車屋が教える正しい中古車の買い方とは?具体的な流れを分かりやすく解説

中古車に対して皆さんはどんなイメージを持っていますか?今まで新車しか購入した事が無い方や、はじめて車を購入しようとしているが中古車って大丈夫なの等々、今回はそんな中古車について、どの様メリットがあってどの様に購入するのが賢いのかご説明します。

中古車を購入する方法

車をどこで買うか?どんな選択肢があるのか??車を購入する方法はいくつもあります。中古車の購入方法についてご紹介していきます。

ディーラー系列中古車販売店

メーカー系のディーラーがそのメーカーの中古車を中心に販売している店近所に店舗を構えている場合が多く、実車を確認、車検等が残っていれば実際に試乗して見る事も可能。

一般中古車販売店

メーカーを問わず多種多様な中古車を取り扱っている中古車販売専門店メーカー系と同様、近所に店舗を構えている場合が多く、実車を確認、車検等が残っていれば実際に試乗して見る事も可能。

買取店での中古車販売

買取店で買い取った車両をオークションに出さずその店舗でそのまま販売。

個人売買・オークションによる中古車売買

個人売買サイトやヤフオク等のオークションを利用して中古車を購入する。仲介業者のマージンが掛からない分うまくすれば市場価格より安く購入する事が出来るが、プロの査定士等が車の状態を判断している訳でもなく、購入後の不具合等の保証がない、場合によっては登録に伴う手続きを自分でしなければならない等、一般の人には少々リスクが大きい購入方法と言えます。

中古車検索サイトを通じて購入

グーネットやカーセンサー等の中古車検索サイトより車両を選び中古車を購入する。この方法は近所の中古車販売店には希望の車両がない場合や、中古車店に出向いてクルマ探しをする余裕がない場合でも、中古車検索サイトであれば24時間好きな時間に自分が探している車を見つけてすぐ問い合わせが出来ます。近所の店舗で探すよりもより選択肢が増え、場合によっては安い車を見つける事も出来ますが、遠方の店舗の場合、実車を確認出来なかったり、実際に購入した際に陸送費が5~10万円近くかかってしまいます。購入店でのアフターサービスを受けられない等のデメリットがあります。

中古車提案サービスを利用して購入

どの車種にしたいか、価格帯は、どの様な使用方法か、どの地域で購入しようとしているか等細かな要望を基に最適な車両候補を選び出して適切な提案をしてくれるサービスです。

中古車を購入する際の一般的な流れ

自分の希望をまとめる、購入の流れを把握する

予算は幾らか
車両本体の価格以外に税金、登録手数料等も掛かります、たとえば100万円の車両を購入しようとした場合は総額120万円程度の予算を計画する必要があります。

どのメーカーのどの車種、グレード、色が欲しいか
グレード、色等によってはすぐに見つからない場合もあります。

購入した場合に保管場所(駐車場・車庫)はあるか
気持ちだけが先行し、購入したとしても実際に保管場所が無かったり、今まで乗っていた車両よりサイズが大きい車にしたために、車庫に入らない等の問題が発生する事があります。事前に保管場所の検討もしましょう。

購入後車を維持していくうえで、メンテナンス(点検・整備)をお願いできる業者は近くにあるのか

近所の中古車店からの購入であればその後のアフターフォローも問題ないと思われますが、中古車検索サイトで遠方から購入したり個人売買で購入する場合は、購入した車両の点検・整備をお願いできるお店も検討しておく必要があります。

どこから購入するかを決める

上記で説明した項目が整理出来たら、自分が探している車両がどの程度市場に出回っているかを調べます。一般的に中古車選択サイトで車種・地域・色・グレード等を指定して検索すれば、お住まいの地域に希望の車種の有無を調べる事が出来ます。購入を急いでいない場合は日ごろから同系の車種を検索サイトで全国的に検索、閲覧していれば、相場、市場に出回っている台数などが分かってきて、価格の適正値がつかめてきます。

希望条件を購入先に伝える、実際に車両を探す

自分の希望、購入先が決まれば実際に希望の車両を探します。中古車販売店で探す場合は実際に店舗に行き車両を決め、実車の確認、可能であれば試乗をしてみます。検索サイトにて探す場合は希望車両を決め問い合わせをし、現車の有無、状態、支払総額を確認します。

価格交渉・契約

希望に合った車両であれば、見積もり回答に対する価格の交渉、補償内容の確認気になる点の対応の確認を行います。すべてが満足できた時点で契約書にサインします。不満足な点が残っているうちは契約してはいけません。

登録手続き

以上の事が決まりましたら車両の登録に関する書類の準備となります。個人売買ではなく中古車販売店で購入した場合はほとんどの手続きを販売店で行ってくれますが、実印準備、印鑑証明書の準備、駐車場を借りている場合は駐車場を管理している不動産会社の押印と署名等の準備が必要になります。

以上が購入から登録までの大まかな流れになります。

アルファロメオ 156を例にみてみると…?

中古車を購入する際の一般的な流れにつきまして、よりイメージが湧きやすいように、今回はイタリア車のアルファロメオ、車種は古くなりますが「156」を例にどの様な事を注意し、どこから購入したらよいか説明していきます。

このアルファロメ 156オが正規に販売されていた期間は1998年5月~2006年4月までの間です。エンジン種別は2.0Lツインスパーク、2.0LJTS、2.5LV6、3.2LV6が正規輸入として販売されています。この車種の購入の際のエンジンに関しての一番の注意点は、タイミングベルトとウォーターポンプになるかと思います。この部品の推奨交換時期は約5万kmとなっておりますが、きちんとメンテナンスをしてきている車両であれば点検簿に交換履歴があり、エンジンルーム内にも交換時の走行距離を記入したシールが貼ってあったりして明確なのですが、2オーナー、3オーナー等、複数所有歴がありディーラーで点検を受けていない車両などは、この様な部品の交換履歴が分からず、外装・内装ともに綺麗で、まだ走行距離が5万km弱だから問題ないと判断し購入しても、使い始めてすぐにタイミングベルトが切れてしまい、エンジンが壊れてしまうと言ったことが起こりかねません。

きちんとこの車の事をしっているお店であれば、このケースの様な場合は必ずタイミングベルトとウォーターポンプを交換する事を基本とした整備費用を説明して販売をしますので、販売の際にこの様な説明をしてくるお店かどうかに注意をしてください。この他にこの車種を購入する際に注意したいポイントを下記に列記していきたいと思います。

・セレスピード(セミオートマ)の作動状態と修理履歴
 オートマッチックが主流の日本の場合、このセレスピードを購入される方が多いと思われますが、セレスピードとはクラッチ操作を自動で行うギア機構で、この操作をする部品がセレスピードアクチュエーターと呼ばれます。この部品が劣化してくると、発進時にガクガクと振動しながら動いたり、走行中のシフトアップ時にギア抜けが起きたり、最悪の場合はどのギアにも入らず、動けなくなりますので、こちらの確認も試乗してみたり、記録簿を確認してみて異常の有無を調べてください。

・直噴エンジンJTSのトラブル
高圧縮が特徴の直噴エンジンのJTSの場合、アイドリング不良や、高回転の吹け上がりの悪さの確認、展示してある時点でのエンジンオイルの残量等を確認してください。

・塗装の劣化
ボンネットや屋根、トランクフード部分が一番早く塗装が劣化しはじめます。塗装の状態を確認して水ぶくれの様なぷつぷつがあれば、それは上面のクリア層の剥がれですので注意が必要です。全オーナーがガラスコーティングや車庫保管等で塗装を紫外線から保護して扱ってきている車両がお勧めです。

・ヘッドライトユニットの劣化
表面の曇りであれば磨き作業で綺麗に復旧できますが、内部からの樹脂の劣化の場合は最悪ユニットごと交換となり高額な出費となりますので、ヘッドライトの状態も確認しましょう。

・内装のベタツキ
お約束的な項目になりますが、プラスチック表面の樹脂が溶けてベタベタになってしまいます。簡単な拭き掃除ではとれませんので、購入前に販売店で綺麗にしてもらえるか確認しましょう。

・メーターパネル液晶の不点
メーターの液晶表示が暗かったり、文字欠け等がないか確認しましょう。

以上、おおまかな注意点を説明してきましたが、結論としては整備工場を併設していて自社で点検整備をするアルファロメオに対してノウハウのあるお店をお勧めします。いずれにしても、本当にこの車種を理解しているお店であれば、単純に「安いですよ」とか「綺麗ですよ」と言った説明のみで売る事はしません。きちんと車種ごとの注意点をお客さんに説明してくるお店を選びましょう。

契約から納車までに要する時間

契約後納車までには先に説明したように名義変更、車庫証明手続き等に要する時間および購入した車の納車前の点検・整備等の時間が必要になってきます。これらの作業に要する時間はおおよそ1週間~2週間と考えておきましょう。

賢く中古車を購入するためには

大体の中古車購入までの流れをつかめたところで、賢い中古車購入のノウハウを説明していきます。

中古車購入にお得な時期

では1年のうちで中古車が安くなる時期はあるのでしょうか。あるんです!簡単に種明かしをしますと一般の人が買わない時期が安くなる時期です。では、その時期は何時?

