1990年代、2000年代に活躍したクルマたちの動画。最近、見掛けなくなったクルマの集まる場所とは…。

今週末、ディーラーで新車で手に入れたクルマがあるとします。納車前に美しく仕上げられたボディ。最新のカーナビが装着され、おろし立ての匂いがする車内。納車前の夜はわくわくして寝られないかもしれませんね。

そんな風に納車されたクルマたちも、初回車検を迎え、2回、3回と繰り返し、その後に代替、次のオーナー、その次のオーナーへと引き継がれ…。やがて静かにその役目を終えます。こうしてジャンクヤードに一昔前のクルマたちが集まってきます。

ジャンクヤードに集まる一昔前のクルマたち

Drag-spec Junkyard: R33 GT-R Skylines, Silvias & FairladyZ

オークションで高値がついて、美術品のように扱われるクルマはごく一握り。分かってはいますが、大半のクルマたちはこうなってしまうのです。仕方がないといえばそれまでですが…。

以下動画内の、ジャンクヤードに置かれている日本車たちの年式も、心なしか新しいような印象を持ちますし、見覚えのあるクルマもあるのではないかと思われます。

Japanese Junkyard: Where Nice Cars Go to Die

Tour of a Junkyard in Japan

Japan junkyard. japanese scrap cars. skyline r32 r33 r34 GTR

ジャンクヤードには破損したスカイラインGT−R(R33)も…。なかにはまだまだ使えそうなクルマもあるように思います。これらのクルマたちは、海外などで第二の人生を送ることになる個体もあるのでしょうか?

Junk Yard car Finds trip 2.0 Pick n Pull Pick a Part – GoPro

Japanese Junkyard | Where JDM Legends Go to Die

Junkyard in Japan

こちらは海外。なかには日本車もあり、ブルーのユーノスロードスターが映っている映像もあります。遠い異国の地でその役目を終えたクルマたち。できるものなら救出したくなりますね…。

Junk Yard car Finds trip 2.0 Pick n Pull Pick a Part – GoPro

Why Your Local Junkyard Is a Treasure Trove Of Cool Cars

Engine Biter and Car Crusher in Junkyard

Car Crushing and Shredding – CARnage 06

一昔前に見かけたクルマたちの終着点をお届けいたしましたが、映像で見られるクルマたちも、ちょうどその時期を迎えたクルマが多いように思います。

(※一般財団法人 自動車検査登録情報協会の統計によると、普通乗用車の平均使用年数は12.53年(平成27年(2015年)現在)というデータがあります)

モノなんだから仕方ない。解体されて、また新たなクルマのパーツとなって甦るはずだし…。そんな考えもあると思います。かたや、海外のオークション会場において10数億円で取引されるようなクルマもあります。ここまで価値がついてしまうと、もはや路上で走ることも憚れそうです。

自宅の敷地にサーキットを建設できるくらい、とてつもない大金持ちなら、攻めるまではいかなくとも、エンジンをぶん回して走らせることはできそうです。

クルマ=工業製品として世に送り出された以上、オーナーやその家族などの一員として(つまり道具として)扱われるのがよいか、はたまたガレージの奥深くにしまい込まれ、スリーピングビューティとなってしまうのか…。どちらがクルマにとって幸せな生涯なのでしょうね。これらの映像を観ていると、ちょっと考え込んでしまいそうです。

[ライター/外車王編集部 画像/youtube]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?
  • 高く売りたいなら一括査定サイトより専門店
  • 高く売りたいならディーラー下取りより専門店
  • 二重査定一切なし(中間マージンがありません)。
大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 30秒で簡単査定依頼、外車王ならしつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速にお伺い!外車専門店だからこそできる査定金額を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることがあります。 まずはお気軽に無料査定を。
お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。
カンタン30秒!
無料査定を依頼する