ディーラー下取りは損?3つのメリットデメリット

親族に譲る、知人に譲る、どこかに保管しておくなどなど…。何も考えずに廃車にしてしまうこともかつては多かったと聞きますが、今では多くの人がディーラー下取りに出しているといわれます。次の車を買う際、少しでも予算の足しにできるといったことがディーラー下取りのメリットであると思いますが、下取りに出す以外にも中古車売却にはいくつか選択肢がありますよね。

自動車の乗り換え、買い替えを検討されている方には、「今乗っている車の調子があまり良くない」「まだ新しいけど次の車にしたい」など、さまざまな背景があるかと思います。また、「乗り換えは決めたけど、今の車どうしよう…」といったことも考える方が多数だと思います。

結論、ディーラー下取りに出すよりも専門店に買取依頼をだした方が金銭的にはお得です。

ただ、「メーカーの看板があるから安心」「次の車が安く買える」「引き取りから次の車の納車まで間が空かない(車が手元にずっとある)」といった一般的に享受できるメリットや、「買取専門の業者より下取り額が安い」「年中下取り強化キャンペーンやってて信用できない」「査定額の基準がわからず不信感がある」などの決してよい面だけではないということも含め、それぞれみなさんが抱くイメージはいくつかあると思います。

本記事では上記のようなメリットデメリットを整理して、車を売却する選択肢のひとつ「ディーラー下取り」について、詳しく解説していきます。

ディーラー下取りにだす理由と3つのメリット

ディーラー下取りは、いうなれば今までの車や次の車を通したディーラーとの付き合いのひとつといえます。お付き合いなどというとすこし大げさかもしれません。しかし、自動車というものは決して安い買い物ではなく、とても高価なものです。それを取引するとなると、日用雑貨を買うように気軽にというわけにはいきません。当然、買う側だけでなく売る側も慎重になり、より相手に合った自動車を提案しようと多少なりともお客さんの私情を気に掛ける必要が出てきます。つまり、お付き合いをする必要が出てくるといえます。

では、そのようなディーラーでの下取りはというと、一般的に高い価格での買取に特徴のある買取専門店などとは異なり、多少低い価格での買取になります。お店にある在庫車や地域などさまざまな要素にもよりますが、一般的に買取専門店の方が高い価格での買取になります。

このように低い価格での下取りになるにもかかわらず、一定数の方がディーラー下取りを選択するには理由があります。以下にいくつかまとめてみました。

下取り価格を交渉したり値引きのネタにできる

すでに自動車を購入したことがあり付き合いがあるディーラーなどであれば、次の車の乗り換えやオプションの追加などをだして下取り額アップに向けた交渉を行うことが出来ます。ただ一方的に「下取り額を上げてほしい」と、こちら側が要求をするだけでなく、ディーラー側にもメリットのある交換条件のように提示できるので、とても建設的に話を進めることが出来ます。

また下取り額という切り口ではなく、次の車の値引きを切り口に交渉を開始することもできます。交渉の切り口がいくつもあるという点が、ディーラー下取りにおけるメリットでしょう。

なんとなく信用度が高い

基本的に自動車メーカーの看板を背負って営業しているため、お店側のさまざまな対応に信用が置けるというメリットがあります。昨今のコンプライアンス意識の高まりにあわせ、無茶な営業や違法な整備などは激減していることはすでに知られていることです。また、一部のディーラーではメーカーと直接資本関係があるところもあり、倒産や夜逃げのリスクが極小化されていることもメリットでしょう。たとえば、下取りも含めて新車を買う手続きをしていたものの、途中で倒産し自分の車が差し押さえられたりといったことが起りづらくなっています。著名なメーカーだから、という理由で車を決めている層が存在することもうなずけます。

アフターフォローも充実している?

すこし抽象的な表現ですが、面倒見がいいということもメリットでしょう。どういうことかといえば、今乗っている車を下取りに出すということは、つまりそのディーラーで新しい車も買うということになります。ディーラーとしては、そうやって車を買ってくれたお客さんを大事にして次の車も買ってもらう、いわゆる囲い込み戦略をとるところが増えてきているのです。たとえば、車を下取りに出してから納車までの間、確実に代車の貸し出しサービスが受けられたり、下取り車を納車日まで乗ることが可能だったりなどがあげられます。これは下取りに限らず、次の車を買った後のアフターフォローでも言えることです。すべてをワンストップで提供できるディーラーならではのメリットとも言えるでしょう。

ディーラー下取りの大きな3つのデメリットと注意点とは?