4月、5月
年度始めに向けて車の購入が一段落する4月、4月末~5月始めのゴールデンウィークでの行楽シーズンでの車の需要が過ぎた5月

ボーナス前の6月初旬

自動車販売業界も長い休みをとるお盆時期、8月

以上の時期がお得に車を購入出来る時期と言えます。また、各販売会社の決算期などは販売台数を伸ばすために普段より値引き枠が多くなる場合もありますので、事前に調べていてその時期に購入するのもよいでしょう。

トラブルを避ける為の契約前のチェック項目

では望みの車両も決定し契約となる前に、一度冷静になってチェックすべき項目を説明していきます。

見積もり明細項目の確認

見積もりに明記されている項目に自分の要望がすべて満たされているか、不必要な項目の明細が無いか、明細をよく見てみると「車庫証明手続きはお客様にて」などや、頼んでもいないのに「コーティング費用として5万円」等、こちらの要求していない項目がないかを細かく確認してください。簡単に10万円位の差が出る場合がありますので要注意です。

車両受け渡しまでの代車の貸与

中古車販売店やディーラー系の中古車店で、車両を購入する場合は納車までの間代車を貸与してくれるのが一般的です。先にも説明しましたが、契約から納車までには1週間~2週間の時間を要します、仮に通勤等で車両が必要な場合に代車が無く、その間をレンタカーで過ごせば簡単に5~6万円の費用が掛かってしまいますので事前にその辺りの話し合いも済ませておきましょう。

車両の状態確認

事故歴無し等の扱いの車でも、小傷や小さなヘコミがあったりします。その状態で店頭に並んでいる場合は、基本的にその傷はそのままの状態で引き渡されますので契約前に気になるキズ等は修繕依頼をして綺麗な状態で納車してもらいましょう。

車両の機関不良の確認

試乗等で気になった異音、振動等は履歴として契約書に残し、確実に修理してもらいましょう。中にはその部分を修理して、納車するには別途数十万円の修理費がかかるという場合もありますので、納車時に点検整備して貰える項目は何かを明確にし書面として残してもらいましょう。

買い時・オススメの中古車

探している車両がモデルチェンジ直後などのときは、買い替え需要が大きくなるため中古車になる車両が増え価格相場が下がりますので狙い目と言えます。また車種にこだわりが無い場合は不人気車を選ぶことで状態もよく、価格も低い車両を見つけられるケースがあります。また色などにもこだわりが無ければ不人気色は同一車両でも安く購入できるケースがありますので、中古車検索サイト等で色による価格の違いを調べてみるのもよいでしょう。

良質な中古車を賢く買うならディーラーの試乗車上りがお勧め

最新のモデルでかつ走行距離の短い車を安く買いたいなら、なかなか出回りませんがディーラーが試乗車として使っている車の入れ替え時に中古車として出回る車がお勧めです。新車購入のお客様向けに用意している車両の為、常に綺麗にしてあり、セールスマンも同乗して試乗はしますので手荒に使われるケースもほぼない車両が新車よりも大幅に安く購入できます。また、試乗車の場合は装備が充実した最高級グレードでオプションも多数付属されている傾向がありかなりお得といえるでしょう。

また、価格が安く年式が新し目の車両という意味ではレンタアップと言ってレンタカーとして使用されていた車が中古車になって出回る車両もあります。レンタカーの場合も装備が充実している傾向にあります。注意点としてはレンタカーとして使われていた車両の為、走行距離が多かったり、不特定多数の人に手荒に使われているケースが多いので、年式の割にはヤレている車両が多いと言えます。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか、中古車に対するイメージは変わりましたか?車の購入方法も整理できたと思います。新車ではムリとあきらめていた車種でも中古車を選ぶことによって憧れだった車種を所有する事が出来たり、大幅にお金を節約する事が出来たり色々なメリットがある事がご理解いただけたでしょうか。

それと同時に知らないと思わぬ損をしたり、失敗してしまうリスクもあるのが中古車とも言えます。今回説明させていただいた項目をもとに、本当に望んでいる車両を理想的な値段で購入し素晴らしいカーライフを送っていただければ幸いです。

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 高く売りたいなら一括査定サイトより専門店
  • 高く売りたいならディーラー下取りより専門店
  • 二重査定一切なし(中間マージンがありません)。
大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 30秒で簡単査定依頼、外車王ならしつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速にお伺い!外車専門店だからこそできる査定金額を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることがあります。 まずはお気軽に無料査定を。
お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
カンタン30秒!
無料査定を依頼する