海外に売られると聞くととても手間がかかることのように思われます。輸送費や関税は確かにかかりますが、コンテナで大量に積まれて運ばれるので、ノウハウをしっかり持っている業者だと海外へ販売するということはとてつもない手間というわけではないのです。中には走行距離が100,000km以上だと車の税金が安くなるという国もあるので、走行距離が長い車であっても喜ばれる市場はあり、中には海外販売を売りにしている業者もいます。

参考:10万キロ超えの中古車を購入しても大丈夫?

結局走行距離と年式で重要なのはどっち?

年式が低く、走行距離が少ない車ほど査定価格は高くなる傾向にありますが、もし年式が高くて走行距離が少ない車と年式が新しく走行距離が多い車だとどっちの方が高く査定されるのでしょうか。前者は車のコンディションがよく動作不良がなければ良い査定価格を出してもらえる可能性はあります。しかし後者の方はもし多走行車か過走行車に該当してしまうと一気に下がってしまいます。極端な話ですが一年落ちでも過走行車だと思っていたより低い可能性が高いです。

結局年式、走行距離とどちらの方が重要なのか、というと車へどれだけ負担がかかったのかを考えると走行距離の方が重要ではありますが、大事なのは年式と走行距離のバランスです。年式が古いけど走行距離が極端に短いからいいと思いきや査定額が低いこともあります。(これは先程言った通り走らなさすぎても車は傷むことにあります)

走行距離もだいぶ走っている車は買取店か下取りかどちらがお得なのか

先程の10万kmを越えた過走行車は、下取りではかなり低い査定額になるか最悪の場合査定額すら出してもらえないこともあります。しかし下取りで値段がつかなかった車が買取業者は値段をきちんとつけてくれる場合があったり、その中でも過走行車の取引や海外への転売を積極的に行っている業者を選ぶのがおすすめです。年式に関しても一緒で古すぎるため価格がつかないことはなくても、下取りだと高い価格を望むのは厳しいです。

理由として業者にもよりますが買取業者は引き取った車の販売先にあまり制限がないことが挙げられます。日本に留まらず海外へ売る業者も多くあるので、多少の故障や修理歴があってもそれらを売る方法やノウハウがあるので売ることができるため、ある程度の値段で買い取ってくれる可能性があります。しかしディーラーは、基本的に下取りした車は基本的に国内で自社や系列店、で販売します。

(※しかし地元オーナー企業のディーラーは例外と言われています。彼らは経営財源をディーラー業に全て費やしておらず、色々な業種を展開していることが多く、その一つに海外輸出をしているのです。そのようなディーラーに運よく巡り合えたら良い下取り額を見込めますが、そのようなディーラーかどうか見極めなければならないので難しい手ではあります)

そのため修理歴がある車や事故車、カスタムカーは売りにくく、そもそも他のメーカーの車も売りにくい傾向があります。そのため車の状態で客観的な査定額は出にくく、下取り額は低めになります。この二つ以外にオークション業者という手もあります。彼らの中には海外への販売ルートを持っていることがあるので良い査定額を望める可能性もありますが、基本的には買取店とほぼ同じ額であり、売却に揃える書類が一般的に買取店に出すよりも多いので自分自身の手間が増えるのでおすすめはできません。車がその後に積極的に売る術を持っている業者であることと、正当な査定を望むのであれば買取店がおすすめです。

結局高く売るにはどうすればよいの?

中にははじめから期待せずに下取りに出してしまう人もいるかもしれません。しかし走行距離が長くても思っていたより高く買い取ってもらえる可能性はあります。特に年式の高い車だと買取業者の中でもかなり査定額が変わってきますので、諦めずまず買取専門店に査定の見積もりを出してみましょう。

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア