シルエットクイズ第2弾!正解は”1992年式 ポルシェ 911カレラRS(964)”でした♪

2回目の開催となるシルエットクイズ、みなさまお楽しみいただけましたでしょうか?正解は”1992年式 ポルシェ 911カレラRS(964)”でした!初代カレラRSモデルはいわゆる”73カレラ”と呼ばれるレースエンジン搭載のほぼレーシングカーであることは、みなさまご存知の通りかとおもいます。2代目として登場した911カレラRS(964)は、初代のようにハードコアなモデルではなく※レーシングパッケージを除く、ストリートでの快適性も残した”絶妙な塩梅”のカレラRSモデルとして、現在でもコアなファンを魅了する名車の1つといって過言ではないでしょう。それでは、ポルシェ 911カレラRS(964)をご紹介させていただきます^^

ポルシェ 911カレラRS(964)のディティールに迫る!!


まず目に入ってくるのは、この鮮やかなピンク色のボディでしょう。正式名称”ルビーストーンレッド”という名前の通り、ルビーのように赤く美しく輝くのが綺麗ですね。特に空冷ポルシェでは、鮮やかなボディ色が非常に人気が高く、まるでバケツ色のような”マリタイムブルー”や、信号の緑をイメージした”シグナルグリーン”などのお色も同様に人気が高い傾向です。一般的にこのような鮮やかな色ですと下品になりがちですが、さらっと着こなしてしまうのも911ならでは^^


一見すると通常のカレラ2と大差ないように見えますが、実は主に軽量化のために各部の素材が変わっているのがカレラRSモデルの特徴です。外見でわかりやすいのは、車高が40mm下げられていることと、センターレスのリアバンパーくらいで、その見分けに一目で気づくのはなかなか難しいですね。諸説ありますが生産台数は僅か2400台程度とされており、サーキットなどで使用されたモデルも多いことから、状態のいいモデルは大変高額な相場で取引されています。


もう1つ外見で大きく違うのが”カップホイール”と呼ばれる、マグネシウム製17インチホイールです。非常に見難いですが、本物のカップホイールには3箇所刻印が、打刻されており、その1つに”Magnesium”と打刻されているのが本物です。※ホイール写真の左下の打刻です。いわゆるカップタイプのホイールを含めて、換装するチューニングも964の定番チューンといえるでしょう。


リアシートは撤去され2名乗車の仕様となっております。964RSには大きくベーシックバージョン、ツーリングバージョンが存在し、こちらはベーシックモデルとなります。パワステレス、エアコンレスで徹底的にドライビングを楽しむためだけに仕上げられています。※日本仕様では、オーダーの段階でエアコンすら装備できなかったそうです。ちなみに、ツーリングバージョンには、快適装備のオーディオなどが装備されており、OPでシートヒーターやCDチェンジャーまで選べました。ただしツーリングバージョンは約80台程度のみ生産された激レアモデルであり、市場に出回るチャンスは本当に少ない激レアモデルでしょう。


ドアハンドルは軽量化のため紐に、パワーウインドウも手動化、さらにはサイドウィンドウも薄厚化され、カレラ2比較でほぼ半分の厚さへ変更(4.7mm→3.0mm)され、軽量化に貢献しています。各部の軽量化の成果として、車重は1320kg(カレラ2)から-70kgを実現、カレラRSでは1250kgまでシェイプアップされています。ちなみに、ロールゲージ装着のモデルでは20kg程度車重が増えるそうです。※レーシングパッケージモデルを除く


搭載されるエンジンはカレラ2比較:”10PS”アップの”260PS”を発生します。たかが”10PS”の差に思いますが、いわゆる”当たり”のエンジン(※ピストン&シリンダーの公差が少なく、エンジンがスムースに回転する)とコンピューターチューンが施されています。さらにRS用の軽量フライホイールが装着されてており、レスポンスが良い非常に気持のよいエンジンに仕上がっています。


シートはレカロ製のフルバケットシートへと変更、さらにはポルシェ959をオマージュしたとされる特別なシートも964RSならではの装備です。スパルタンさだけではなく、遊び心を忘れないところがポルシェならではの憎い演出です。実際にサーキットでのホールド製も問題なく、実用性とホールド性能を両立しています。加えてステアリングは、軽量化されたRS専用の4本スポークステアリングとなっているのもポイントです。


後ろ姿も、ポルシェ911らしい丸みを帯びた美しいフォルムです。その後、993以降のモデルでは性能を追求するためのエアロパーツが多数装備されることとなり、通常のモデルとは大きく違うスパルタンなルックスへと変貌しています。もちろん空力性能を追求するうえで仕方の無いことではありますが、この変わらない佇まいこそ、もしかすると964RS最大の魅力かもしれません。

ポルシェ 911カレラRS(964)について最後に

高価格帯のハイパフォーマンスカー、古いお車、流通量の少ない特殊なモデルなど、外車買取専門店の精通した知識がないと、その価値は分かってもらえません。大切にしてくれる次のオーナーへの橋渡し役としてご提案させていただきます。

ご売却をお考えのオーナー様は、ぜひ外車王までお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
・外車王フリーダイヤル:0120-1960-35
・査定依頼フォーム:https://www.gaisha-oh.com/general/

[ライター/外車王編集部]

twitterシェア facebookシェア