ディーラー下取りの悪いところ、デメリットとはどういったものなのでしょうか。一般的に言われるところとしては、やはり買取専門店と比べて査定額が低いといったところでしょう。また、担当営業マンや店舗の経営次第で下取り価格が変わってくるという点も挙げられます。車のディーラー下取りは決して小さい額ではない取引なので、できることなら少しでもデメリットを排した状態で安心して取引したいと考える方は多い事と思います。以下、代表的なデメリットをまとめてみました。

下取り査定額・買取額が低い…

買取専門の業者と比べた場合、下取り額が低くなりがちになるといわれています。一説には、約一割〜二割ほど差が出るという話もあるので、無視することが出来ないデメリットといえるでしょう。ただし、低いことにはちゃんとした理由がいくつかあります。たとえば、納車前後の細々したフォローに人手を割くため人件費がかかるという点。

また、これはディーラーにもよるとは思いますが、次の車の納車日まで下取りに出す予定の車を乗ることになったとします。その場合、納車までにボディにすこし擦り傷をつくってしまったとか、すこしだけ凹ませてしまったといったときでも、査定額が下げられることはありません。当然、廃車寸前になるような事故などは例外ですが、下取り額がこれ以上下がらないという保証と引き換えに査定額が低くなりがちになっているともいえるのです。

下取り強化キャンペーンなどの期待外れ感

当たり前ですが、ディーラーは車を下取りすること以上に新車を多く売りたいと当然のように考えています。新車のプロモーションや値引きキャンペーンで新規のお客さんを呼び込むことに注力していますが、同時にこれまで車を買ってくれてお客さんをリピーターにしようということも考えています。

では、すでに車を買ってくれたお客さんをどのようにひきつけておくかといえば、たとえば手厚いアフターフォローやこまめな状況確認などがあります。そして、そうやってひきつけておいた既存のお客さんが乗り換えを考え始める時期に、また車を買ってもらうための施策のひとつとして、下取り強化キャンペーンなどを実施するディーラーは少なくありません。

ここでディーラーにとっての課題は、多くのお客さんの乗り換え時期はそれぞれバラバラであり、下取りキャンペーンをある時期に集中して実施することは、理にかなわないという点です。より多くのお客さんをリピーターにしたいと考えた場合、理想としては一年中下取りキャンペーンを実施することです。

しかし、同じようなキャンペーンばかりだとお客さんお興味を惹き続けることが出来ない…。そこで、打ち出し方を工夫し、一年中違うキャンペーンをやっているかのように見せることでリピーター化を図っているのです。ただしよくよく見ると、キャンペーン内容はいつもと同じ下取り強化キャンペーンでもあります。つまり、キャンペーン中の価格が通常の査定価格になってしまっているともいえるのです。ここで、お客さんはある種の期待外れ感を抱くということが起こってしまいます。

本当の下取り額がわかりづらい

これは下取りから納車、アフターフォローまでワンストップで請け負えるディーラーだからこそのデメリットともいえるものです。たとえば、ディーラー下取りするということは、そのまま新車を買うことまでがセットになっています。つまり、見積書・請求書はすべてを含んだ一枚のもので、お客さんに提示されることが多いのが実情です。

そして、値引き交渉はこの一枚の紙をもとに行われることが一般的です。「このオプションをつけるなら新車価格の値引きをしたいが、もろもろ考慮すると下取り価格をあげたほうがいいなぁ…。」などということをディーラーの営業マンは常に考えています。このような交渉のなかで、下取り額はより不明確なものになっていくともいえます。

下取り額に結構なばらつきがでます

ディーラー下取りに出す車の状態によって当然査定額は変わってくるのですが、他に担当営業マンの営業成績によっても下取り額に差が出ることがあるようです。これはどういうことかというと、成績の芳しくない営業マンが「下取り額を上げることでお客さんをひきつけ、新車販売につなげたい」と考えることがもとで起こることのようです。

どのような担当営業マンが付くかは運次第ともいえます。また成績のよい営業マンはアフターフォローも抜かりなくできるから売れているともいわれるため、査定額以上に今後のカーライフを左右する要素でもあります。

ディーラー下取りの失敗体験談

ディーラー下取りに出したあとに後悔してしまわないよう、さまざまなユーザーの失敗談をここでご紹介します。

下取り0円と言われてそのままディーラーに車を渡したが…

その後最低〇万円で買取しますと書いてある店舗を見つけて後悔したり、下取り価格が付かないのでディーラーの店の中で使用したいので譲って下さい、と言われたのでそのまま譲ったがあとで買取専門店に確認すると、十万円の査定額が出たことが分かり事前に確認すれば良かったというケースもききます。

まず下取りに出す車の客観的な査定価格をあらかじめ把握しておくことが大切です。なんとなく自分で判断するのではなく、最近はインターネットなどで簡単に買取相場や下取り相場を知ることが可能になっています。上記にもある通り一か所だけに査定してもらって後悔される人は多いので注意が必要です。

理想はできるだけ多くの査定業者やディーラー下取りを比較し、相場を把握しておくことです。しかし忙しかったり面倒くさくてできない方もいると思うのでせめてインターネットなどであらかじめ査定価格がどんなものか知って行くだけでも、「こんな低く買い取られるとは…」というトラブルは防げるはずです。

中には業者側から「愛車の適正相場はおいくらですか?」と聞いてくることもあるという話もありました。その時に答えられなければ担当者は、このお客さんはあまり詳しくないな…と感じ低い値段で買い取られるなんてことも…。少し大げさかもしれませんが、あらゆる業者が存在しますので、相場だけでなく信頼できる会社かどうかも気にしておくと尚よいでしょう。

高かったオーディオとアルミホイールを付けたまま査定に出したが…

その分高く買い取ってもらえると思ったが逆にマイナスにされてしまった。余計なオプションはなく純正の状態の方が値打ちがあるとのこと。

ディーラーからはこのように後付けでのオプション(オーディオ、アルミホイールポータブルナビ、カーコンポ、マフラー等)がある状態を嫌う傾向にあります。そのようなオプションがない状態を純正と言い、ディーラーは純正を好みます。しかし買取店ではそのオプションの中でもきちんとしたJASMAなどの認定品や車と同じメーカーのものだと査定にはそんなに影響がなく、むしろ高く買い取ってもらえることもあるので自分がどのようなオプション、認定品なのかをチェックしておくと良いです。そのような後付けのパーツなどは、別に中古のパーツ屋さんがあるので取り外してそこで売った方が総合的に高く買い取ってもらえることもあります。

しかし注意しなければならないのは、これらのオプションを取り外そうとして車を傷付けたり、上記と逆の話にはなりますが後付けした社外部品を外すこと(純正戻し)を嫌うディーラーもいます。純正戻しを知られたことによりディーラー下取りの価格が0になったという話もあります。そこの見極めは難しいところなのでディーラーに直接聞くか、周りの友人知人の体験なども参考にすると良さそうです。

査定前に愛車に傷があったので自分で直そうとしてみたが…

市販のスプレーを使ってなおすと、逆目立ってしまって査定で指摘されてしまうこともあります。

査定に出す車の傷やへこみなどが気になる気持ちは分かりますが、ご自身がプロでもない限り自分でなおすのはやめた方がよいです。ディーラーは見抜く目を持っていますし、すぐにばれます。それなら業者に出して直してから査定してもらおうという方もいるかもしれませんが、それもオススメしません。直してもらったにせよ修理歴で過去に傷があったことはディーラーは把握するので査定額にそこまで差が出ないのと、傷がついたまま買い取られたら基本的にディーラーが修理するのでご自身で修理に出すと修理費がかかってしまい損をしてしまいます。

しかし車を綺麗にしておくことは大事です。ディーラーといえども人間、まず綺麗な状態だと印象は良くなります。また車を大切に使っていたのだということが伝わります。洗車をし、エンジンルームも綺麗に掃除しておくとなおよいです。中には、元ディーラーの話で洗車されていなかった状態で下取りに出して来たら約1~3万円買取額を下げていたという話もあります。

ディーラー下取りと買取専門店、どちらに向いているのかの判断基準

買取専門店のほうが向いている人

さきほども挙げましたが、ディーラー下取りでの価格は一般的には低めの査定額です。ただし、低いということにはそれなりに理由もあるので、一概に悪い事とも言い切れません。買取金額にこだわってお店を選ぶことなら間違いなく買取専門店でしょう。

やはり買取金額の点で見ていくと、一般的には買取専門店での買取に分があります。ディーラーとは異なり、買取額と買取可能車種の幅広さに力を入れ差別化を図っていることが理由だといわれています。ディーラーでは査定ができない希少な車も買取可能なお店が多いようで、マニアのような人たちからも人気が高いようです。

ディーラー下取りのほうが向いている人

長い目で見て得られる利益を考慮することもひとつだといえますが、附帯するサービスに価値を見出せる人であれば、ディーラー下取りに向いています。単純な下取り額だけではなく、値引き額やアフターサービスなども考えるとディーラー下取りのメリットは高いはずです。

ディーラーでの値引き額と、買取専門店での買取額を単純に比べるだけではなく、次の車のことも考えたうえで判断するとよいでしょう。

ディーラー下取りされた車のその後

今まで乗ってきた愛車がその後どうなるか、詳しくご存知の方は多くないのではないでしょうか。よほど素性の良くない業者でもなければ、山中に無残に不法投棄されているなどと言ったこともありません。では、ディーラー下取りされた車はどこにいくのでしょうか。

中古車として市場に流れていく

車の状態が著しく悪くなければ、多くは中古車として市場に流れていきます。そのディーラーで直接売りに出されることもありますが、大半はオートオークションに流れていきます。そして、全国の中古車屋に引き取られ、新しいオーナーのもとに向かうのです。一部はそのまま海外に輸出されるものもあるようで、とくに発展途上国で使用されます。一時期インターネットで話題になった、途上国に輸出された日本の幼稚園バスの写真を見たことある方もいるかと思います。

車の状態が悪い場合は、そのまま解体され板金部品として売られることもあるようです。また、同一車種を治すための部品取り車として売られていくこともあります。

ディーラー界隈で噂の「横流し」、その理由とは

「横流し」という言葉、どこかで聴いたことがある方もいると思います。なにやら微妙ないいまわしですが、その言葉通りディーラーではない別の業者に売りに出されるといったようなことを指す言葉です。近年のコンプライアンス意識の高いディーラーではほとんど行われておらず、ごく一部の営業マンによって行われているという噂です。

そもそも横流しは、ディーラーでの下取り額に不満のあるお客さんに他の業者に紹介することです。買取額が比較的高めな買取専門店や、営業マン個人で付き合いのある地場の車屋などを紹介されたりするようです。

顧客の満足度を上げる(≒ディーラーへの不満をなくす)と同時に、他の業者に仕事を斡旋し、あわせてお客さんは車を高く下取りに出すことができるので、皆がハッピーになれたかのように見えます。しかしここで気を付けなければいけない点は、斡旋された先の業者がきちんとした対応をしてくれるかは未知数だという点です。引き取られた車がもしかしたらどこかに不法投棄されるかもしれませんし、代金を受け取る前に倒産するかもしれません。多くのディーラーでは、お店だけでなくお客さんが被害を被る可能性のあるこのような行為を明確に禁止しているでしょう。

ディーラー下取りが難しい車はあるの?

外装品や機関などに改造を加えている車や、海外メーカー製の車、壊れる寸前で廃車を決めている車、また車検が切れている車を下取りに出し、ひきっとてもらうことは可能なのか、すこし気になるところでしょう。最近では改造車に対する法規制が緩和されたり、外車の品質が向上したりしていることもあり、査定不可・引き取りも不可といったことは以前に比べて少なくなってきているようではあります。しかし、廃車間近の車や検切れで公道を走れない車についてはディーラーよって対応が少し変わることがあるようです。

ディーラーで改造車は下取りできるのか

道路車両運送法などの規定に合致していれば基本的に下取り可能です。当然、規定から外れる装備を付けている場合は不可となります。どちらともいえないきわどい状態の車に関しては、ディーラーの方針や担当者にもよりますが、下取りしてくれるところもあります。ただし、お店としてはリスクがありあまり歓迎されません。

国産メーカーのディーラーで外車は下取りできるのか

下取り可能で、他の車に比べてディーラーから歓迎されてもいます。下取り額を高めに設定し、乗り換えを促しているディーラーもあるようです。外車からの乗り換えに成功した担当営業マンに報奨金を出しているディーラーもあります。

廃車する車はディーラーで下取りできるの?

基本的には可能といえます。壊れる寸前の車でも、ディーラーはすこしですが値を付けてくれるようです。その後、ディーラーや担当者の判断で、修理の上、中古車として販売することもあります。また、修理せずにそのまま部品取り者として業者へ売りに出すこともあります。その他、解体し板金部品としてパーツごとに売りに出したりもするようです。車種によっては部品にして売り払う方が利益が高いという事情もあり、解体される車が多いようです。

ディーラーでも車検切れの車は下取りできるのか

基本的には可能なようです。ただし、自宅からお店までの運搬などのコストがかかるため、場合によってはあまりオススメできません。ご自身でリサーチの上、専門の解体業者に依頼したほうがよい場合もあるようです。それぞれご自身の車の状態を確認し、適切な方法を選んでください。

まとめ

買取専門店の買取額の高さか、ディーラーでの手厚いフォローか、どちらに魅力を感じるかによって選択肢は異なってくると思います。自分で調べて手配できるという方は、買取専門店への査定依頼がよいでしょう。また高価買取を希望される場合も、買取専門店に分があります。

逆に手厚いフォローが欲しいという方は、ディーラーへお願いするのがよいといえます。目先の買取額だけでなく、アフターフォローの価値など総合的に判断した上で、適切な方法を選びましょう。

[ライター/外車王編集部]

買取相場より10万~200万円以上高く売却できる!?

大手買取専門店や一括査定サイトでは高額査定がつかない輸入車を得意としております。 外車王なら輸入車に特化した専門店が1社のみで対応するため、しつこい営業電話は一切ありません。 日本全国へ迅速に伺い、外車専門店だからこそできる高額査定を提示します。ディーラー下取りに比べると10万~200万円の査定額の差がでることも。 まずはお気軽に無料査定をご依頼ください。

お急ぎの場合はお気軽に0120-1960-35までお電話ください。 cta
twitterシェア facebookシェア